すすきののおすすめ人気ソープランドを探す

エリア検索

ジャンル検索

北海道 すすきの・札幌のソープランド一覧

ハピネス札幌

すすきの・札幌

40分15,000円

激安ソープ

9:00~24:00

札幌で唯一女の子は全員マ◯トプレイOK!

キャストのビジュアル、サービスはもちろんのこと、100名を超える在籍すべて「Мットサービス」可能!ソープランド最大の醍醐味「Мットプレイ」を存分にお楽しみくださいませ!!

病院

すすきの・札幌

50分12,500円

大衆ソープ

7:00〜24:00

貴方の心と身体…、そしてお財布に優しい老舗店『病院』

すすきのを代表する老舗店『病院』。利用しやすい低価格なのはモチロンのこと、エリアでも圧倒的な女の子の質が満足度100%の癒やし空間を与えてくれます。ナースをコンセプトにしたソープだから、白衣のコスプレで背中を流して貰えちゃう。

AQUA

すすきの・札幌

50分16,000円

大衆ソープ

8:00~24:00

水のように透き通る肌の美女達が背中を流してくれる

女の子のレベルがTOPクラスでビジュアル・笑顔・サービス心に特化した方が集合しているお店【AQUA】!!なんと、若い女の子が多く在籍しているお店では珍しくOLのコスチュームを着たまま背中を流してくれるサービスもあるとか!まさにサービス精神旺盛!

タッチVIP

すすきの・札幌

70分24,000円

高級ソープ

8:30~24:00

トップクラスの美女がいるお店で癒やしとくつろぎを

すすきのソープランド『タッチVIP』は「癒し」と「くつろぎ」のソープランド。当店ではお客様に最高のおもてなしと癒しをご提供する為、様々な女性が在籍しております。また、ご予定の女の子が受付終了になってしまった場合でもキャンセル待ちのお電話を承っております。

ラブファクトリー

すすきの・札幌

40分12,500円

大衆ソープ

8:30~24:00

道内最大級の美巨乳集団です◎

「ラブファクトリー」はコンセプトへのこだわりはもちろん、店舗スタッフの来店者へ対するサービス精神も高いです。「当店は巨乳・美乳を追究し、在籍キャストの7割以上がEカップというオッパイ専門店です。

ニューヨーカー

すすきの・札幌

60分15,000円

大衆ソープ

9:00〜24:00

こんなレベルの子がこの値段で!?

札幌ソープランド『ニューヨーカー』は、淫らな日常をリアルにお届け・最高の時間をお約束・低価格でも最高の女性キャスト!低価格で癒される至極のバスタイムを是非一度ご堪能スタッフ全員で考え抜いてお客様に満足して帰って頂きたい!!!また御来店して頂きたい!!!その気持ち一心です。

ZERO

すすきの・札幌

90分25,000円

大衆ソープ

9:00〜24:00

どの女の子も最高峰!「理想の恋人」が揃う『ZERO』で

札幌すすきののソープランドZERO(旧ABC)はルックス・スタイル・サービス全てに自信有り!!最高のサービスを追求・探究、最高のキャストを日夜育成中のソープランド『ZERO』には実に綺麗な女の子が在籍し、嬉しいことに料金設定もリーズナブル!!自ら足を運んで真相を確かめてみてください!!

さくら

すすきの・札幌

50分16,000円

大衆ソープ

9:00〜24:00

和のテイストが粋でモダンなラグジュアリーソープ

ソープランド『さくら』はすすきのでは唯一のモダンで艶やかな和のテイストの店内で、ゆったりとしたバスタイムを美女と過ごすことが出来ます。

タッチLabel

すすきの・札幌

50分15,000円

大衆ソープ

8:30~24:00

違いがわかるあなたへ贈る!極上バスタイム♪

言わずと知れた、すすきのソープ遊びの登竜門「タッチLabel」!男を虜にする容姿…男心をくすぐるスタイル…男のツボをおさえたサービスなど…一度遊んでしまうとハマってしまいそうな、素人女子&オトナ女子たちが多数在籍!

