沖縄のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

沖縄×ソープ店舗一覧

エリア検索
沖縄全て
ジャンル検索
指定なし

45分17,000円

9:00~24:00

那覇

大衆ソープ

超有名女優在籍!?プロポーション オキナワ 【大好評営業中】有名!?グループ展開店舗!! 『クラージュ』2号店『プロポーション オキナワ』新規オープン!!厳選された女の子たちを揃え、貴方をお待ちしております!!

70分20,000円

11:00~24:00

那覇

高級ソープ

那覇市ソープランド「New Excellent Club」。那覇市のNew Excellent Clubは、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「098-988-0386 」までお願いします。

30分8,000円

9:00〜24:00

那覇

激安ソープ

島娘。は、綺麗でスタイルのいい厳選された女性を集めたソープランドです。ルックス・スタイル・サービスにとことんこだわって厳選された女の子たちがあなたをお待ちしております。お客様には至福のひとときをお約束!

桜 (SAKURA)

50分/17,000円~

6:00~24:00

那覇

CURE (キュア)

30分/8,400円~

9:00~24:00

那覇

Amazing~アメージング~

50分/17,000円〜

6:00〜24:00

那覇

煌輝‐キラメキ‐

50分/15,000円〜

9:00〜ラスト

那覇

E-girls沖縄

40分/15,000円~

6:00~24:00

那覇

翼-TSUBASA-

50分/17,000円~

10:00~24:00

那覇

Dearest(ディアレスト)

20分/3,150円~

9:00~24:00

那覇

PREMIUM CLUB

60分/20,000円~

8:00~24:00

那覇

バッドガールズ(辻)

40分/14,000円〜

10:00〜24:00

那覇

Gallery(ギャラリー)

50分/総額18,000円〜

8:00〜24:00

那覇

Sナース女学園

40分/15,000円~

8:00~24:00

那覇

PRESIDENT~プレジデント~(那覇)

50分/18,000円~

9:00~ラスト

那覇

伯蝶乃湖(はくちょうのみずうみ)

50分/16,000円〜

9:00〜24:00

那覇

サザンクロス

30分/8,000円〜

6:00〜ラスト

那覇

波の上総合ヌキニック

30分/6,000円~

12:00~24:00

那覇

ひめ屋

50分/16,000円〜

9:00〜24:00

那覇

辻Opera~オペラ~

50分/16,000円~

10:00〜24:00

那覇

クイーンアリス

50分/16,000円〜

6:00〜24:00

那覇

Secret

50分/16,000円~

6:00~24:00

那覇

Chapel(チャペル)

50分/15,000円〜

5:00〜ラスト

那覇

ALLURE (アリュール)

50分/17,000円~

10:00~24:00

那覇

The Sexyy(ザ・セクシー)

50分/17,000円~

9:00~24:00

那覇

百楽門(ひゃくらくもん)

50分/16,000円〜

10:00〜ラスト

那覇

PRIME

50分/総額17,000円~

8:00~ラスト

那覇

New Annex(ニューアネックス)

60分/21,000円~

8:00~24:00

那覇

沖縄ソープランド事情

沖縄ソープエリア(風俗街)の特徴

「沖縄」のソープ街は、那覇市の辻1丁目~3丁目にあたります。特に那覇市辻2丁目あたりが、ソープランドやラブホテルが多くありますから、そこら一帯が「ソープエリア」または「デリヘルエリア」という認識でいいでしょう。辻エリアは、まだまだ風俗街としての機能を有していますが、最近では少しずつ様変わりしていっているようです。例えば、辻エリアに老人ホームのような介護施設がだんだんと増えていったり、老人向け憩いの家やデイサービスを提供する施設が増えて行ったりと、ソープ街である辻エリアにおいても少子高齢化の波が押し寄せてきていることがよく分かります。「沖縄ソープ」の本拠地である「沖縄県辻特浴協会」の建物の横に老人向け施設があったりと、辻エリアは若干カオスな状態になりつつあると言えるかもしれません。ただ、沖縄でソープ遊びをするとなると、辻エリア一択になります。逆に言えば、辻エリアではソープ遊びしかできません。ですから、男性客がソープ店に行く前後に他のお店で遊ぶとなると、他の繁華街も抑えておく必要があるでしょう。以下に主な沖縄の繁華街を紹介しておきます。

