中洲のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

中洲×ソープ店舗一覧

エリア検索
中洲
ジャンル検索
指定なし

60分20,000円

10:00~24:00

中洲

大衆ソープ

中洲ソープランド「ROYAL FACE」。中洲のROYAL FACEは、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「092-263-7799」までお願いします。

60分25,000円

9:00~24:00

中洲

大衆ソープ

TiAmo(ティアモ)に在籍する女性は、ルックス・性格・接客・サービス面でトータル的に基準をクリアした厳選された女性達です。高級感溢れる店内での情熱的で愛溢れる一時をお過ごし頂いてみては如何でしょうか。心身ともに満足頂ける様、スタッフ一同努力してまいりますので、ご来店の程よろしくお願い致します。

30分11,000円

8:00~24:00

中洲

大衆ソープ

中洲イメージソープ「いたずらバニーちゃん」。中洲のいたずらバニーちゃんは、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「092-262-8230」までお願いします。

60分23,000円

8:00~23:59

中洲

大衆ソープ

中洲ソープランド「新感覚恋活ソープもしも彼女が〇〇だったら…福岡中洲本店」。中洲の新感覚恋活ソープもしも彼女が〇〇だったら…福岡中洲本店は、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「092-282-1019」までお願いします。

60分30,000円

8:00〜24:00

中洲

高級ソープ

中洲ソープランド「クラブ ピア」。中洲のクラブ ピアは、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「092-263-7813」までお願いします。

マシェリ(中洲)

50分/19,000円~

8:00~24:00

中洲

今ドキ ナース

60分/18,000円~

8:00~24:00

中洲

おねだり本店

40分/16,000円〜

6:00~24:00

中洲

ARTEMIS(アルテミス)

60分/22,000円~

6:00~24:00

中洲

ANGEL(中州)

40分/13,000円~

6:00~24:00

中洲

バージン7(セブン)

40分/13,000円〜

9:00~24:00

中洲

社長秘書

60分/24,000円〜

9:00〜24:00

中洲

オルゴール

80分/25,000円~

オープン〜ラスト

中洲

ステーション

60分/25,000円~

10:00~24:00

中洲

ラヴァーズ

50分/16,000円〜

6:00〜23:59

中洲

ガチンコDOLL

30分/5,100円~

6:00~24:00

中洲

おねだり 萌えっ娘(中洲)

40分/16,000円~

6:00〜24:00

中洲

MISS OL(ミスオーエル)

70分/22,000円〜

9:00〜24:00

中洲

ロイヤルブルーシャトー

80分/48,000円~

10:00~ラスト(受付9:00~)

中洲

サーカス

40分/12,000円~

9:00~ラスト

中洲

ハピネス&ドリーム福岡

40分/総額15,000円~

7:30~24:00

中洲

VIP エルミタージュ

50分/20,000円~

10:00〜ラスト

中洲

ルージュ(中洲)

60分/15,000円〜

10:00〜24:00

中洲

GAL

50分/20,000円~

8:00~ラスト

中洲

Cran Berry~クランベリー~

40分/18,000円〜

7:00〜24:00

中洲

ジョイ本店

80分/42,000円〜

10:00〜ラスト

中洲

PLAGIR(プレジール)

60分/30,000円~

6:00~24:00

中洲

小梅CLUB(中洲)

50分/20,000円〜

9:00〜21:00

中洲

PUZZLE(パズル)

60分/27,000円〜

9:00〜24:00

中洲

ロイヤルクラブ ラ・ターシュ

60分/32,000円〜

10:00〜ラスト

中洲

エスペランサ新館

60分/総額30,000円~

10:00〜24:00

中洲

中洲エリート

30分/8,000円~

6:00~ラスト

中洲

今ドキちゃん

60分/18,000円~

8:00~24:00

中洲

G-CROSS(ジークロス)