ソープランドQ

すすきの・札幌

50分/14,500円~

9:00~24:00

ENTERTAINMENT SOAP LOVE…

すすきの・札幌

60分/16,500円〜

9:00〜24:00

ラ・メイド

すすきの・札幌

40分/総額12,500円〜

9:00〜24:00

クリスタル

すすきの・札幌

50分/総額15,000円〜

8:30〜24:00(年中無休)

ソープランド フェリス 逢いたくて

すすきの・札幌

40分/総額13,500円〜

7:30〜24:00

PLAY BOY(プレイボーイ)

すすきの・札幌

40分/12,000円〜

9:00~24:00

AAA+

すすきの・札幌

40分/10,000円~

7:00~24:00

salon de M(サロンドエム)

すすきの・札幌

50分/14,000円〜

9:00〜24:00

ナース天国

すすきの・札幌

50分/15,000円〜

9:00〜24:00

ヤングレディー(すすきの)

すすきの・札幌

60分/11,500円〜

10:00〜24:00

エクシード

すすきの・札幌

30分/5,980円〜

6:00〜24:00

ファンタジスパ

すすきの・札幌

50分/15,000円~

9:00~24:00

エルカル

すすきの・札幌

70分/24,000円〜

9:00〜24:00

花火-hanabi-

すすきの・札幌

60分/総額16,500円〜

大衆ソープ

9:00〜24:00

さっぽろ倶楽部

すすきの・札幌

50分/17,000円~

9:00〜24:00

六條

すすきの・札幌

60分/16,000円〜

6:00〜24:00

Club瑠璃蝶

すすきの・札幌

50分/15,500円〜

9:00〜24:00

VIP SOAP MIKADO

すすきの・札幌

50分/総額15,500円〜

激安ソープ

8:00〜24:00

ダイアモンドクラブ

すすきの・札幌

50分/12,000円〜

9:00~24:00

札幌すすきのソープランド事情

「札幌すすきの」は、ソープユーザーならば一度は行ってみたい「ソープの聖地」とも呼べる場所です。「札幌すすきのソープ」は、ソープ店の数も多ければ、ソープ嬢の年齢も非常に若く、なんといっても「激安」と言っていいくらいの格安ぶりです。「料金が安い上に、若い女の子と遊べる」のが、「札幌すすきのソープ」の最大のメリットと言えます。実は、この「札幌すすきのソープ」の格安ぶりはソープだけに限らず、デリヘルや店舗型ヘルスにおいても「価格破壊」が起こり「格安」となっています。「札幌すすきの」の風俗業界全体において「価格の下落」が止まらない現状を、風俗ユーザーは知っておかなければ確実に「損」です!これを機に「札幌すすきの」のソープ事情を理解し、コスパ高き風俗ライフを送りましょう!

札幌すすきの風俗街の特徴

「札幌すすきの」の歓楽街は、東京ドーム3個分の広さに約4,000軒のお店が密集しており、「新宿歌舞伎町」と「福岡中州」と並び、「日本三大歓楽街」の一つとして認識されています。また、「札幌すすきの」は別名「アジア最北の歓楽街」や「東京以北で最大の歓楽街」とも言われています。「札幌すすきの」の歓楽街では、飲食店、バー、居酒屋、ラーメン店、風俗店など多種多様な業種のお店がビル一棟の中にたくさん入っているケースが一般的です。実は「すすきの」は行政上の正式な地名ではありませんから、「すすきの」という言葉は地図に載っていません。観光協会によると、「すすきの」は[南北は南3条、4条の間、東西は西2丁目~西6丁目]の範囲であると明言しています。しかし、実際のところ「すすきの」のエリアの範囲はあいまいで、お店がたくさんあってにぎわっている場所ならば「すすきの」と認識する人が多いようです。また、「札幌すすきの」の歓楽街は全国規模で見ても安心・安全なエリアであると広く認識されており、女性だけでも気軽に訪れることができるのが魅力の一つでもあります。(ただし、一部では悪質な客引きもいるそうですから少しばかりの注意が必要です。)「札幌すすきの」における風俗店は、当然のことながら「デリヘル・ホテヘル」の店舗数が最も多いのですが、店舗型ヘルスやソープランド店の店舗数もそれなりに多く充実しています。

