宇都宮のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

宇都宮×ソープ店舗一覧

エリア検索
宇都宮
ジャンル検索
指定なし

70分10,000円

10:00〜24:00

宇都宮

高級ソープ

宇都宮エリアの高級ソープランド『男爵』です。当店は、本物の贅沢を堪能したいお客様をお迎えする高級店。最高級の空間で可憐な女性と過ごす、決して忘れられないひと時をご提供いたします。いつまでも心の中に残り続ける贅沢で特別な時間を、ぜひともお楽しみください。

60分5,000円

8:30〜24:00

宇都宮

大衆ソープ

MIKADO 性格美人との濃厚なサービスと癒しの空間をお約束します!! 当店をご覧頂き有難うございます。当店のコンセプトは素人・ギャル・ロリ・お姉・人妻・淫乱・AV系など様々な系統の女の子は勿論ですがなによりも、性格美人の女の子ばかり!

60分22,000円

8:00〜24:00

宇都宮

大衆ソープ

栃木県の餃子の町、宇都宮初の素人系イメージSOAP彼女感。 通常の風俗やソープランド・デリヘルとは違い、素人の女の子達が貴方との理想のカップルを演出!ソープであってソープでない風俗であって風俗でない素敵なお時間をご提供します。

MONTE(モンテ)

60分/入浴料5,000円+サービス料〜

9:00〜24:00

宇都宮

VIP

70分/入浴料6,000円+サービス料~

10:00~24:00

宇都宮

貴賓館

50分/入浴料4,000円+サービス料〜

10:00〜24:00

宇都宮

石亭(SEKITEI )

50分/入浴料4000円+サービス料〜

12:00〜24:00

宇都宮

バニーコレクション

45分/入浴料4,000円+サービス料~

7:00~23:59

宇都宮

TALENT(タレント)

50分/入浴料5,000円+サービス料〜

9:00〜ラスト(受付8:30~)

宇都宮

ロイヤルヴィトン(宇都宮)

60分/入浴料4,000円+サービス料〜

9:00〜24:00

宇都宮

宇都宮ソープランド事情

「宇都宮」は、北関東最大の都市と言われており、多くの人が集まってくる都市です。もちろん、人が集まってくるところに風俗あり!というわけで、宇都宮風俗は活気に満ち溢れています。なかでも「宇都宮ソープ」は、安くて・若い女の子が多くて・サービスの質が高い、ことで有名です。

宇都宮ソープエリア(風俗街)の特徴

「宇都宮」は、北関東(栃木県・群馬県・茨城県の総称)最大の都市です。「宇都宮」は北関東エリアの中で唯一人口が50万人以上の都市であり、2位に位置する群馬県高崎市の人口と大きく差をつけていることから、北関東最大と表現されます。宇都宮の繁華街の中心は、「オリオン通り」と呼ばれるアーケード街が中心となります。「オリオン通り」は、東武宇都宮駅からJR宇都宮駅方面へと向かうアーケード街でたくさんのお店が並んでいます。宇都宮の風俗街はと言えば、JR宇都宮駅の東エリアにはキャバクラやクラブがあり、さらに東奥に行くとアジアン系の飲食店や風俗店があります。JR宇都宮駅から少し離れた南エリアには、ラブホテルが立ち並んでいるので、デリヘル・ホテヘルなどの派遣型風俗店が多いです。そして、「宇都宮」のソープ街は「東武宇都宮駅」が最寄駅となり、「オリオン通り」の裏に位置します。「宇都宮」のソープ街は、規模としては小さく30分もあればあたりを一周できます。「宇都宮」の風俗街は、あらゆる風俗業種が所狭しと密集している感じではなく、東西南北それぞれのエリアに、「飲み屋エリア」「キャバクラ・クラブエリア」「ピンサロエリア」「デリヘル・ホテヘルエリア」「ソープランドエリア」というように、しっかり住みわけができていることが特徴的です。「宇都宮」の店舗型風俗店は、ソープランドとピンサロの二種類で、店舗型ヘルスはないようです。「宇都宮」の風俗街の治安については、いいと言えそうです。というのも、宇都宮の繁華街では度々私服警察がパトロールしているからです。とは言え、宇都宮の風俗街では客引きは多々見られ、土日になるとさらに客引きの数が増えます。

