熊本のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

熊本×ソープ店舗一覧

エリア検索
熊本全て
ジャンル検索
指定なし

30分9,000円

9:00〜LAST

熊本市・中央街

激安ソープ

熊本市ソープランド「チェリー」。熊本市のチェリーは、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「096-324-2272」までお願いします。

50分19,000円

6:00〜24:00

熊本市・中央街

大衆ソープ

中央区ソープランド「ViVa!SaVoN(ビバ!サボン)」。中央区のViVa!SaVoN(ビバ!サボン)は、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「096-312-4008」までお願いします。

60分32,000円

12:00~LAST

熊本市・中央街

高級ソープ

熊本ソープランド「RAO(らおう)」は現役AV女優、グラビアアイドルなどが多数在籍しているソープランドです。東京から随時女のコが来るのでホームページは常に要チェックです。殆どが現役でAV、モデル、タレント等の活動をしている為、諸事情の都合によりホームページ上では顔出しNGの女のコもおりますがお店では確認できます。

プレイガール(中央街)

35分/10,000円~

8:00~24:00

熊本市・中央街

ハッピー2

30分/10,500円〜

8:00〜24:00

熊本市・中央街

おねだり本店 熊本

40分/17,000円~

6:00~24:00

熊本市・中央街

天然娘(中央街)

40分/18,000円〜

10:00〜22:00

熊本市・中央街

エアポート別館

60分/27,000円〜

9:00〜24:00

熊本市・中央街

ドレスデン

40分/15,000円〜

9:30〜24:00

熊本市・中央街

SUZUME

60分/総額15,000円〜

10:00〜24:00

熊本市・中央街

ドMなバニーちゃん熊本店

45分/16,000円〜

9:00~24:00

熊本市・中央街

CLUB GOLD

50分/20,000円~

10:00~24:00

熊本市・中央街

Red Sparrow(レッドスパロゥ)

60分/15,000円~

10:00~24:00

熊本市・中央街

シャングリラ(中央街)

45分/15,000円〜

14:00〜24:00

熊本市・中央街

サンシャイン

60分/総額20,000円~

9:00~24:00(電話受付8:00~)

熊本市・中央街

LOVE AROMA

40分/21,000円~

10:00~24:00(日祝 9:00~)

熊本市・中央街

アラジン(中央街)

60分/入浴料10,000円+サービス料〜

13:00〜ラスト

熊本市・中央街

RAO学園(ラオウ学園)

60分/31,000円~

12:00~24:00(受付11:00~)、土日祝9:00~24:00(受付8:00~)

熊本市・中央街

Bunny Place

40分/19,000円~

10:00~24:00

熊本市・中央街

シリウス

40分/17,000円~

8:00~ラスト

熊本市・中央街

麗嬢(れいじょう)

60分/27,000円〜

12:00~24:00(受付10:30~)、日祝11:00~24:00(受付9:30~)

熊本市・中央街

小梅クラブ

50分/20,000円~

10:00~24:00

熊本市・中央街

エレガンス(中央街)

50分/20,000円~

10:00~24:00

熊本市・中央街

メンバーズ エンゼル

70分/24,000円~

9:00~24:00

熊本市・中央街

Picasso(ピカソ)

70分/入浴料7,000円+サービス料〜

8:00〜ラスト

熊本市・中央街

-NEO-皇帝別館

60分/30,000円~

10:00~24:00

熊本市・中央街

エトワール

40分/入浴料6,000円+サービス料〜

10:00〜ラスト

熊本市・中央街

Apricot House

40分/15,000円~

12:00~ラスト

熊本市・中央街

ブルーシャトー

90分/46,000円

12:00~24:00(電話受付11:30〜)

熊本市・中央街

フローラル(中央街)

30分/10,500円〜

9:00〜24:00

熊本市・中央街

熊本FINAL STAGE

40分/総額10,000円~

6:00〜24:00前

熊本市・中央街

SUPER JOY(スーパージョイ)

60分/24,000円〜

9:00~ラスト

熊本市・中央街

おねだり萌えっ娘(中央街)

40分/17,000円~

6:00~24:00

熊本市・中央街

エアポート本館

60分/27,000円~

月~土12:00〜24:00(受付10:30~)、日祝 11:00~(受付9:30~)