札幌すすきのソープエリアと他ソープエリアの違い

「札幌すすきの」におけるソープランドは、規模も大きく「吉原」「金津園」「雄琴」と並ぶ知名度もあります。ですが、「札幌すすきの」のソープエリアは、他のソープエリアと大きく異なる点があります。例えば、「吉原」エリアにはソープランド店が多く密集しており、その周りには飲食店や他の風俗業種のお店は非常に少ないです。「吉原」エリアには、ソープランド店以外ではコンビニが数軒あるくらいです。「吉原」以外のソープエリアにおいても、一般的にそのエリア一帯にはソープランド店が多く集まり、他の業種のお店はあまり見かけません。つまり、ソープランド店があるエリアは、一般的にソープランド店だけで形成されているケースがほとんどなのです。一方で、「札幌すすきの」のソープランドは、この一般論に反します。「札幌すすきの」のソープランド店は、飲食店や居酒屋などの普通業種のお店と共存するかのように、同じ場所で営業しているのです。例えば、あるビルでは1階が飲食店、2階が焼き肉店、3階がソープランド店、というような光景が日常茶飯事で見られます。ですから、「札幌すすきの」では、普通の飲食店の隣に(上の階に)ソープランド店がある、ということはごく普通のことなのです。先に、『「札幌すすきの」の歓楽街は全国規模で見ても安心・安全なエリアであると広く認識されている』とお伝えしましたが、普通の飲食店に交じって風俗店が存在していることが、かえって人々に安心であること、健全営業していることをアピールする結果となっているのでしょう。ですから、「札幌すすきの」のソープ街は、他のソープエリアに見られるような、「異質な雰囲気」もなければ「暗くて物騒な感じ」もありません。

札幌すすきのソープランドの歴史

先に言ってしまえば、「札幌すすきの」のソープランドの起源は、「吉原ソープ」と同じく「遊郭」です。とは言え、「札幌すすきの」に遊郭ができたのは明治時代のことですから、すでに江戸時代に遊郭があった「吉原ソープ」に比べて歴史は短いです。では、「札幌すすきの」の遊郭はどのような経緯で設置されることとなったのでしょうか?

札幌すすきの遊郭の歴史

「すすきの」は、実は漢字で表記すると「薄野」となります。この「薄野」は、明治時代に札幌に遊郭を設置する際に工事監督者であった「薄井 龍之(うすい たつゆき)」という人の名前が由来したというのが定説になっています。(諸説あり。)時は明治4年。未開拓の土地だった北海道札幌の土地を開拓しようと、日本政府は多くの開拓作業の従事人(監督者、大工、職人など)を札幌に派遣しました。そこから、少しずつ飲食店や宿などが「薄野」に立ち並ぶようになりました。このうちのいくつかの飲食店や宿は、遊女を抱えて、政府非公認で男性客に性的サービスを提供していました。当初、政府は「薄野」の遊女小屋を黙認していましたが、これ以上風紀を乱すのはよくないとして、政府公認で「遊郭」を設置してすべての遊女たちを一カ所に集めることにしたのです。この「薄野」の遊郭には、政府による風紀取り締まりの目的以外に、もう一つ重要な目的がありました。その目的とは、札幌に来た開拓者の男たちを「遊郭」によって札幌の地に繋ぎとめておく、というものでした。北海道と言えば雪国であり、寒さと雪によって開拓作業は過酷を極めたわけです。そのような過酷な開拓作業から逃げ出す者たちが後を絶たなかったそうです。そのため、政府公認で「遊郭」を設置し、開拓作業をする男たちが遊女から性的サービスを受けられるようにすることで、開拓者たちが北海道から逃亡するのを防ごうとしたのです。(実際に、「薄野遊郭」が作られて以降、開拓者たちが本州に帰省することがなくなり、札幌の開拓は急速に進んでいったそうです。)当時の「薄野」の遊郭は、現在でいう南4条から南6条にかけて作られました。明治後期になると、「薄野遊郭」があったエリアは街の中心部となり、多くの人や店が集うなかに遊郭がある、という状況に至ります。そのため、「街の中心部に遊郭があるのは風紀上よくない」という声が大きくなり、「薄野遊郭」は白石町(現在の札幌市白石区菊水)への移転が決まることとなります。そして、1958年の「売春防止法」の施行により、「白石遊郭」は完全消滅し、長らく栄華を誇った札幌の「遊郭」は歴史に幕を下ろすこととなったのです。