40分/18,000円〜

6:00〜24:00

中洲

おねだり未経験

30分/6,000円~

6:00~24:00

中洲

ブルーレーベル

100分/63,000円〜

10:00~ラスト

中洲

今ドキ マットMAX

60分/20,000円〜

8:00〜24:00

中洲

BRプラス

60分/19,000円~

8:00~24:00

中洲

MISS OLⅡ

70分/16,000円〜

10:00~24:00

中洲

NEW貴賓室(きひんしつ)

70分/総額27,000円〜

9:00〜24:00

中洲

ALBATROSS(アルバトロス)

100分/68,000円~

10:00~ラスト

中洲

MORE

60分/20,000円〜

9:00〜24:00

中洲

elumo(エルモ)

60分/23,000円~

9:00~24:00

中洲

マリアージュ(中洲)

60分/25,000円〜

9:00〜24:00(予約受付8:30~)

中洲

Blue Chateau(ブルーシャトー)

100分/63,000円〜

10:00〜ラスト

中洲

よかろうもん 中洲

40分/10,000円~

6:00~24:00

中洲

セクシーパラダイス3

50分/10,000円~

8:00~24:00

中洲

キャンパスメイト生徒&女教師

60分/21,000円〜

6:00〜24:00(最終受付23:00)

中洲

不夜城(中洲)

30分/10,000円〜

6:30〜24:00

中洲

E-girls博多

40分/17,000円〜

6:00〜24:00

中洲

GINGIRA STAGE(ギンギラステージ)

60分/総額16,000円〜

6:00〜24:00

中洲

ハピネス福岡

40分/総額15,000円~

7:30~24:00(土日祝6:30~)

中洲

ザ・プレミアムX

45分/20,000円~

8:00〜ラスト(土日祝 AM6:00~)

中洲

クラブ花

60分/25,000円~

8:00~ラスト

中洲

ラッキーBoy

60分/15,000円~

6:00~24:00

中洲

おねだりZERO

40分/16,000円~

6:00~24:00

中洲

中洲ソープランド事情

西日本一の繁華街。そう言われるほど大変有名なスポット「中洲」。現在は、「東京・歌舞伎町」「札幌・すすきの」と合わせて「日本三大繁華街」と称されることもあります。そして福岡県は、九州最大の都市と言われており、「アジアの玄関口」としても有名な都道府県です。面積は約4,986平方キロメートル。全国の総面積の約1.3%を占めています。九州本島の北部に位置しており、国際便も多く出ている為、海外からの観光客も数多く訪れているようです。また、日本海と瀬戸内海という2つの海に面している為、新鮮で美味しい魚介類がいつでも食べられます。その中でも「中洲」は那珂川と博多川に挟まれた、長さ1kmで幅は200mほどある、まさに中洲状の細長いエリアです。「中洲」には数多くの飲食店があるのはもちろん、博多の名物である屋台も数多くひしめきあっています。ラーメンはもちろん、餃子や串焼き、カクテルが飲める屋台までたくさんあります。屋台に入って、博多ならではの醍醐味を味わってみるのもいいかもしれません。そんな福岡県の博多を代表する繁華街「中洲」にあるソープ街もまた全国的に有名であり、「中洲ソープ」は九州一の規模を誇ります。