国際通りエリア

「国際通りエリア」はみなさんご存じの通り、沖縄の代表的な繁華街です。「国際通りエリア」のメインは居酒屋です。「国際通りエリア」には多くのキャッチがいますが、ぼったくりなどの悪質なお店に誘導されることはほぼないようで、かなり良心的なキャッチが多いと言えるでしょう。「国際通りエリア」には、沖縄系・アジアン系・南国系など、多種多様な居酒屋があります。また、「国際通りエリア」には踊るほうのクラブもあります。居酒屋で一杯やってから「沖縄ソープ」に移動するのもいいかもしれませんね。

松山エリア

「松山エリア」には、非常に多くのキャバクラ店が密集しています。沖縄のキャバクラは、他都道府県に比べて非常に割安に利用できるのが最大のメリットです。しかも、多くのキャバクラ店がご当地酒の泡盛の飲み放題付です。この「松山エリア」もキャッチが多いそうですが、良心的なキャッチがほとんどです。キャッチと交渉することで、いい条件でキャバクラに入ることもできます。キャバクラできれいな女性と会話して泡盛も飲んで、ほろ酔い気分で「沖縄ソープ」に行くのもいいですね。ちなみに、「松山エリア」にはカラオケ店や居酒屋もありますので、キャバクラ以外でも十分楽しめます。

若狭エリア

「若狭エリア」には、スナック・小料理屋・割烹料理屋などが多くあります。ですから、多くの男性客で行って楽しんだり、接待で使えたり、料理目当てでいったりなどの目的を「若狭エリア」で果たすことができるでしょう。美味しい料理を「若狭エリア」で食べた後に、「沖縄ソープ」に行くのもいいですね。

西町・久米エリア

「西町・久米エリア」には、居酒屋・料理屋が多く、なかでも沖縄料理店が多いです。「西町・久米エリア」は「若狭エリア」よりも飲食店の数が少ないので、静かな感じで落ち着いて食事や飲酒ができます。また、「西町・久米エリア」はビジネスホテルが多いので、このエリアを拠点に沖縄観光をすることも可能です。「西町・久米エリア」で落ち着いて飲食した後に、「沖縄ソープ」を訪れるのもいいかもしれませんね。

沖縄ソープランドの歴史

「沖縄ソープ」がある那覇市の辻エリアは、かつて「辻遊郭」という全国的にも有名な「遊郭」がありました。ですから、「沖縄ソープ」は、ソープエリアの王道の歴史である「遊郭→赤線(青線)→トルコ風呂→ソープランド」の流れを辿ったと言えます。「辻遊郭」と他全国の遊郭を比べた時、大きな違いが一つあります。それは、「辻遊郭」は完全なる女社会であったということです。そもそも「遊郭」には、雇い主と従業員という雇用の関係が前提にあり、遊郭において雇い主に当たる「楼主(ろうしゅ)」と、従業員に当たる「遊女」という二つの立場の人たちが常にいました。そして、全国的に見ればほとんどの場合、遊郭において雇い主に当たる「楼主」は男性でありました。ですが、「辻遊郭」における「楼主」は女性であることが一般的であり、その「楼主」である女主人と「尾類(ジュリ)」と呼ばれる遊女の女性と、人身売買によって「楼主」のもとにやってきた女の子(成長して未来に「尾類」となる)が、集団を形成して生活していました。言わばそれは「疑似家族」でありました。このような疑似家族がたくさんいた「辻エリア」は、人工的な村として存在し、一般的な村で見られるような血縁集団などはありませんから、「冠婚葬祭」も行われないことが常でありました。このようにいくつもの疑似家族が支えてきた「辻遊郭」は戦時中に空襲によって消滅するわけですが、戦後にソープエリアとして再び「辻」は再興していくのです。ただし、「沖縄ソープ」を語るときに「辻遊郭」の歴史を紐解くだけでは事足りません。戦後に紆余曲折の歴史をたどった沖縄には、ソープの歴史を語る上でもう一つ留意すべきことがあります。それは、沖縄のいたるところに「赤線地帯」があったということです。というのも、戦後の沖縄には数多くのアメリカ兵が駐留していたので、彼らの相手をする売春婦が特定の地域に集まって売春を行っていたのです。那覇の辻エリアが巨大なソープエリアとして発展していったのは、「赤線地帯」で平然と行われていた「売春」を駆逐し、辻エリアに性産業を一手に集中させたからであります。風紀を乱す「赤線地帯」を失くすという目的において、辻のソープエリアは重要な役割を果たしたのであります。ここで、沖縄にかつてあった二大「赤線地帯(特殊飲食店街)」を紹介しておきます。