札幌すすきのトルコ風呂の歴史

1958年の「売春防止法」によって、風俗店での性行為は禁止されることとなりましたが、それでも「札幌すすきの」では、客に本番ありのサービスを提供する違法風俗店がなくなることはありませんでした。「札幌すすきの」では、名目上「垢すりサウナ」のお店として、すすきの初のトルコ風呂店が誕生しました。その後、「札幌すすきの」のトルコ風呂店は急激に数を増やしていき、昭和40年代には約20店舗ものトルコ風呂が乱立します。そして、さらに「札幌すすきの」のトルコ風呂店が急増するきっかけとなる出来事が起こります。それは、昭和47年に札幌で開催された「札幌オリンピック」です。「札幌オリンピック」ために全国各地から人が集まり、「札幌すすきの」のトルコ風呂店が多くの人に利用されて評判となったのです。結果的に、昭和50年代に入ると「札幌すすきの」では90店舗以上を超えるほどのトルコ風呂店が乱立し、一世を風靡しました。やがて、1984年に「トルコ風呂」は今の名称である「ソープランド」に名前を変えました。現在の「札幌すすきのソープ」は、最盛期の時と比べて店舗数は半分以下となっていますが、とは言え、日本の中で「吉原」「金津園」「雄琴」と並ぶ有名ソープエリアであることは周知の事実です。

札幌すすきのソープランドのオススメポイント

【メリット①】地元では「コンビニソープ」と言われるほどにすすきのソープは安い!

「札幌すすきのソープ」は、何と言っても「価格の安さ」が魅力の一つです。「札幌すすきのソープ」の多くは、プレイ時間が40分~70分と基本として、プレイ料金が1万円台です。どんなに高いソープ店でも、プレイ料金が3万円を超えることはまずありません。吉原ソープと比較すれば、「札幌すすきのソープ」の低価格ぶりは一目瞭然です。吉原ソープでは、格安(激安)ソープがプレイ時間60分で「1万円台~」、大衆(中級)ソープがプレイ時間90分~100分で「2万円~4万円台」、高級ソープがプレイ時間120分で「5万~8万円台」、と言われています。となると、「札幌すすきのソープ」には、吉原クラスの「高級ソープ」は存在せず、吉原の「大衆(中級)ソープ」の中でも低価格に位置するお店(プレイ料金が3万円以下)が、「札幌すすきのソープ」における高級店クラスと同一レベルになる、というわけです。とにかく、「札幌すすきの」では、3万円が財布に入っていればどんなソープ店でも遊ぶことができるのです!(なぜこれほどまでに「札幌すすきのソープ」が安いのか?その理由については後で詳しく説明いたします。)

【メリット②】「札幌すすきのソープ」は割安ながらもサービスの質が高い!

「札幌すすきの」には、ソープランド店の数も多ければ、店舗型ヘルス店の数も非常に多く、必然的に、店舗型風俗店同士での競争が加速されます。結果、「札幌すすきのソープ」は割安ながらもサービスの質を落とさないように努力する、という好循環とも言える環境が出来上がるのです。(この点に関しても、のちほど詳しく説明いたします。)

【メリット③】「札幌すすきの」のソープ嬢は若い子が多い!

「札幌すすきのソープ」は比較的若い女の子が多く、中には18歳、19歳という10代の女の子が多く在籍するソープ店も珍しくありません。では、なぜ「札幌すすきのソープ」に、18歳、19歳の若い女の子が比較的多いと言えるのでしょう?それにはちゃんと理由があります。本来、女の子が18歳以上であれば風俗店で働くことができます。しかしながら、ソープランドだけは、他の風俗業種と違って、女の子がソープ店で働くことができる年齢を「20歳以上」と定めているところが多いです。というのも、各エリアにあるソープランド店は、そのエリアの「組合」や「協会」に所属しているケースが多く、「組合」や「協会」ごとで女の子の年齢条件を決めているからです。一般的に、各地のソープランド店は、警察からの摘発や何らかのトラブルを避けるために、各お店ではなく、各「組合」や各「協会」がルールを決めます。そして、多くのソープ店は「組合」や「協会」が定めたルールを順守して健全な営業をすることを心がけるのです。多くの都府県におけるソープランドの「組合」や「協会」は、ソープ店で働くことができる女の子の年齢を「20歳以上」と定めています。例えば、ソープで有名な「吉原」も「飛田新地」も「金津園」も、採用条件を「20歳以上」の女性と決めています。ですが、「北海道すすきの」のソープエリアでは、多くのソープ店が採用条件を「18歳以上」の女性としているのです。ですから、「札幌すすきのソープ」は、他エリアに比べて、比較的18歳、19歳の若い女の子の割合が高くなるんですね。10代の若い女の子とスケベなことをしたいならば、ぜひとも男性は「札幌すすきのソープ」に行きましょう!

【メリット④】「札幌すすきのソープ」では性病を気にする必要がない!