中洲の風俗街の特徴

中洲は、「新宿歌舞伎町」そして「札幌ススキノ」と並ぶ日本三大歓楽街です。風俗のみに関して言えば、400店舗以上存在すると言われ、その規模は、「ススキノ」や「歌舞伎町」をも超えると言われています。「中洲」には、デリヘル・ホテヘルなどの無店舗型風俗店はもちろんのこと、ファッションヘルスやソープランドなどの「店舗型風俗店」もあります。「中洲」の風俗街は、「昭和通り」「明治通り」「国道202号線」が直角に交わっている「中洲中央通り」という通りが中心となります。「昭和通り」の西北に位置する中洲中島町は、ホテル・マンション・ビジネス街が立ち並び繁華街の外れになります。そして、「昭和通り」から南東の中洲1丁目~5丁目が中洲の繁華街となります。「西中洲」は、那珂川の対岸に位置し、飲食店や高級志向の強い料亭などが多くあります。(※西中洲は博多区ではなく中央区になりますが、一般的に中洲の繁華街として認識されています。)中洲の繁華街は夜になると一層活気が増します。中洲エリアには、飲食店・クラブ・キャバクラ・風俗店など、実に3,500軒ほどの多種多様なお店が集まっており、一日に中洲エリアに遊びに来る人は約6万人と言われます。そして、特に「中洲1丁目」付近は、「南新地」と呼ばれるソープ街として全国的に有名です。(南新地には、ソープランド店だけでなく、20軒以上もの飲食の屋台があって、昭和的な雰囲気も味わえると評判です。)「中洲風俗」の顕著な特徴として、他風俗エリアと比較して「店舗型風俗店」の店舗数が非常に多いことが挙げられます。中洲エリアにおいて、「無店舗型風俗店」と「店舗型風俗店」の店舗数を合算して「店舗型風俗店」の占める割合を出すと、実に全体の約「3割」が「店舗型風俗店」であります。この「店舗型風俗店」の割合の高さは、突出しているとも言えるほど驚異的な数字です。「中洲風俗」の店舗型風俗店には、一般的な概念のヘルスとソープランドがありますが、「トクヨク」という中洲地区ならではの名称で呼ばれる風俗店がありますがその説明はのちほど。

中洲ソープランドの歴史

「中洲ソープ」の歴史は簡単に言えば「吉原ソープ」と同じで、「中洲ソープ」はソープ街の王道の歴史を歩んでいると言えます。「中洲ソープ」は、[遊郭→赤線→トルコ風呂→ソープランド]という歴史をたどって今のソープ街を形成しました。

「中洲」の誕生

「中洲」の街の歴史は古く、「中洲」の誕生は西暦1600年だと言われています。1600年に福岡城の初代藩主である「黒田長政」が福岡と博多を繋ぐために、「中洲」に土砂を積んで「中嶌橋」という橋を作ったのが「中洲」の歴史の始まりです。もともと「中洲」エリアは、誕生当初は主に菜の花畑として運用されていましたが、江戸時代後期になると福岡藩の財政を立て直すために、「中洲」エリアを繁華街化する施策が行われ始めます。そこで「中洲」エリアに、芝居小屋、茶屋、相撲、歌舞伎などのエンターテイメント業が徐々に参入してくることになりました。つまり、江戸時代後期から中洲の「エンターテイメント化」が始まったことで、今のような日本三大繁華街の地位を確立するまでに至るわけです。「中洲」では明治時代に「演劇」が流行し、大正時代には「映画館」「常設劇場」が誕生し、昭和時代には「文学サロン」が生まれるなど、「中洲」は次第にカルチャーを人々に提供するという役割を持つようになっていきました。そして「中洲」がカルチャーの発信地として成長していくと同時に、「風俗文化」も徐々に発展していくことになります。明治時代以降、「中洲」にはスナック、キャバレーが増えていき、そして、南新地(福岡市博多区中洲一丁目付近)エリアには、ソープランドを始めとする風俗店が急増することとなります。ソープランドの前身となる「トルコ風呂」が「中洲」にできたのは1952年のことです。その事実だけで考えると、「中洲ソープ」の歴史は1952年に始まった、と言えるでしょう。ですが、厳密に言えば「中洲ソープ」の歴史の始まりは「遊郭」であった、と言っていいでしょう。というのも、福岡にかつてあった「遊郭」が、中洲エリアにて「性風俗文化」の発展しやすい土壌を作ったのであり、その「性風俗エリア」の土壌がすでに中洲にて整っていたからこそ、その後の「トルコ風呂」の隆盛へと繋がっていった、と言えるからです。

