金津園のおすすめ人気ソープランドを探す

エリア検索

ジャンル検索

岐阜県 金津園のソープランド一覧

GG

金津園

60分22,000円

大衆ソープ

10:00〜23:00

ROYAL CLUB姫

金津園

100分35,000円

大衆ソープ

11:00~24:00

想い出

金津園

50分16,000円

激安ソープ

10:00〜24:00

ViVi

金津園

80分26,000円

大衆ソープ

10:00〜23:00

ロマネ

金津園

45分13,000円

大衆ソープ

10:00~24:00

クイーン

金津園

60分20,000円

大衆ソープ

11:00~24:00

Sabbat

金津園

45分15,000円

激安ソープ

9:00~24:00

M

金津園

100分40,000円

高級ソープ

8:30~20:30

MGM COLLECTION

金津園

80分28,000円

大衆ソープ

10:00〜22:00

紫音

金津園

60分8,000円

大衆ソープ

11:00〜24:00

C´est裸美

金津園

110分50,000円

高級ソープ

11:00〜23:55

八星

金津園

80分26,000円

高級ソープ

8:30〜20:30

いろは

金津園

60分6,000円

激安ソープ

11:00〜24:00

英國屋

金津園

120分75,000円

高級ソープ

8:30~20:00

aQua

金津園

60分23,000円

大衆ソープ

9:00~24:00

LOVE MISSILE

金津園

45分15,000円

激安ソープ

9:00~24:00

金津園ソープランド事情

日本三大ソープ街と言えば、東京都にある「吉原」と滋賀県にある「雄琴」と、そして岐阜県にある「金津園」です。「金津園ソープ」は、中部地方最大のソープ街であり、その存在を知らない者はいないほどに有名なソープエリアです。「金津園ソープ」は岐阜駅から徒歩で10分程度のところにあり恵まれた立地条件もあって、客の入りは非常にいいです。また、「金津園ソープ」には、「格安店」「大衆店」「高級店」の3つの価格帯ランクのお店がバランス良く存在しているので、男性客にとって選択肢が広いソープエリアと言えるでしょう。「金津園ソープ」の魅力は、日本三大ソープ街の一つでありながらも、高級店が多い吉原ソープよりも「男性客は変に気構えすることなく気軽に利用しやすい」ことです。

金津園ソープエリア(風俗街)の特徴

「金津園ソープ」は、岐阜県岐阜市加納水野町エリアにある巨大ソープ街です。「金津園ソープ」はソープ街にもかかわらず、岐阜駅から徒歩10分ほどで到着できるほどにアクセスが便利です。「金津園」のソープ街は、東海道線の車内からも見えるほどに駅から近く、その光景は例えば都内でいうと、JRの車内からラブホテル群が見える「鶯谷」に通じるものがあります。岐阜県の県庁所在地は岐阜市ですが、県庁所在地の主要駅にこれほどまでに大きな風俗街があっていいのか、という声があるのも事実です。つまり、市の中心地にある「金津園ソープ」は、かなり異質な存在と言えるわけです。 そして「金津園」のソープ街の光景や建物は、昭和時代からあまり変化がないと言えます。と言うのも、ソープ店のような店舗型風俗店は、法律によって新築・増改築が規制されており、既存の建物を潰して新しい建物を建築したり、既存の建物を改築したりすることが規制されているからです。ですから、「金津園ソープ」では、ソープの前身であった「トルコ風呂」の名称の一部が消えかかっている看板にてたまに見ることができます。特筆すべきは、「金津園ソープ」の周りに普通に住宅街が広がっていること。つまり、「金津園ソープ」は日常の生活の中に溶け込むかのように存在しているというわけです。「金津園ソープ」のお店は、理路整然とまるで秩序を守るかのように理路整然ととある一画に並んでいます。実は、「金津園ソープ」のお店の多くは敷地の面積が「63坪」と同じで、お店における大小の差があまりないのです。(この敷地面識の理由は「金津園ソープランドの歴史」の項目にて詳しく解説させて頂きます。)