熊本市・中央街

熊本ソープランド事情

熊本ソープエリア(風俗街)の特徴

熊本ソープは、歴史的建造物の熊本城がある「熊本市中央区中央街」にあります。熊本の「中央街」は、博多の「中洲」エリアとならんで、九州の二大ソープエリアとして広く認識されています。「中央街」にある「熊本ソープ」は、市街地のど真ん中にあるというのに、ソープ店は人目を気にすることなく、存在感ありありの派手で大きな外観の建物を構えていることが多いです。ただし、ソープ店は中央街の一画に集まっていて、その付近はもともと人が少ないです。また、「中央街」はソープ店だけでなく、イメクラ、ファッションヘルス、ランジェリーパブ、キャバクラなどの他風俗業種も集まっています。ですから、熊本で風俗を楽しむならば、とりあえず「中央街」に行けばいい!ってことですね。「中央街」には、飲食店も多いのでグルメも楽しめれば、大手ホテルやビジネスホテルもあって宿泊も問題ありません。そのため、「中央街」は観光旅行にも風俗旅行にも向いているエリアだと言えます。

熊本ソープランドの歴史

「熊本ソープ」は、「二本木遊郭」という九州を代表する遊郭がありましたが、その遊郭があった場所とは別の場所(現在の中央街)で風俗文化が花開きました。多くの風俗エリアは、遊郭の跡地が風俗街化することが一般的なのですが、「熊本ソープ」は王道の道とは少し異なる道を歩み、巨大ソープ街を形成したのであります。ではなぜ「熊本ソープ」は遊郭を起点にソープ街を形成しなかったのでしょうか?その背景には「遊郭の遊女たちが自由を求めてストライキ運動を起こした」という歴史的出来事があるのです。

熊本遊郭の歴史

「熊本ソープ」の歴史を語る上で、熊本にかつてあった「遊郭」を外すことはできません。というのも、かつて熊本には九州エリア最大とも言われる遊郭「二本木遊郭」があったからです。「二本木」は、現在の熊本市西区の地名としてもいまだに残るエリアです。現在、熊本のソープ店は「熊本市中央区中央街」に集中していますから、「二本木」は熊本ソープと一見関わり合いがないように思うでしょう。ですが、「二本木遊郭」が熊本の性風俗文化の根幹を作ったことを考えれば、「二本木遊郭」が「熊本ソープ」に与えて影響は計り知れないでしょう。「二本木遊郭」は明治時代から昭和初期にかけて栄えた、西日本有数の遊郭でありました。(ただし厳密に言えば、江戸時代に「柳堀遊郭」が現在の熊本市南区川尻エリアにすでに存在しておりました。)もともと「二本木遊郭」は、現在で言う「熊本市中央区京町」付近にありました。ですが、明治10年に起きた「西南戦争」によって京町一帯が焼け野原となり、「遊郭」は京町エリアから二本木エリアに移転を余儀なくされ、そこから「二本木遊郭」の歴史は始まったのです。「二本木遊郭」の中で最も有名だったのは、「東雲楼(しののめろう)」という遊郭楼でありました。「東雲楼」は、敷地面積が数千坪に及び、3階建ての本館と25棟の別館を備えていたそうです。九州最大の規模を誇った「二本木遊郭」は、昭和5年には「総軒数73軒」「娼妓660人」の規模であったと記されています。ですが、明治33年に栄華を極めた「二本木遊郭」に追い風となる出来事が起きます。それは娼妓によるストライキです。この娼妓によるストライキは明治5年に出された「芸娼妓解放令」に端を発します。「娼妓」とはいわゆる人身売買によって成立する売春婦であり、自由が制限され、労働環境も劣悪でした。そんな中、キリスト教の宣教師たちが娼妓たちに自分の借金を帳消しにするために裁判を起こすことを教えまわったのです。そして、一部の娼妓たちが現在の花岡山に立てこもりストライキを起こすのです。(このストライキは、「東雲楼 女の乱」という映画にもなっています。)そのストライキをきっかけに、娼妓たちはある程度の自由を得られたり、教育の機会を与えられたりなどしますが、「二本木遊郭」は少しずつ勢いを失っていくことになります。そして、昭和31年に施行された「売春防止法」によって、廃業する遊郭が急増し、ついには昭和33年に二本木貸席組合が解散式を行い「二本木遊郭」はその歴史に幕を閉じます。2009年にはアパートとして使われていた遊郭の「日本亭」が取り壊され、遊郭の建物は全てこの世から姿を消したのであります。