中洲ソープエリアの誕生

福岡城の初代藩主である「黒田長政」は、実は「中洲」エリアの開発に際し、同時に「遊郭」も作らせたのです。遊郭ができるまでは、那珂川の河口付近に娼婦が散らばっており、その娼婦たちを集めて堅町浜に娼婦地区を作ったことが「中洲」の遊郭の始まりです。その遊郭がある地域は、京都の萬里小路に最初の集娼地帯として作られた「柳町」にならい、「柳町」と名付けられました。そして、この「中洲」の遊郭は「柳町遊郭」と呼ばれその後発展していきます。1911年には、「柳町遊郭」は現在の中央区清川付近に移転し、「新柳町遊郭」として遊郭の歴史を再スタートさせます。遊郭が移転した背景には、京都帝国大学福岡医科大((現在の九州大学医学部)が「柳町遊郭」の近くに設置されたという事情があります。「新柳町遊郭」の規模は、とある時期の「全国遊郭案内」によれば、貸座敷42軒、娼妓520人だったそうです。その後、「新柳町遊郭」は戦争によって甚大な被害を受けますが、「赤線(ほぼ公認で売春が行われたエリア)」として再び活気を取り戻します。ですが、1958年の売春防止法の施行によって「柳町遊郭」は消滅し、中洲の遊郭の歴史はいったんここで終わることとなります。ここで全国的な流れを見てみると、売春防止法が施行される少し前の1951年に銀座にて初のトルコ風呂店である「東京温泉」が設立されています。「トルコ風呂」とは現在の「ソープランド」の前進となる特殊浴場業であり、その後「トルコ風呂」店は全国的に急激に店舗数を増やしていきます。そして、「中洲」においてもいち早く「トルコ風呂」の流行が取り入れられ、1952年に「博多温泉トルコ」というお店がオープンしました。つまり、「柳町遊郭」がなくなる直前の頃に、新たなる性風俗文化である「トルコ風呂」が出来たことで、中洲風俗は風俗新時代を迎えようとしていた、というわけです。中洲ソープの歴史は売春防止法で途絶えることがなかったのです。「トルコ風呂」以降の中洲は皆様もご存じの通りで、今や「中洲ソープ」は九州一の規模を誇るソープエリアとなり、また全国でも有名なソープ街となり、ソープ業界を牽引する最重要ソープエリアとして広く認識されています。

中洲ソープランドのオススメポイント

【メリット①】「中洲ソープ」は「格安店」が非常に多くコスパにすぐれる!

「中洲ソープ」には、プレイ時間100分でプレイ料金「5万円以上」の高級店、プレイ時間100分前後でプレイ料金「4万円台」の中級店、プレイ時間60分~80分でプレイ料金「25,000円~3万円台」の大衆店、プレイ時間30分~60分でプレイ料金が「25,000円未満」の格安店、の4つの価格帯のお店があります。そんな中「中洲ソープ」で特筆すべきは、プレイ料金が「25,000円未満」の「格安店」が非常に多い、ということです。中洲ソープの「格安店」は、中洲エリア全店舗において約7割と占めるほどに店舗数が多いのです。つまり、中洲ソープは「格安ソープ」が多いことが最大の売りである、と言っていいでしょう。しかも中洲の「格安ソープ店」は店舗数が多い分、各店舗がライバル店と差別化して独自のコンセプトを打ち出した結果、多種多様なソープ店が乱立することとなりました。簡単に言えば、中洲の「格安ソープ店」は「安くてバラエティに富んでいる」ということです。ですから、あなたの気に入るお店が、必ずしや中洲の「格安ソープ店」で見つかると言っていいでしょう。もちろん、格安店よりも高い料金のお店を選ぶほうが、より高いサービスを受けられることができるのは世の常でありますから、あなたの予算に応じて「大衆店」「中級店」「高級店」を選ぶのも全然アリです!