宇都宮ソープエリア(風俗街)の歴史

実は、「宇都宮ソープランド」の基盤は、古くは江戸時代に築かれたと考えられます。江戸時代の中心地域と言えば、もちろん現在の東京である「江戸」です。徳川幕府の始祖である徳川家康は、全国を支配するために江戸と主要地域を結ぶ5つの街道を整理しました。5つの街道とは、東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道です。(これらの街道は五街道を呼ばれます。)そして、五街道のうちの一つである「日光街道」は、現在でいう東京都中央区日本橋と栃木県日光市山内を結ぶ道であり、多くの人たちが「日光街道」を行き来していました。そして、「日光街道」の道中には21の宿場が置かれました。この宿場では、主に女性従業員が街道の通行人に食事を提供することをサービスとしていましたが、宿の数が多くいために徐々に競争が熾烈となっていきました。そこで、宿場の中には顧客獲得のためにあるサービスを展開するようになります。そのサービスとは、なんと「宿の女性従業員が通行人に性的サービス(セックス)を提供すること」だったそうです。当然のことながら、性的サービスを提供する宿場は、またたく間に評判となり、宿の多い宿場町であった「宇都宮」は風俗街として発展していくこととなったのです。(セックスをサービスとして通行人に提供する宿場は、宇都宮に限らず、全国的に見ても他の地域で多数あったそうです。)ちなみに当時は、宿でセックスのサービスを提供する女性従業員のことを「飯盛女(めしもりおんな)」と呼んだそうです。(なんだか、妖怪のような名前であまり聞こえはよくないですね。)こうして、江戸時代に「宇都宮」は風俗街としての歴史をスタートさせることとなりました。

宇都宮ソープランドの歴史

性的サービスを提供する宿場があった「宇都宮」は、このまま栄華を極めて風俗街としてさらに発展していくかに思われましたが、そうはうまくいきませんでした。明治元年に起きた戊辰戦争で、明治政府を樹立した新政府軍(薩摩藩・長州藩・土佐藩が率いた軍)と旧幕府軍が対立して内戦を起こします。この戊辰戦争によって、旧幕府軍は新政府軍に敗れ、江戸城を新政府軍に明け渡します。旧幕府軍の残党は、江戸を逃れ栃木県の日光山に向かいました。しかしながら、旧幕府軍の残党は新政府軍に見つかり再び戦争(宇都宮城の戦いとなりました。)戦場となった「宇都宮」は、この「宇都宮城の戦い」によって被害を受け、宇都宮の宿場町は焼け野原となってしまったのです。明治時代に入って、焼け野原となった「宇都宮」は、街の復興が急速に進み、特に交通の便がいいこともあり、近代都市として発展することになります。その後の日露戦争の影響もあり、交通の便がいい「宇都宮」には多くの軍事施設が建てられ、多くの兵士たちが「宇都宮」に集まったのです。歴史的に見ても、兵士が集まる場所には、必然的に兵士たちを癒すための風俗街が形成されることが多いのですが、「宇都宮」も例外ではありませんでした。「宇都宮」が軍事都市として発展していき、多くの兵士たちが集まるのに比例して、多くの風俗店が乱立するようになったのです。明治に入って、宇都宮には「遊郭」と呼べる遊女小屋が次々とできていったようです。当時の遊郭は、宇都宮の中心地にあり、風紀上良くないということで、「新地」と呼ばれるエリアに移転しました。昭和に入ってから、宇都宮エリアは「赤線」(政府公認で売春が行われた地域)として機能し、また「特殊喫茶」と呼ばれる性的サービスを提供する飲食店もでてきました。つまり、宇都宮のソープランドの歴史は、[私的サービスを提供する宿場 → 遊郭 → 赤線 → ソープランド]という経緯を辿ったというわけです。

宇都宮ソープランドのオススメポイント

【メリット①】宇都宮ソープは大衆店クラスのソープ店しかないのでコスパよし!

「宇都宮ソープ」は、ソープ業界で言う一般的な「格安店」と「大衆店」の2種類の価格帯のお店が存在します。そして、「宇都宮ソープ」には総額5万円を超えるような「高級店」は存在しません。「宇都宮ソープ」は、プレイ料金がおおむね2万円台のお店が最も多く、男性客は経済的に非常に通いやすい、と言えます。「宇都宮」の多くのソープ店は、価格において足並みを揃えている印象を受けます。ですから、男性客は、価格でソープ店を決めるというよりは、お店のコンセプトやプレイ内容で決めるといいでしょう。(「宇都宮ソープ」のおいては、どのお店であっても大して価格差が出ないのです。)

【メリット②】宇都宮ソープは「NN、NSができる」という口コミ・噂が多い!

口コミや噂によると、「宇都宮ソープ」は、オプションを追加することで、「NN」や「NS」ができるらしいです。(もちろん、「NN」や「NS」ができるかどうかは、お店や女の子によって変わってきます。)例えば、プラス何千円か追加で支払うと、「NN」や「NS」ができた!という口コミが多々あります。とは言え、あくまでもそれは口コミであって、ソープ店が公式に発表しているものではありません。特に、ソープランドは、「NN」や「NS」の可・不可を大々的に宣伝することはできませんので、「NN」や「NS」の可・不可は店舗のホームページを見ても分かりません。一番いいのは、直接店舗スタッフに「NN」や「NS」の可・不可を聞くことです。

【メリット③】栃木全域、北関東全域からかわいい女の子が宇都宮ソープに集まってくる!