熊本ソープが有名になるまで

さて、熊本市西区で「二本木遊郭」が栄えた一方で、現在「熊本ソープ」が栄える熊本市中央区中央街にも、後の巨大ソープ街へと発展していく種が大正時代に蒔かれたのであります。その種とは「特殊飲食店街(通称「特飲街」)」であります。「特殊飲食店街」とは、いわゆる売春宿でのことであり、売春婦は酌婦や女給という飲食店従業員の恰好をさせられ、あくまでも「飲食店」という装いを偽装したものでした。熊本市中央区中央街付近は、戦時中になると九州における重要軍事都市として栄えていき、同時に売春エリアとしても発展していったのです。この流れは、風俗エリア王道の歴史と言っていいでしょう。兵士が集まるところに、男たちを癒す「売春婦」は集まります。そして戦後になると、この「特殊飲食店街」エリアは区画整理のため「熊本市中央区中央街」という名称に改められ、その後「風俗街」へと発展していくことになります。ここで他のソープエリアの成り立ちを見た時、一般的な流れは「遊郭→赤線(青線)→トルコ風呂→ソープ地帯」なのですが、熊本の場合は遊郭が栄えたエリア(熊本市西区)と赤線・青線(熊本市中央区)が栄えたエリアが異なるというわけです。つまり、現在の「熊本ソープ」の中心となるエリアは「赤線・青線」が基盤となって発展していったのであります。では、なぜ「二本木遊郭」があった熊本市西区では、現在に繋がる風俗街を形成しなかったのでしょう?それはやはり遊女たちのストライキがあったからでしょう。遊女たちがストライキを起こしたことによって、世間は改めて「人身売買」の問題を見つめ直すことになりました。そのような問題を世間に突き付けた「熊本市西区」が風俗街へと発展するのは難しかったであろうことは容易に想像つきます。では話を進めます。「熊本ソープ」が全国的に有名になったのは、昭和49年に創業されたかの有名な「ブルーシャトウ」というソープランド店(創業当時はトルコ風呂店として)です。「ブルーシャトウ」は日本三大ソープ店として全国的に有名なお店であります。熊本ソープがここまで全国的に有名になったのは、「ブルーシャトウ」の認知度が多大に貢献していることは言うまでもありません。ではなぜ「ブルーシャトウ」は全国的な認知度を獲得するに至ったのでしょうか?それには理由が二つあります。一つは、「ブルーシャトウ」が当時では珍しい「NN・NS」店だったこと。もう一つは、当時では珍しい、利用客を会員に限定した「高級会員制クラブ」であったこと。当時のトルコ風呂店とは一線を画す営業方針によって、「ブルーシャトウ」は高級ソープ店としての独自的なブランドを確立するに至ったのです。また、あえて会員制にして利用客を限定したことで、「ブルーシャトウ」は体験した者にしか分からないベールに包まれたソープ店として噂が噂を呼び、逆に集客に繋がったという背景もあるでしょう。(つまりは「怖いもの見たさ」「未知に対する好奇心」といったところでしょうか。)そして今でも「ブルーシャトウ」は健在であり、日本三大ソープ店の地位を守り続けています。つまり、「ブルーシャトウ」が輝き続ける限り、熊本ソープは永久に不滅なのであります。

熊本ソープランドのオススメポイント

【メリット①】「熊本ソープ」は格安店と大衆店が充実している!

「熊本ソープ」には、プレイ時間が30分以内であれば15,000円以内で楽しめる「激安店」と、プレイ時間が40分~60分で料金が25,000円以下の「格安店」と、プレイ時間が60分で料金が25,000円~3万円台の「大衆店」と、プレイ時間が90分で4万円台の「中級店」の4つの価格帯ランクがあります。「熊本ソープ」に「高級店」はありません。そして、「熊本ソープ」は、店舗数の多さから主に「格安店」と「大衆店」で構成されていると言えます。ですから、「熊本ソープ」は非常にコスパ良く利用できると言えます。女性に高い容姿レベルを求める方なら「大衆店」をお勧めしますが、「大衆店」であっても2万円台後半でほとんどのお店が利用できるほどにコスパがいいです。

【メリット②】俗にいう「熊本流」は熊本ソープで「NN」「NS」ができることだ!