【メリット②】店舗型風俗店が非常に多い「中洲」は必然的にサービスの質が高くなる!

後でしっかり説明しますが、「中洲」には「ソープランド」と「トクヨク」と言われる店舗型ヘルス店が非常に多くあります。「中洲」では、過去にソープランド店に対する規制が厳しくなったために、多くのソープランド店が店舗型ヘルス店へと衣替えしたという経緯があります。つまり、「中洲」の店舗型風俗は、ソープランドから派生していった、いわば「のれん分け」とも言える広がり方をして、そして「中洲風俗」は現在のような活気ある風俗エリアへと発展していったわけです。ですから、ソープランドと店舗型ヘルスは、原点が同じであるからこそ「仲間」であり、逆に、原点が同じであるからこそ、お互いを強く意識し合う良き「ライバル」なのであります。「ライバル」が多いと自然的に競争が激化し、各店舗はライバルを出し抜こうと努力してサービスの質の向上に努めます。つまり、もともとソープランドから始まった中洲の「店舗型風俗店」は、他の風俗エリアよりも競争意識が強く、結果的に、多くの店舗型風俗店はサービスの質が高い傾向にある、と言えるわけです。ですから、みなさんは中洲の「ソープランド」も「店舗型ヘルス」も安心して利用すればいいでしょう。

【メリット③】「中洲ソープ」の博多女子の癒しの力は絶大である!

私が吉原のソープ店に行ったとき、博多弁をしゃべる九州出身の女性に出会いました。その博多っ子嬢がしゃべる博多弁に一瞬で心を奪われました。というのも、とにかくその「博多弁」が可愛かったからです。その博多っ子嬢との対面時の第一声が「今日は休みだったと?」でした。その一言で彼女に骨抜きにされました。実は「博多弁」は、女性がしゃべるととてもかわいい方言として広く知られています。なぜ「博多弁」はこれほどまでに女性を可愛く見せるのでしょう?それは、「語尾が特徴的であること」と「最後に語尾のイントネーションが上がること」の二つの理由があるからです。博多弁は言葉の最後に女子を爆発的に可愛くする要素があるのです。「どげんしょったやぁ」「〇〇しとったのにぃ」「〇〇やけん」「〇〇と?」などなど、男性を胸キュンさせる博多弁は数知れず。特に、中洲ソープ嬢に「好きです」という意味の「好きっちゃけど」というセリフを言ってもらったら、多分男性は本気でその嬢に恋してしまうでしょう。「中洲ソープ」では、そんなかわいい「博多弁女子」に多く出会えるのです。女子がしゃべる博多弁はとっても可愛くて、さらには、発話スピードがゆったりしていて相手をほっこりさせるような「癒し」の効果もあります。つまり、「中洲ソープ」の博多女子の癒しの力は絶大である!というわけです。

中洲ソープ嬢の特徴

福岡県民の県民性としてまず、目立ちたがりの人が多いと言われています。福岡県といえば、全国の中でもお笑い芸人や野球選手、アイドルや俳優などジャンルを問わず数多くの有名人を輩出している県としても大変有名な都道府県です。古来より大陸との交流があり渡来人との混血が進んでいる事から美人が多いエリアと言われており、日本三大美人県ともいわれています。さらにその中でも博多周辺のエリアには美人が多く、「博多美人」という言葉が生まれているほどです。福岡県民の女性の特徴として、「気が強い」「褒め上手」「仕事熱心」という傾向があるようです。そして福岡県と言えば方言がかわいいと評判ですよね!さらに好きな方言調査では第1位と言われているのが博多弁。「なんしようと?(なにしているの?)」や「すいとーよ(好きだよ)」「よかよ(いいよ)」などの方言が有名です。博多弁が有名ですが、実は博多弁以外にも北九州弁や筑豊弁など地方によっていろんな方言があります。

中洲ソープランドの注意点

【注意点①】中洲ならではの呼び方「トクヨク」と「ソープランド」を区別すること!