「札幌すすきの」のソープ店は全て、ゴム着用が基本です。ですから、「札幌すすきのソープ」は性病にかかる可能性が非常に低くなることは、男性客にとって大きなメリットとなります。(NN、NSを好む男性からしたら、「ゴム着用」はデメリットになりますが…。)NNやNSが可能なソープ店ならば、多くの男性客はたとえ自身がやりたいプレイがあったとしても、躊躇することが多々出てくるでしょう。(例えば、ソープ嬢のアソコを舐めるとか挿入するとか、自分よりも先に接客した男性客の影が多少なりともチラついてしまいます。)ですが、ゴム着用のソープ店ならば、男性客はさほど気にすることなく、自分の行いたいプレイをすることができますから、サービスの幅も広がります。

札幌すすきのソープランドの安さの理由

【安さの理由①】格安ソープの発祥は実は「札幌すすきの」だったから

先にも触れましたが、「札幌すすきのソープ」は全国的に見ても、非常にプレイ料金が安いエリアです。では、なぜ「札幌すすきのソープ」はこれほどまでに格安ソープ店が多いのでしょうか?そもそも、ソープランドにおける「格安店」は、実は「札幌すすきの」が発祥だと言われています。札幌の地元では、コンビニに行くような感覚で「札幌すすきのソープ」に行けることから、「コンビニソープ」と表現することもあるくらいです。低価格ながら質の高いソープ嬢が在籍することが、「札幌すすきのソープ」が全国に名前が知れ渡るきっかけとなったとも言われています。それほどまでに、「札幌すすきのソープ」の低価格ぶりは、他のソープエリアを圧倒しているのです。つまり、「札幌すすきのソープ」は、「コンビニソープ」という概念がいつの間にか定着し、男性客たちの間で「札幌すすきのソープ=安い」という考えが当たり前となって今に至るのです。ですから、少しでも高いと思う価格帯のソープ店は「札幌すすきの」では流行ることなく無くなっていきます。「札幌すすきの」は、最低限の条件として価格が「安く」なければ店は営業できない、そんな土壌となってしまったのです。

【安さの理由②】「札幌すすきの」の風俗業界は数年前から価格破壊を起こしているから

では、なぜ「コンビニソープ」と呼ばれるような格安ソープ店が「札幌すすきの」で増えたのでしょうか?それは、「デリヘル」の存在が多大に影響しています。当たり前ですが、北海道は広いです。ですから北海道は、東京都心のように電車に乗って「ちょっと新宿に行こう」みたいに気軽に移動できないわけです。デリヘルという新興勢力が風俗業界に広まる以前は、北海道エリアの風俗と言えば、「札幌すすきの」にあるソープランドや店舗型ヘルスぐらいしかありませんでした。ですから、男たちはたとえ札幌から遠いところに住んでいても、時に電車を何時間も乗り継いで、時に車を何時間も走らせて、「札幌すすきの」までたどり着き風俗を楽しんだわけです。しかし、この状況は1990年代に登場した「デリヘル」によって一気に一変します。派遣型風俗である「デリヘル」は、男性客が呼べば風俗嬢が家まで来るわけですから、男性客が何時間もかけて特定の場所に行く必要はありません。そういうわけで、広大な面積で交通の便が決していいとは言えない北海道で、非常に便利なデリヘル店は急速に数を増やしていきました。デリヘルは、実店舗がなくとも届け出さえ出せば営業できますから、当時はすごいスピードで店舗数が増えていったのです。すると、北海道エリアにおいてデリヘル店の数が異常に増えすぎ、風俗店と男性客の双方において、需要と供給のバランスが崩れ始めてきました。デリヘル店の数が、男性客の需要以上に増えすぎてしまったのです。すると、北海道のデリヘル業界において過酷な値下げ合戦が行われるようになり、やがて格安とも言えるほどの低料金のデリヘル店が非常に多く増えてしまう結果となったのです。デリヘルの価格破壊は、ソープランドや箱ヘルなどの店舗型風俗店にも多大に影響を及ぼしました。安い価格のデリヘルを利用してしまう客を奪い返そうと、ソープランドも箱ヘルもこぞって価格を自店のプレイ料金を値下げし、今のような「格安ソープランドエリア」としての「札幌すすきのソープ」に落ちついたのです。つまり、「札幌すすきの」においては、ソープランドが、というより、ソープも箱ヘルもデリヘルもホテヘルも、あらゆる風俗業種が「安い」んですね。