「熊本ソープ」において、「熊本流」という隠語があります。「熊本流」とは、一般的なソープ用語でいう「NN」「NS」に当たります。「熊本ソープ」に「熊本流」という独自の言葉が存在しているということは、熊本では「NN」「NS」をすることは難しくないと考えていいでしょう。「熊本ソープ」では、店舗ホームページにて、「NN」「NS」が可能な嬢の場合、「熊本流」「NS」などという単語が表記されていることが多く、非常に分かりやすい仕様となっています。とは言え、「NN」「NS」ができるお店もあれば、「コンドーム着必須」のお店もありますので注意してください。熊本ソープの場合、「NN」「NS」が可能であることが比較的分かりやすいということであり、必ず「NN」「NS」ができるというわけではありません。一般論として、プレイ料金が安くなるにつれて「NN」「NS」の可能率は下がり、プレイ料金が高くなるにつれて「NN」「NS」の可能率は上がります。「NN」「NS」の可否については、予約時にスタッフに電話で直接確認しておいた方が無難です。

【メリット③】特に熊本ソープ初心者を助けてくれる大手ソープグループが熊本にある!

「熊本ソープ」には良く知られた大手のソープグループがあります。そのグループは「エアポートグループ」です。「エアポートグループ」は熊本県内にて多くのソープ店を営業しており、サービスの質は確かです。先ほど紹介して「熊本流」という言葉は、「エアポートグループ」が確立したと言っても過言ではないでしょう。もしも、経験も知識もない「熊本ソープ初心者」がどこのソープ店に行こうか悩んでいるのであれば、迷わず「エアポートグループ」が経営するソープ店に行けばいいでしょう。必ずしや満足できることでしょう。

熊本ソープ嬢の特徴

熊本県民の性格を一言で表す言葉、それが「肥後もっこす」です。「肥後もっこす」とは、自分が正しいと思って相手に対して絶対的に反論するような、頑固で強情な性格のことを言います。この性格はまさに感情的で短気的な「九州男児」そのものを表しています。実は、熊本女性においても強情で頑固な性格の人が多いと言われています。「強情で頑固」という性格は、周りの人からしたらあまり聞こえがいいとは言えません。ですが「強情で頑固」な性格は、「熊本ソープ」においていいメリットを生み出すと言えます。「強情で頑固」な人とは、裏を返すと「自分の意見や信念をしっかりと持っていて、つまりは自分の世界観がある」人であると言えます。ですから、「熊本ソープ」で働く女性は、各個人の個性が強く、自分なりの世界観の中で男性客を楽しませることに長けていると言えます。「熊本ソープ」では、嬢の個性がはっきりしているため、男性客は嬢によってまた違う新しい楽しみを得られるわけです。つまり、「熊本ソープ」では、お店全体のコンセプトを楽しむというより、嬢一人一人の個性や人柄を重点において楽しむことができるのです。ですから、「熊本ソープ」は何度利用しても飽きることがありません。

熊本ソープランドの楽しみ方と注意点

「熊本ソープ」では、「NN」「NS」が楽しみたい人におススメのソープエリアです。俗にいう「熊本流」はきっとNN・NS好きな男性を満足させてくれるはずです。(コンドーム着用店がいいという方は、熊本ではなく中洲ソープを利用した方がいいでしょう。)また「熊本ソープ」では、ソープサービスの質の高さを楽しんでください。きっと「熊本ソープ」のサービスの高さは、あなたに高い満足感を与えてくれることでしょう。ではなぜ「熊本ソープ」のサービスの質が高いと言えるのか?それはやはり、日本三大ソープ店に数えられる「ブルーシャトウ」があるからです。「ブルーシャトウ」のおかげで「熊本ソープ」が全国的に注目を浴びたのです。結果的に、全国から多くの客が来るようになった「熊本ソープ」は、全体的にサービスの質を上げることを余儀なくされました。ですから、たとえ格安店であっても高いレベルのサービスを期待していいのです。「熊本ソープ」にて一つ注意すべきことは、日本三大ソープ店に数えられる「ブルーシャトウ」は会員制であることを忘れないようにしてください。会員制の「ブルーシャトウ」は、原則として会員でないと予約ができません。新規客が「ブルーシャトウ」で遊ぶには、当日の会員電話予約が終了した後に、空き枠があれば新規客でも遊ぶことができるそうです。一度「ブルーシャトウ」で遊んだことがある方は晴れて「会員」となれますので、その後は電話で予約することが可能です。言い忘れました。「熊本ソープ」を利用の際は、ぜひとも同時に熊本観光も楽しんでください。熊本ソープがある中央区には、「熊本城」もあれば、熊本県最大のショッピングアーケードの「下通アーケード」もあります。熊本ソープを最大限楽しむには、観光要素も入れて日程を組むことが大切ですよ!