「金津園ソープ」と「吉原ソープ」の共通点

日本三大ソープに数えられる「金津園ソープ」と「吉原ソープ」。実は、「金津園ソープ」と「吉原ソープ」には共通点が多いです。まずは、「金津園ソープ」と「吉原ソープ」は成り立ちが似ていること。両者は[遊郭→赤線→トルコ風呂→ソープランド]という流れで今の巨大ソープランドが出来上がっています。次に、「金津園ソープ」と「吉原ソープ」は街並みが似ていること。両者は共に、ソープ街の周りに普通の住宅が広がり公園までも近くにあります。かつ、両者共に、とある一画のエリアに、ところ狭しと整理されるかのようにソープ店が並んでいます。その光景は、「金津園ソープ」と「吉原ソープ」を良く知らない人が見たら同一エリアだと思ってしまうほどによく似ています。3つ目に、「金津園ソープ」と「吉原ソープ」はNSができることが当たり前であるということ。ソープランドでは、多くのエリアがコンドーム着であることを必須としており、NSでソーププレイができるエリアは少ないがゆえに貴重であると言えます。例えば、川崎ソープは堀之内が有名ですが、堀之内ソープほどの大きな規模を誇るソープエリアであっても「コンドーム着」が原則です。ですから、「金津園ソープ」と「吉原ソープ」もNSができるという点で、非常に稀有な巨大ソープエリアなのです。

「金津園ソープ」と「吉原ソープ」の違い

「金津園ソープ」と「吉原ソープ」には共通点もあれば、もちろん相違点もあります。ここで挙げる相違点は3つです。一つは店舗数。「金津園ソープ」の店舗数はおよそ「吉原ソープ」の1/3にとどまります。ただし、「金津園ソープ」ほどの規模を誇るソープエリアが近くに存在しないために、「金津園ソープ」は「中日本・西日本最大級」とか「東海地方最大」とか評されるのです。もう一つは高級ソープ店の数。「吉原ソープ」は高級店の数が非常に多いです。しかし、「金津園ソープ」は高級店の数が少なく、一方で格安店の数が非常に多いです。最後の相違点は女の子の容姿レベルです。「金津園ソープ」は「吉原ソープ」と比べて、どうしても女の子の容姿レベルが劣ってしまうと言えます。なぜならば、先に説明した通り、「金津園ソープ」は高級店が少なく格安店が多いので、女の子のレベルは必然的に高級店が多い「吉原ソープ」に劣ってしまう、と言えるからです。ただし逆説的に考えれば、「金津園ソープ」は格安店が多いからこそ、高いコスパでソープサービスを提供してもらうことができると言えます。ですから、「金津園ソープ」では、男性客はコスパやサービスの質を重視した方が満足度が高まると言えるでしょう。

金津園ソープランドの歴史

「金津園ソープ」は、[遊郭→赤線→トルコ風呂→ソープランド]という流れで発展していますから、ソープエリアとしてはいわゆる王道の道を歩んでいると言えます。先にも触れましたが、「金津園ソープ」のお店の多くは敷地の面積が「63坪」です。この敷地面積の理由は、「金津園ソープ」の歴史を紐解くことではっきりします。そして、「金津園ソープ」が日本三大ソープとしての地位を確立した背景には、実は「震災」「戦争」などの人類が幾度となく経験してきたような「悲劇」が大きく影響しています。ソープランドの繁栄に歴史あり、すべてのことには理由あり、ってわけですね。「金津園ソープ」の歴史は非常に興味深くて面白いですよ。