【安さの理由③】「札幌すすきの」ではソープ店と店舗型ヘルスとの間で過酷な競争があるから

「札幌すすきの」には、ソープランド店も多ければ、店舗型ヘルス店(箱ヘル)も非常に多いのです。実に「札幌すすきの」の店舗型ヘルス店(箱ヘル)は、ソープランドの3倍以上もの数があります。(この「札幌すすきの」の店舗型ヘルス店(箱ヘル)の数は、他都道府県を見ても非常に多い、と言えます。)そのため、当然のことながら、ソープランドと箱ヘルの店舗型風俗店同士の間で、顧客の奪い合いという熾烈な競争が起こります。結果的に、ソープランドも箱へルも顧客を囲い込むために、両者ともにプレイ料金を下げなければいけなくなるのです。かつ、先に説明した通り、すでに「札幌すすきの」は風俗業界全体において「価格破壊」が起きていますから、プレイ料金は下げ止まらず安くなるばかりです。男性客からすれば、「札幌すすきの」はソープも箱ヘルも安いわけですから、選択肢が増えてうれしい限りです。(とはいえ、風俗業者は価格を上げまいと必死ですが…)

札幌すすきのソープ嬢の特徴

北海道の道民性として、男女ともに「おおらかでマイペース」な人が多いことが挙げられます。「おおらかでマイペース」な性格は、「札幌すすきのソープ」では、「癒し系のソープ嬢が多いこと」に繋がりますから、男性客はソープにて多大に癒しを得ることできるでしょう。また、北海道の道民性として「好奇心が旺盛」なことが挙げられます。「好奇心が旺盛」な道民性は、「札幌すすきのソープ」では「エッチなことに対する興味」として、ソープ嬢が積極的にサービスをしてくれることに繋がるでしょう。また、北海道の地域性や気候を考えた時に、道民は色白の人が多いと言われますので、男性客はソープ嬢の色白美肌ぶりを存分に堪能できて高い興奮を得ることができるでしょう。口コミサイトを見てみると、札幌すすきのソープ嬢は、「背が高くて色白の子が多い」とか「18歳、19歳の若い子が多い」という口コミを良く見かけます。

札幌すすきのソープランドの注意点

【札幌すすきのソープの注意点①】客引きに気を付けよう!

実は、「札幌すすきの」の繁華街は、客引き(キャッチ)が多いと言われています。すすきのの客引きは、昼夜問わずいますが、特に夜になると数が倍以上に増えて、すすきのの繁華街を歩いていれば、必ず何回かは客引きから声をかけられるでしょう。客引きはおいしい話を持ち出して誘ってきますが、絶対について行ってはいけません。客引きが紹介する風俗店のほとんどは、ぼったくり店や違法風俗店です。ですから、客引きに対しては「無視」を貫きましょう!

【札幌すすきのソープの注意点②】悪質な違法風俗店に気を付けよう!

どこの風俗街においてにも「違法風俗店」は一定数存在します。「札幌すすきの」も例外ではありません。先にも言った通り、客引き(キャッチ)が紹介するのは、ほぼ間違いなく「違法風俗店」です。まず、すすきのでソープ店を探すならば、大手の有名風俗検索サイトを利用しましょう。大手の有名風俗検索サイトに掲載されているソープ店は、協会や組合に所属して健全な営業をしているお店ですから、安心して利用できます。また、「すすきの」の繁華街にいくつかある「無料案内所」を利用するのもいいでしょう。すすきのの「無料案内所」では、安心して利用できる優良風俗店だけを紹介しています。また、「無料案内所」のスタッフの情報を参考にするのも非常にいいです。「無料案内所」のスタッフは、ソープ店の中でも、人気があるお店や質の高いサービスを提供してくれるお店も紹介してくれるので、ソープ店選びの参考にできます。

【札幌すすきのソープの注意点③】女の子に高いテクニックを求めすぎないように!