店舗型風俗店には、「店舗型ヘルス」と「ソープランド」の2種類の風俗店があります。全国的に見て、この2種類の店舗型風俗店の呼び方は、「店舗型ヘルス」を「ヘルス」、「ソープランド」を「ソープ」と、略称で呼ぶことが一般的です。ここで「ソープランド」の定義について考えます。ソープランドはかつて「特殊浴場」と呼ばれていました。というのも、かつての公衆浴場法において、一般的な銭湯は「普通浴場」、サウナ施設のある浴場は「特殊浴場」と規定されており、ソープランドの前身である「トルコ風呂」は個室サウナという位置づけであったため「特殊浴場」と呼ばれていたのです。現在のソープランドも(あまり使うことがない)サウナ施設を設置することが必須であり、当時で言う「特殊浴場」に当たるのです。(現在の建築基準法ではソープランドを「個室付浴場業」もしくは「個室付浴場業に係る公衆浴場」と定義しており、「特殊浴場」という言葉は使われません。)ですから、ごくまれにソープランドを「トクヨク」(特殊浴場を省略してカタカナ表記にしたもの)と表現することがあります。ここで「中洲ソープ」に話を戻します。実は、中洲風俗において「トクヨク」とは「店舗型ヘルス」のことを指します。このことを聞いて「なんで!?」って思う方も多いことでしょう。そりゃあ、特殊浴場として定義されていた「ソープランド」を「トクヨク」と表現するのは分かりますけど、特殊浴場と呼ばれた時代がない「店舗型ヘルス」を「トクヨク」と呼ぶなんて納得できませんよね。ですが、中洲では「トクヨク」とは「店舗型ヘルス」のことなんですよ。では、なぜ「中洲」では、「店舗型ヘルス」のことを「トクヨク」と呼ぶようになったのでしょう?それは、中洲の「店舗型ヘルス」の多くはもともと「ソープランド」店として営業していたからです。もともと中洲で「ソープランド」として営業していた風俗店は、年々規制が厳しくなっていったために営業が困難となり、本番行為ができていた「ソープランド」から本番行為ができない「店舗型ヘルス」へと業種の衣替えをしたのです。つまり、中洲にて生き残るために、多くのソープ店がヘルス店へと方向転換したというわけです。ですから、現在のように中洲で「店舗型ヘルス店」のことを「トクヨク」と呼ぶのは、「店舗型ヘルス店」がもともと「ソープランド店」であった名残りなんですね。もしもこの事実(慣習)を知らない方が中洲風俗を利用したら、「ソープランド」だと思って利用した「トクヨク」と呼ばれる風俗店は、実は「店舗型ヘルス」だったという、間違いが起こる可能性があるのです。ですから、中洲にお出かけになった際は、「トクヨクとはソープランドのことではなくヘルスのことである」という理解のもと、お店選びをする必要があるのです。

【注意点②】中洲の無料案内所はあなたの期待ほど安くならないかもしれない!