「金津遊郭」の設置

「金津園ソープ」は、明治時代の1888年の「金津遊郭」から始まったとされていますが、「金津遊郭」ができる前から金津園エリアは売春が当たり前のように行われていました。例えば、旅籠屋と言われる宿屋が抱える娼妓(しょうぎ、特定の地域で売春を許可された女性のこと)・一部の芸妓(げいぎ、宴席などで客をもてなす女性のことで、舞踊や演奏などの芸ができる)・飯盛女(めしもりおんな、宿でセックスのサービスを提供する女性従業員のこと)や、美江寺大門前の妓楼(ぎろう)が抱える遊女によって、セックスのサービスの提供は行われていたのです。しかしながら、明治5年に布告された「芸娼妓解放令」によって、娼妓・芸妓・飯盛女・遊女などの、売春をしていた女性たちを解放する動きが起こり始めました。「芸娼妓解放令」は、「マリア・ルス号事件」に端を発します。「マリア・ルス号事件」とは、明治5年に横浜港に停泊していたマリア・ルス号というペルー船籍の船で奴隷として働かされていた中国人を日本政府が解放した事件です。マリア・ルス号から逃げ出した一部の奴隷中国人が、近くにいたイギリス軍艦に助けを求めたことで、「人権問題」が世界的に大きく取り上げられることとなったのです。この「人権問題」が、娼妓・芸妓・飯盛女・遊女などの売春婦にも波及したというわけです。結果的に、売春婦を抱えていた宿屋や妓楼は廃業や転業を余儀なくされ、一時的に「金津園エリア」での売春が難しくなりました。当時、遊郭が一つもなかった岐阜エリアにて、明治15年に芸妓の開業が許可されることとなります。ただし、「芸妓」とはあくまでも芸を売ってお金を稼ぐ職業であり、「芸妓」が体を売ることは一般的ではありません。(とはいえ、一部の「芸妓」によって売春が行われていたことも事実です。)そして当時は、他エリアにて「遊郭」が設置されていた流れもあって(政府は東京・愛知・三重などのエリアで「遊郭」の設置を許可していた)、岐阜エリアにおいても「遊郭」の必要性がたびたび議論されるようになり、遊郭設置運動に発展しました。そういうわけで、ついに岐阜エリアにおいても「金津遊郭」が設置される運びとなったのです。実は、ちょうどその頃「市制・町村制」が政府によって交付されており、多くの地方で市町村の区画整理が行われていました。当然、岐阜エリアも例外ではなく、当時「岐阜町」だった当エリアは、「岐阜市」に市制移行するためにも多額のお金が必要だったこともあり、そのことが「金津遊郭」の設置に拍車をかけたようです。

「金津遊郭」の繁栄

1888年に設置された「金津遊郭」は、現在の「金津園ソープ」の場所にはなく、かつて存在した上加納村(かみかのうむら)という、町から外れた田園の中の一画にありました。そのため、アクセスの悪い場所にあった「金津遊郭」は、時間が経つにつれて客入りが悪くなっていきました。そんな中、1891年の濃尾大震災が起こります。濃尾大震災の復興のため、多くの労働者や職人たちが岐阜市内に流入することとなり、結果的に多くの男たちが「金津遊郭」に通うようになり、「金津遊郭」は全盛期を迎えることとなりました。もしかしたら、震災がなかったら「金津遊郭」は繁盛することなくその歴史に幕を閉じ、現在のような「金津園ソープ」も存在していないかもしれませんね。その後も「金津遊郭」は、東海道本線車中の口コミによる宣伝が功を奏し、県外からの集客を成功させて繁盛していきました。特に、「金津遊郭」にあった「浅野屋」という遊女屋は、在籍女性のレベルが高く「日本一の遊女屋」としてもてはやされたそうです。つまり、明治時代末期頃から、「金津」という言葉が全国的に有名だったことをうかがい知ることができます。「金津遊郭」の最盛期は、昭和初期であり、廊内には妓楼が50軒近く、他に飲食店、居酒屋、遊技場などがたくさん軒を並べました。その後、日本は太平洋戦争に突入し、「金津遊郭」がある土地に軍需工場を建設することとなり、「金津遊郭」は岐阜市東中島あたりに移転させられることになりました。

「金津園ソープ」の始まり

昭和25年(1950年)に「金津遊郭」は加納水野町(現在の「金津園ソープ」がある場所で、当時の国鉄岐阜駅南口の紡績工場跡地)に移転し、その頃から「金津園」と呼ばれるようになります。名称において「遊郭」と呼ばれなくなったのは、終戦後に公娼制度(特定の売春を認めること)が廃止され、「娼妓」という肩書きがなくなり、かつて「娼妓」だった女性は「女中」と呼ばれるようになったことが背景としてあるでしょう。つまり、売春自体が公に認められ難いものとなったことで、売春に関わる言葉の変革を迫られるようになったわけです。「金津園」は加納水野町にて、売春防止法(1958年)が施行されるまで営業を続けます。この昭和25年の「金津遊郭」の移転は、2つの点で「金津園ソープ」の始まりと言っていいでしょう。一つは、先に説明した通り、名前が「金津園」になったこと。もう一つは、現在の「金津園ソープ」において、各店舗の敷地面積が決まるきっかけとなったこと。実は、現在の「金津園ソープ」の各店舗の敷地面積はほぼ同じで、ソープ店1軒あたり63坪なのです。というのも、1950年の「金津遊郭」の移転に際し、当時60店舗ほどあったお店は、場所取りに際に公平を期すために「くじ引き」で行われ、かつどの店舗も平等に「63坪」の面積の土地が与えられたそうです。その名残が現在の「金津園ソープ」に残っているから、多くのソープ店の土地面積がほぼ同じ、というわけなんですね。第二次世界大戦後、「金津園」エリアは赤線地帯(公に売春が認められていた地域)となり、やがてトルコ風呂(ソープランドの前身)ブームが来て、巨大なソープ街へと発展したのです。

金津園ソープランドのオススメポイント

【メリット①】格安店が充実している「金津園ソープ」はコスパが高い!