先にも申し上げたとおり、『「札幌すすきのソープ」は比較的若い女の子が多く、中には18歳、19歳という10代の女の子が多く在籍するソープ店も珍しくありません。』「札幌すすきのソープ」は、とても若くてフレッシュな女の子が多いので、若くてピチピチの女の子が好きな男性からしたら嬉しいかぎりです。ですが、裏を返せば「札幌すすきのソープ」は、[とても若くてフレッシュな女の子が多い]=[ベテランソープ嬢が少ない]とも言えます。ですから、テクニックや経験豊かなサービスを求める男性客にとっては、「札幌すすきのソープ」では期待外れに終わることもあるかもしれません。とは言え、もちろん、「札幌すすきのソープ」にはテクニックがある職人系ソープ嬢は確かにいます。(「札幌すすきのソープ」では、職人系ソープ嬢の割合が素人系ソープ嬢の割合より高いということであり、職人系ソープ嬢が「いない」ということではありません。)テクニックや経験豊かなサービスを求める男性客が「札幌すすきのソープ」を利用する際は、しっかりとお店側に自分がしてもらいたいサービスを具体的に説明し、自分の要望や希望を伝えましょう。そうすれば、ソープ店は男性客にマッチする嬢を用意してくれるでしょう。

札幌すすきのソープランドのアクセス

JR札幌駅から「すすきの」の繁華街までは、約1.6kmの距離です。JR札幌駅から「すすきの」までは、徒歩だと20分ほどかかりますから、遠くもなく近くもなくって感じです。「すすきの」までの徒歩の経路は難しくなく、「札幌駅前通」という大通りをJR札幌駅から南に一直線に下っていけば目的の繁華街エリアに到着します。また、JR札幌駅から「すすきの」の繁華街にまで通じる地下道がありますので、雨や雪などの天候が悪い日や寒い日に利用するといいでしょう。地下道は信号待ちがありませんから、スムーズに「すすきの」に到着できるでしょう。地下道を利用する場合、JR札幌駅の西改札口を出て、そのまま地下鉄南北線「さっぽろ駅」を目指します。南北線さっぽろ駅の改札脇の「出口11番」が地下道の入口となります。あとは直進するだけで「すすきの」の繁華街に到着します。もちろん、地下鉄を利用して電車で「すすきの」まで移動することができます。地下鉄南北線ならば「さっぽろ→すすきの」まで、東豊線ならば「さっぽろ→豊水すすきの」 までです。地下鉄に乗れば、徒歩のおよそ半分の時間の約10分で「すすきの」に行くことができます。また、札幌駅から「バス」も出ていて、「すすきの」まで100円で行けます。ただし、バス利用時は渋滞による遅延に気を付けてください。

札幌すすきのソープランドの楽しみ方

「札幌すすきのソープ」の大きなメリットは、「安いこと」と「若い女の子が多いこと」の二つです。本来、ソープランドでは、女の子が若ければ若いほど価格が上がる傾向にありますが、「札幌すすきのソープ」はその傾向の真逆をいく、稀なソープエリアと言えるでしょう。ですから、「札幌すすきのソープ」はコスパが高いので、どんな男性客も期待以上の満足度を得ることができると言えます。ですが!「札幌すすきのソープ」は、価格破壊を起こして安くなっている分(すすきのはソープ業界に限らず風俗業界全体において価格破壊を起こしています)、ソープ店は女の子に対する「研修」や「講習」にそこまでお金をかける余裕がないことも事実です。経験値が少ない、または技術がないソープ嬢に対して、ベテランソープ嬢講師を招いて「研修」や「講習」を受けさせるのは、非常にお金がかかることなのです。(吉原ソープや川崎ソープでは、積極的に講師を招いてソープ嬢に講習を受けさせるのですが、それができるのはやはりお金があるからです。)ですから、「札幌すすきの」のソープ嬢に対して、男性客が経験の豊富さや高いレベルのテクニックを求めるのは、ソープ嬢にとっては少々酷なことかもしれません。男性客は、「札幌すすきのソープ」には若くてフレッシュな嬢が多いことを十分に理解した上で、あくまでも「素人感」や「初々しさ」を期待してソープ店を利用した方が、「札幌すすきのソープ」をより楽しめると言えるでしょう。また、「札幌すすきの」にはソープ店以外にも多くの飲食店や居酒屋が密集しており、風俗業種と普通業種が仲良く共存している、稀な風俗エリアと言えます。例えば、少々お酒を飲んでほろよい気分でソープに行くとか、ソーププレイを楽しんだ後おいしいラーメンを食べるとか、「ソープランド」に加えて「飲食」が楽しめることも「札幌すすきの」の大きなメリットです。すすきのにて「観光×ソープ遊び」で夜の遊びを充実させてみてはいかがでしょうか。きっと最高の夜をすすきので過ごすことができるでしょう。