真栄原社交街

かつて沖縄には「真栄原社交街」という「特殊飲食店街(特飲街)」がありました。「特殊飲食店街(特飲街)」とは、いわゆる「売春街」です。「真栄原社交街」は、住所で言えば真栄原2丁目あたりにあり、戦後に普天間飛行場で働くアメリカ兵の遊び場(社交街)として形成していきました。実は、戦後間もない頃の沖縄にはアメリカ兵を相手に売春を行う赤線地帯がいくつかできていました。なかでも、「真栄原社交街」は巨大な売春街として発展していったのです。当時、たくさんのアメリカ兵が駐留していた沖縄では、アメリカ兵が性犯罪や他の犯罪を犯さないよう、「真栄原社交街」のような売春街が上手く機能していたと言えます。やがて「真栄原社交街」の客は、アメリカ兵から日本人男性とシフトしていき、いつしか「横浜の黄金町」「大阪の飛田新地」と並んで、「真栄原社交街」は三大ちょんの間街として全国的に有名になっていったのであります。(ちょんの間とは、もともと赤線・青線エリアとして性的サービスを提供していた地区のことを指します。)実は、驚いたことに「真栄原社交街」が2009年まで現役の売春街として生き続けていたのです。2009年になると、女性市民団体が主となって反対運動を起こし、その後自治体も加わり大規模な浄化作戦を開始したのです。結果、売春が行われていた「置屋(売春関係にある男女が性行為を行う建物)」は次々に摘発され、2011年に入って「真栄原社交街」は壊滅したと結論付けられました。現在でも、当時使われていた「置屋」の建物は廃墟と化した状態で残り続けています。

コザ吉原

「真栄原社交街」とならんで、沖縄の二大裏風俗街として有名だったのが「コザ吉原」です。「コザ吉原」とは、沖縄市美里一丁目あたりを指し、「真栄原社交街」と同じく「特殊飲食店街(特飲街)」という売春街として発展していきました。「コザ吉原」も当初はアメリカ兵を相手に売春が繰り返されていましたが、性病の蔓延を防止しようとして米軍が規制を始めたことで、「コザ吉原」の利用客はだんだんと日本人に移っていきました。「コザ吉原」には、スナックやバーなどが所狭しと並んでいますが、それらのお店に混じって売春の場となる「置屋」が集まっていました。そして、「コザ吉原」も「真栄原社交街」の壊滅とほぼ同時期の2010年に行われた大規模な取り締まりによって壊滅することとなりました。現在では、「コザ吉原」も空き家の建物ばかりが並ぶ、廃墟と化した街並みを残すばかりです。