先にも申し上げたとおり、「宇都宮」は、北関東(栃木県・群馬県・茨城県の総称)最大の都市ですから、県内全域から風俗業で稼ぎたい女の子がたくさん集まってきます。特に、ソープランドに関しては、栃木県内に限ればソープ店があるのは宇都宮だけに限定されますから、ソープで働きたい女の子は集中的に「宇都宮」に集まってきます。女の子が多く集まれば、その分女の子の質は上がりますから、男性客は「宇都宮ソープ」でかわいい・きれいな女性と出会える確率が高まります。また、栃木県内だけでなく群馬県、茨城県からも、北関東最大の都市「宇都宮」で華々しく活躍してしっかり稼ぎたい!という女の子が多く集まります。ですから男性たちは、「宇都宮」という都市は北関東中のかわいい女の子たちが自然と集まるエリアである、という認識を持っていていいでしょう。男性たちは期待して「宇都宮ソープ」を利用しましょう。

【メリット④】「宇都宮ソープ」は新規客も旅行客も利用しやすい!

田舎のソープランドと言えば、「地元の客ばかりが通っている」というイメージを持たれる方も多いかもしれません。地元の客ばかりだと、確かに新規客や旅行客など、いわゆる新参者はソープ店に通いにくいですよね。ですが、「宇都宮ソープ」を利用する客の大半は「新規客」や「旅行客」だそうです。なぜならば、やはり「宇都宮」は北関東最大の都市という側面があるから。隣は、群馬県や茨城県から、遠くは東北地方から、そして、都会の喧騒を忘れて旅行に来る人が多い東京都から、あらゆるエリアから来訪者がやってきます。結果的に、栃木県への一時的な訪問でやってくる新規客が多く「宇都宮ソープ」を利用するという状況が生まれるのです。ですから、たとえ新規客であっても、旅行客であっても、気軽な気持ちで「宇都宮ソープ」を利用しましょう。必ずしや、「宇都宮ソープ」のお店は笑顔かつ丁寧な対応であなたを迎え入れてくれるでしょう。

宇都宮ソープ嬢の特徴

栃木県の県民性として、女性は「たくましくて男勝りな人が多い」ことが挙げられます。この「たくましさ」と「男勝りな性格」は、「宇都宮ソープ」において、ソープ嬢のスキルとテクニック向上に繋がることでしょう。栃木県民は「芯は強く明るくて行動的」な一面がありますから、この性格は嬢同士の競争社会と言えるソープ業界に向いていると言えます。また、栃木県民女性の恋愛感として、「一途で相手に尽くすタイプが多い」ことが挙げられます。この性格は、「宇都宮ソープ」にて、特定の嬢を本指名し続ける男性客にメリットとして働くでしょう。「一途で相手に尽くすタイプが多い」ソープ嬢は、本指名客に対して情と思いやりを持って接し、やがて嬢と客の間に恋愛感情にも負けないほどの親密感が生まれることでしょう。

宇都宮ソープランドの注意点

「宇都宮」の繁華街は、客引きの数が多く、特に土日にもなると、客引きの数が倍増します。客引きはおいしい話を持ち掛けてきて、風俗客を言葉たくみに誘ってきますが、決して客引きに付いていかないようにしましょう。客引きが紹介する風俗店は、ぼったくり店や違法風俗店である可能性が非常に高いです。

宇都宮ソープランドのアクセス

「宇都宮」のソープ街は「東武宇都宮駅」が最寄駅となり、「東武宇都宮駅」から徒歩で5分ほどで到着します。JR宇都宮駅から「宇都宮ソープ」にアクセスする場合は、徒歩だとそこそこ時間がかかって大変なので、タクシーかバスを利用することをおすすめします。バスを利用する際は、大通りの「東武駅前」停留所で降りればいいです。また、自家用車で「宇都宮ソープ」にアクセスする場合は、ソープ店に駐車場がないことが多いので、近くのコインパーキングを利用しましょう。コインパーキングについては、目的のソープ店に問い合わせれば近くのコインパーキングを教えてくれますよ。

宇都宮ソープランドの楽しみ方

「宇都宮ソープ」は、スタンダードなサービスを提供する王道のソープ店もあれば、様々なコスプレやサービスで楽しませてくれるコンセプトソープ店や、時にオプションでNN・NSのサービスを受けることができるソープ店など、決して広いエリアとは言えない場所に質の高いソープ店が揃います。「宇都宮ソープ」の楽しみ方は、各お店の個性を心行くまで堪能することです。どのソープ店も、そのお店でしか味わえないサービスを提供してくれます。かつ、「宇都宮ソープ」はどのお店も良心的な価格設定でコスパが非常に高いと言えます。「宇都宮ソープ」では、サービスと女の子の質の高さに気持ちよくなって、支払い時に「こんなに気持ちよくなれてこんなにも安いんだ!」というお得感が得られることが最大の魅力なのです!