風俗エリアには必ずと言っていいほど「無料案内所」があります。「無料案内所」とは、案内所のスタッフが客に風俗店の様々な情報(お店の特徴、女の子の情報、割引情報など)を教えてくれるところです。そして「無料案内所」は、風俗店からマージンを得て営業が成りたっています。私たち男性客は、「無料案内所」にて風俗店を紹介してもらうと、非常に安く風俗店を利用できると認識しています。確かに「無料案内所」を通さずに、ダイレクトに風俗店に行くと正規の料金を請求されますから。ただし、よく考えてみてください。「無料案内所」が客に風俗店を紹介して、そのお店に客を案内した時点で、風俗店は「マージン」を無料案内所に支払わなければいけません。つまり、風俗店が「無料案内所」を通して客を獲得することは、「案内所に支払うマージン」と「プレイ料金の割引」の二つの出費が発生してしまう、というわけです。風俗店は当然のことながらそれらの出費を好ましく思いません。となると、風俗店が行える割引額も大して期待できないでしょう。期待できるほどの割引を望む男性客ならば、風俗総合情報サイトにて割引情報を得た方がお得となることが多々あります。そもそも「無料案内所」と「風俗総合情報サイト」では、両者において集客力に差があります。「風俗総合情報サイト」の方が「無料案内所」よりもはるかに集客力が高いので、客を多く集められる分、割引幅を増やすことができます。もしも、どうしても無料案内所を利用してから遊ぶ風俗店を決めたいならば、「風俗総合情報サイト」にて割引情報を事前に仕入れた上で「無料案内所」に行って、「どちらが安くなるか」しっかりと検討した方がいいでしょう。「無料案内所」だけでお店を選ぶのは、あまり得策ではありません。ちなみに、相手の押しに弱い男性、つまり、「NOと言えない方」は無料案内所の利用は控えた方がいいでしょう。無料案内所のスタッフは、風俗店からマージンを得ようと必死で客を風俗店に連れていこうとします。そのため、無料案内所のスタッフは客に積極的に話をしてくれるでしょう。この時に、「NOと言えない方」はたとえ紹介された風俗店が自分の希望と違っていたとしても、はっきりを断ることができず、不本意ながらその風俗店に行く羽目になるでしょう。無料案内所は、自分の希望を見合う風俗店を割安に利用するために行く場所です。「NOと言えない方」は本末転倒な結果になりやすいので、しっかりと検討した上で「無料案内所」の利用するかどうか決めましょう。

【注意点③】中洲の「客引き」に気を付けよう!(特に中洲風俗初心者は!)

風俗エリアには必ず「客引き(キャッチ)」がいます。「客引き」の多くは、違法風俗店やぼったくり風俗店を客に平気で勧めてきますから、客がトラブルに巻き込まれる可能性が高まります。ですから、「客引き」には決して付いていかないことです。とは言え、不本意ながらも「客引き」につかまりやすい男性客がいます。「客引き」につかりやすい男性客の最たる特徴は、「周囲をキョロキョロしながら道を歩く」ことです。「周囲をキョロキョロしながら道を歩く」男性は、9割以上の確率で「遊ぶ風俗店がまだ決まっていない」です。だからこそ、客引きが「周囲をキョロキョロしながら道を歩く」男性に積極的に寄ってくるのです。裏を返せば、「周囲をキョロキョロしながら道を歩く」ことは、容易に客引きを引き寄せる行為だと言えます。そして、一度「客引き」に男性客がからまれてしまえば、非常に多くの客を相手にしてきた「客引き」は、あなたが「中洲風俗」の初心者だった場合、それを短時間で見抜いてしまいます。結果、「客引き」は知識のない初心者のあなたに対しておいしい話ばかりを持ちかけて、あなたが正常な判断と決断ができないままの状態で、違法風俗店やぼったくり風俗店にあなたを誘導するのです。結論として、「客引き」に声をかけられないためにも、男性客はあらかじめ遊ぶ風俗店をネットで決めていくべきです。

【注意点④】中洲ソープでは「NN」「NS」ができるお店・嬢を事前にちゃんと確認しておこう!