「金津園ソープ」において大半が格安店ですから、男性客は非常にコスパ良く遊べるでしょう。「金津園ソープ」の格安店では、プレイ時間にして40分~70分に設定しており、価格は10,000円以下から2万円台が主流となります。となると、「金津園ソープ」の価格は、デリヘルの基本料金とホテル代を合わせた総額と比べるとそこまで差がない、と言えますね。

【メリット②】「金津園ソープ」は「NS」できるお店が充実している!

「金津園ソープ」には、「NS」ができるお店が数多くあります。しかも特筆すべきは、格安店であっても「金津園ソープ」では「NS」ができるお店が複数あるということ!例えば、「吉原ソープ」では「NS」ができるのは高級店であることが一般的です。さらに詳しく言えば、吉原の「大衆店」では一部の女性キャストが「NS」可で、「格安店」になるとほぼどのお店も「ゴム着」が基本となります。しかしながら、「金津園ソープ」では「NS」可と「ゴム着」必須の女性キャストが混在する格安店がいくつかあり、格安店であっても女性キャストによっては「NS」プレイが可能となるのです!もちろん、「金津園ソープ」は「大衆店」や「高級店」のようにプレイ料金が上がるにつれて「NS」プレイの可能率が上がります。総じて、「金津園ソープ」はコスパが高いにもかかわらず「NS」ができるソープエリアと言えるわけです。

【メリット③】「金津園ソープ」ではかつての吉原人気嬢と出会える可能性も高い!

「金津園ソープ」ではかつて「吉原ソープ」で人気を得ていたソープ嬢と出会えることも珍しくありません。吉原も金津園も日本三大ソープとして名高いです。ソープ嬢側から話をすれば、競争率が高いのは女の子のレベルも高くソープ店の数も多い「吉原」であることは間違いありません。一般論として、ソープ嬢の誰もが同じ店や同じソープエリアでの在籍期間が長くなればなるほど、人気が下降していく傾向にあります。そこで、人気を得にくくなったソープ嬢の一部は、再び人気を得ようと店を変えたり、他のソープエリアに移動したりします。特に人気を得にくくなった「吉原」のソープ嬢は、次なる新天地として「金津園」を選ぶことは珍しくないのです。というのも、「金津園ソープ」は「吉原ソープ」と同じく、「日本三大ソープ」の一つでありますから。やはり「吉原」で働いていたことを誇りとするソープ嬢は、次に働く新天地においても「名高さ」や「知名度」を重視する傾向にあります。「吉原」のソープ嬢が、名もなき地方のソープエリアに移動することは都落ちを意味し、自身のやる気やテンションが上がりにくいのです。そういう点で、全国的に有名な「金津園ソープ」は、吉原ソープ嬢が次なる新天地として選ぶのに非常に適しています。結果、男性客が「金津園ソープ」を利用する際に、元「吉原ソープ嬢」に出会うことはそう珍しくないでしょう。当然のことながら、「吉原」で働いていたソープ嬢は、テクニックも技術も経験もありますから、「金津園」のソープ店において重宝される存在となり、時に講師として新人嬢に講習を施すこともあるでしょう。そうして、「金津園」のソープ店であっても「吉原ソープ」の技術が広まり、サービスの質が向上することでしょう。私たち男性客は、「金津園」のソープ店でありながら、日本一とも言われる吉原ソープのサービスを楽しめるというわけです。

【メリット④】「金津園ソープ」は協会や組合に所属しているお店が多いので安心して遊べる!