沖縄ソープランドの特徴

【特徴①】「沖縄ソープ」は大きく分けて3タイプに分かれる

「沖縄」はリゾート地という性質がありますから、ソープ嬢にとって働いてみたい憧れのエリアとして常に上位に位置しています。ですから、「沖縄ソープ」は出稼ぎエリアとしてソープ嬢を集める力が非常に強いです。よって、「沖縄ソープ」のお店は大きく分けて3タイプに分かれます。一つ目は沖縄生まれの地元女性ばかりが在籍する「現地女性が多いソープ店」、二つ目は沖縄県以外の本土から来た女性が多く在籍する「出稼ぎ嬢が多いソープ店」、三つ目は地元女性と出稼ぎ女性がバランスよく在籍する「出稼ぎ嬢・地元嬢の混合店」です。「現地女性が多いソープ店」は、比較的ソープ経験が少ない「素人系ソープ嬢」が多いので、素人系・恋人系のプレイを好む男性客におすすめです。一方で、「出稼ぎ嬢が多いソープ店」には本土にて今まである程度のソープ経験を積んだ嬢が多いと言えますから、「出稼ぎ嬢が多いソープ店」は比較的「ベテラン系」や「職人系」ソープ嬢の割合が高いでしょう。ですから、ソープ嬢にテクニックや経験を求める男性客に「出稼ぎ嬢が多いソープ店」は向いていると言えます。「出稼ぎ嬢・地元嬢の混合店」は、素人系・職人系・経験値関係なく、男性客は幅広いタイプの女性からお好みのソープ嬢を選べると言えます。総じて「沖縄ソープ」は、その店がどういうタイプの嬢を集めているか把握することで、男性客は自分の希望や要望に叶った「オキニ嬢」を見つけることができるのです。

【特徴②】「沖縄ソープ」の客引き(キャッチ)の質を見極めよう!

本来、各地のソープエリアに出没する客引き(キャッチ)は、ぼったくり店や違法風俗店に客を連れていくことが一般的でありますから、「絶対に客引き(キャッチ)には付いて行かない!」ことが鉄則であります。もちろん、「沖縄ソープ」でも同様に「絶対に客引き(キャッチ)には付いて行かない!」と言えます。ですが、実は沖縄のキャバクラにおいては、客引き(キャッチ)の質が少々違います。沖縄キャバクラの客引き(キャッチ)は、実は良心的な人が多いのであります。沖縄キャバクラの客引き(キャッチ)は、ちゃんと割引してくれれば、いいお店に連れて行ってくれることが当たり前なんだそうです。とは言え、「沖縄キャバクラ」と「沖縄ソープ」の客引き(キャッチ)に質は少し違うので注意してください!「沖縄ソープ」の客引き(キャッチ)は、良心的な人もいれば悪意を持って客に近づいてくる人もいます。ですから「沖縄キャバクラ」の客引き(キャッチ)の感覚で、「沖縄ソープ」の客引き(キャッチ)に接することはあまりお勧めできません。十分に気を付けてましょう!

【特徴③】「沖縄ソープ」は「辻エリア」一択なので迷う必要がない

「沖縄ソープ」は辻エリア1択ですから、ソープ店選びにあまり悩むことはないでしょう。実は「沖縄ソープ」は、辻エリア以外にも「中頭郡」にも少しばかりありますが、那覇市からかなり離れていますので、観光ついでに「沖縄ソープ」を利用しようと考えている方にはお勧めできません。「沖縄ソープ」がある「辻エリア」は那覇市内にあり、他観光地にもアクセスが便利ですから、「辻エリア」のソープを中心に計画を立てればいいでしょう。

沖縄ソープランドの楽しみ方

「沖縄ソープ」は一昔前よりも安心・安全に遊べるようになっています。というにも、かつて沖縄の裏風俗(違法風俗)と言われていた「真栄原社交街」と「コザ吉原」はすでになくなっており、男性客が違法風俗に巻き込まれる可能性は各段に少なくなったからです。また、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の施行に伴って、警察も「沖縄ソープ」における客引き行為に対しての取り締まりも強めています。よって「沖縄ソープ」は以前よりも格段にソープ遊びしやすくなっているので、どんな男性客でも観光客でも十分に楽しめることでしょう。