「中洲ソープ」の「NN」「NS」事情を説明しておきます。「中洲ソープ」は、「コンドーム着用」を必須とするお店が最も多いです。そして、「NN」「NS」が可能な「中洲ソープ」のお店は、一部に限定されますが確かに存在します。とは言え、「NN」「NS」が可能か否かは、店舗ホームページなどで公にできないことなので、私たち男性客が容易に仕入れることができない情報でもあります。ですが、中洲ソープの解説サイトなどで、どのお店が「NN」「NS」に対応可能かを明らかにされていることが多いので、そのようなサイトを参考にするといいでしょう。ただし、「NN」「NS」を希望する男性客で最も注意すべきことは、「コンドーム着用」を必須とするお店や嬢であるにもかかわらず、「NN」「NS」を強要してしまうことです。「NN」「NS」が不可能な嬢に対して、「NN」「NS」を強要すると、最悪の場合そのソープ店に出禁を言い渡される場合がありますから、男性客は「NN」「NS」に対して細心の注意を払って行動することが求められます。そこで、一番確実で安全な方法として、「NN」「NS」が可能なお店や嬢をあらかじめネットで当たりをつけておいて、お店に予約の電話をかけた際に、スタッフにダイレクトに「NN」「NS」の可否を確認しておくこと、が挙げられます。ネットの情報だけで動くと、ネットの情報が古かったり、嘘だったりした場合に、男性客は自身の立場を危うくしてしまう可能性があります。ですから、ちゃんとスタッフに確認を取ることが必要です。スタッフの人は「NN」「NS」の可否についてちゃんと教えてくれます。

中洲ソープランドのアクセス

「中洲ソープ」は、住所としては「福岡市博多区中洲一丁目」一帯にあたり、「南新地」の名称でも有名です。「中洲ソープ」の最寄り駅は、西鉄天神大牟田線「西鉄福岡(天神)駅」と、福岡市地下鉄空港線箱崎線「中洲川端駅」です。また、「中洲ソープ」の最寄りのバス停留所は、西鉄バス中洲「南新地停留所」です。「博多駅」からだと、「中洲ソープ」までの移動時間が早いのは地下鉄で、移動料金が安いのは「バス」です。「博多駅」から「中洲ソープ」まで徒歩だと約20分ほどかかりますが、観光ついでに移動すればそれほど苦に思わない距離でしょう。また、「南新地」にはたくさんの駐車場がありますから、車で「中洲ソープ」に行くのも大丈夫です。

中洲ソープランドの楽しみ方

特に中洲ソープ初心者が「中洲ソープ」を安心して楽しむならば、まずはプレイ料金が1万円台、もしくは、2万円台の格安店を選ぶといいでしょう。中洲ソープ初心者にとって、中級店や高級店は出費面を考えた際に敷居が高すぎます。出費が多いにもかかわらず、さほど満足できなかった場合の「がっかり感」は計り知れません。中洲ソープ初心者は、格安ソープ店にて、自分が満足感を得ることができる「料金×サービスの質」のバランスを知っておくことが重要です。「自分はこれくらいのプレイ料金で、これくらいのサービスの質ならば満足感を得ることができるんだな」と確認しておくのです。満足感を得られる「料金×サービスの質」のバランスを知っておくことで、今後のソープ店選びに失敗しにくくなります。そして、「プレイ料金が1万円台」の格安店の場合は、ソープ嬢に対して容姿の質を求めないようにしましょう。「プレイ料金が1万円台」の格安店の場合に求めるべきは「サービスの質」のみです。一方で、サービスも質だけでなく、ソープ嬢の容姿の質も求めたい方ならば、「プレイ料金が2万円台」の格安店を選ぶといいでしょう。やはり、プレイ料金が上がると女性の容姿レベルは上がります。一般的に、格安店と言えどプレイ料金が2万円台にまでなると、女性の容姿レベルはどの男性でも満足できるまでに上がります。「中洲ソープ」をより楽しむ方法として挙げられるのは「グルメ」です。中洲ソープがある「南新地」には、多くの屋台が出ていることも有名です。中洲の屋台で楽しめるグルメは多種多様で、福岡のソウルフードと言える博多ラーメンはもちろんのこと、おでん、餃子、串焼きなどの屋台でのスタンダードメニューはもちろんのこと、天ぷら、牛タンステーキ、フレンチ料理まで楽しめます。ぜひとも、中洲ソープを楽しむ前後に、「中洲屋台街」にて屋台グルメを楽しんでみてください!きっとあなたの中洲ソープ体験は倍以上に楽しめるものになりますよ。