各エリアのソープランド店の多くは、地域全体のソープランド運営を統括する「協会」や「組合」に所属することが一般的です。現代は、コンプライアンスの順守や反社会的勢力の排除が当たり前となっており、その流れはソープ業界においても例外ではありません。現代でソープ店が営業していくためには「健全であること」は不可欠です。では、ソープ店が「健全であること」を証明するにはどうすればいいのでしょう?それは、地域全体のソープランド運営を統括する「協会」や「組合」に所属する事なのです。今ではこの「協会」や「組合」に所属していないソープ店はほぼいないと考えていいでしょう。そして岐阜県においても「協会」や「組合」は存在します。例えば、「岐阜特殊浴場協会」「全日本特殊浴場協会連合会岐阜支部」「岐阜特殊浴場防犯組合」「金津園特殊浴場組合(KTY組合)」などです。「金津園ソープ」のほとんどのお店は、これらの「協会」や「組合」に所属しており、つまりは、「金津園ソープ」のほとんどのお店は健全営業であると考えていいでしょう。ですから、男性客のみなさんも「金津園ソープ」を安心して利用できるというわけなのです。

【メリット⑤】「金津園ソープ」はお店によって敷地面積の格差(狭いだの広いだの)がない!

先に説明した通り、「金津園ソープ」のお店のほとんどは、一律に「63坪」の敷地面積を有していますから、お店によって「狭いとか広いとか」の差がありません。(一方で、敷地面積が平等に決められることがなかった吉原ソープでは、お店によって狭いだの広いだのという差は出てくるでしょう。)つまり、「金津園ソープ」では、敷地面積に影響することなく、どこの店であっても等しく客はくつろげるというわけです。また、比較的「63坪」は広い面積と言えるので、多くの「金津園ソープ」のお店は駐車場を持っていることが多く、客は車での来店が可能です。かつ、多くのソープ店が送迎車を持っていることも多く、客の送迎を可能とします。まとめれば、「金津園ソープ」では「店によって狭くて過ごしづらい!」という可能性が低いので、男性客は店の大きさではなく、あくまでも「サービスの質」や「女の子の質」において、ソープ店を比較すればいい、ってことなんですね。

金津園ソープ嬢の特徴

岐阜県は、日本全体を見た時に中央に位置しますので、東西の文化を柔軟に取り入れながら、岐阜エリア独自の文化に育て上げている県と言えます。そのため、岐阜県の県民性として、偏りのない平均的な考えを持ち、柔軟性に富む人が多いことが挙げられます。時に、岐阜県民は排他的な一面を持ちますが、もともと大らかで細かいことをあまり気にしない性格も持ち合わせていますので、親しくなった相手に対しては過ごしやすさを覚えるでしょう。金津園ソープで言えば、「偏りのない平均的な考えを持ち、柔軟性に富む」嬢が多いことを考えた際、金津園ソープ嬢は男性客のタイプや性格に関わらず柔軟に接客をしてくれると言えますので、多くの男性客はソーププレイにて高い満足感を得る可能性が高まるでしょう。また、金津園ソープ嬢はかつて吉原で働いていたソープ嬢から技術面においていろいろと学び、柔軟性を持って自身のプレイに活かそうとするでしょう。結果、金津園ソープ嬢のプレイは、オリジナル性を持ちながらも、吉原ソープのテクや経験が織り込まれているので、非常に高い質のサービスであると言えるでしょう。

金津園ソープランドの注意点

【注意点①】「金津園ソープ」では適用してもらえる割引サービスをチェックしておこう!

「金津園ソープ」は、様々な種類の割引サービスを行っています。例えば、「(リピーター向けの)会員割引」「イベント割引」「客の誕生月割引」など様々です。そのため、男性客が「金津園ソープ」を利用する際は、利用するソープ店がどういう割引を行っているかしっかりと調べて利用しなければ損してしまいます。一般的にソープランドの割引サービスとは(ホームページで公にしているイベント割引を除いて)、店員側から男性客に対して丁寧に明示してくれるものではなく、あくまでも男性客が自発的に割引サービスの適用を申し出る必要があります。

【注意点②】「金津園ソープ」では基本のプレイ時間よりも短いコースを選ばない方がいい!

また、プレイ時間について一つ注意点を説明しておきます。一般的にソープランドのプレイ時間はお店の料金ランクによって変わってきます。基本となるソープ店のプレイ時間は、高級店ならば120分、大衆店ならば90分、格安店ならば45分~60分です。ここで男性客が気にすべきことは、ソープランド店が基本とするプレイ時間よりも短めのコースを選ぶと、女の子の士気(やる気)が下がることがある、といいうことです。例えば、大衆店は90分コースが基本のプレイ時間となりますが、男性客が60分のショートコースを選択してしまうと、女の子のプレイが雑になったり、いい加減になったりすることも少なくないのです。ですから、男性客が満足度高いサービスを提供してもらいたいと考えるならば、各料金ランクのソープ店が基本とするプレイ時間のコースを選択すべきだと言えます。逆に、各料金ランクのソープ店が基本とするプレイ時間のコースよりも長くすることは、女の子がとても喜んでくれるので、男性客は積極的にプレイ時間を延長したり、複数枠を取ってあげたりするといいでしょう。その分、女の子が熱や情や丁寧さを持って手厚いサービスを提供してくれるはずです。

【注意点③】「金津園ソープ」は2輪車・3輪車の複数プレイに対応するお店が少ない!

ソープランドと言えば、男性客が憧れる複数プレイ、つまりは「2輪車」や「3輪車」が特徴的です。「2輪車」はソープ嬢2人、「3輪車」はソープ嬢3人が同時に男性客一人にサービスをします。もちろん、「2輪車」や「3輪車」は女の子の数が多い分サービス料金が割高になりますが、男性ならば一度は受けてみたいサービスであると言えます。しかしながら、残念なことに「金津園ソープ」は2輪車・3輪車のサービスを提供していないお店が多いのです。「金津園ソープ」では、2輪車・3輪車を提供しているお店は一部に限られます。ですから、もし2輪車・3輪車を希望するならば、事前にサービスに対応しているソープ店を確認しておくことが必要です。

金津園ソープランドのアクセス

「金津園ソープ」のアクセスは、とっても簡単で楽です。JR岐阜駅の中央南口に出て、「加納水野町1」の交差点に向かって直進すれば10分ほどで「金津園ソープ」に到着します。ちなみに、「JR名古屋駅」から「岐阜駅」までは、「JR名古屋駅」で下車して、JR東海道本線下り「大垣・米原方面」に乗り換えて、20分ほどで「岐阜駅」に到着します。徒歩でもわずかな時間で目的のソープ店に到着しますが、「金津園ソープ」の多くのお店は送迎車を出していますから、事前に送迎車の手配をお店に申し出ることも可能です。ソープ店から送迎車を出してもらう際は、送迎車の停車位置の確認をしておきましょう。また、「金津園ソープ」の全てのお店は「加納水野町」というエリア中のとある一画に集中していますから、ソープ店によって場所が遠く離れているということはなく、男性客は比較的簡単に目的のお店へと到着することができるでしょう。

金津園ソープランドの楽しみ方

「金津園ソープ」の一番の楽しみ方は、「格安店」でコスパよく遊ぶことだと言えます。「金津園ソープ」において半数以上を占める「格安店」は、ジャンルが豊富で選択肢も広く、どんなタイプの男性でも必ずお気に入りのお店が見つかるはずです。ただし、女性の容姿を重要視する男性は、大衆店(中級店)~高級店を選択した方が無難です。やはり「格安店」は、女性の容姿に対して厳しい採用をしているとは言えませんから。また、ソープファンから言わせると、「金津園ソープ」のサービスは濃厚で、時にハードな内容のサービスを提供してくれるそうです。そして、何と言っても、「金津園ソープ」の素晴らしさとは、「NS」可能なお店や嬢が多いこと!特に「格安店」であっても、嬢によっては「NS」が可能であることは珍しくないのです!ですから、「NS」好きな男性客にとっては、コスパよくNSができる「金津園ソープ」は最高のソープエリアだと言えるでしょう。ただし、一度でも吉原の高級ソープを経験した方が「金津園ソープ」を利用する際は少し注意が必要です。吉原の高級ソープはとにかく女の子の容姿レベルが高いです。ですが、「金津園ソープ」に対して吉原の高級ソープのような高い期待を抱くことは避けたほうがいいです。正直に言って、「金津園ソープ」は「吉原ソープ」よりも、女の子の容姿に甘いところがあります。ですから、「金津園ソープ」では女の子の容姿よりも「コスパ」や「サービスの質」を重視した方が顧客満足度は高まると言えます。「吉原ソープ」よりも敷居が高くなく気軽に利用できることが「金津園ソープ」の魅力でありますから、男性客の皆様は変に気負いすることなく「金津園ソープ」に足を運んでみてくださいませ!