北海道のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

北海道×ソープ店舗一覧

エリア検索
北海道全て
ジャンル検索
指定なし

60分23,000円

8:00~24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

常に色々な試みをしている【看護学院】では2人の女性に会うことのできるサービスも行なっているようです!1度の入浴で2名の美女に会えるなんてこんな贅沢なことないですね!すすきので失敗したくないならこのお店を選んでいる人も多いと思います!綺麗でカワイイ女の子がナースのコスプレをして背中を流してくれるので日々の疲れも吹き飛んでしまうほど癒されてしまいます!サービスも徹底している【クリニックバス看護学院】に足を運んでみてはいかがでしょうか!

50分16,000円

9:00〜24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

ソープランド『さくら』はすすきのでは唯一のモダンで艶やかな和のテイストの店内で、ゆったりとしたバスタイムを美女と過ごすことが出来ます。

40分12,500円

8:30~24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

「ラブファクトリー」はコンセプトへのこだわりはもちろん、店舗スタッフの来店者へ対するサービス精神も高いです。「当店は巨乳・美乳を追究し、在籍キャストの7割以上がEカップというオッパイ専門店です。

50分15,500円

8:00~24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

女の魅力は30代からと言われております!! 男性経験豊富な人妻、美熟女の性を 堪能して見てはいかがでしょうか 20代〜40代の人妻、美熟女が多数在籍しております。

50分15,000円

8:30~24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

言わずと知れた、すすきのソープ遊びの登竜門「タッチLabel」!男を虜にする容姿…男心をくすぐるスタイル…男のツボをおさえたサービスなど…一度遊んでしまうとハマってしまいそうな、素人女子&オトナ女子たちが多数在籍!笑顔と愛情がこもった上質のおもてなしで日々の疲れを癒しながら、極上の快楽を感じるひと時を味わことができます♪厳選された「イイ女」たちと、ハイクラスのバスタイムを、ぜひお楽しみ下さい。極上の美女、揃っていますよ!

50分16,000円

8:00~24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

各種オプション導入で、あなた好みにカスタマイズ可能!あなたの欲望を現実に変えてしまう!魅惑のお店へようこそ!

90分25,000円

9:00〜24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

札幌すすきののソープランドZERO(旧ABC)はルックス・スタイル・サービス全てに自信有り!!最高のサービスを追求・探究、最高のキャストを日夜育成中のソープランド『ZERO』には実に綺麗な女の子が在籍し、嬉しいことに料金設定もリーズナブル!!自ら足を運んで真相を確かめてみてください!! ソープランド『ZERO』では、しっかりとしたソープランドのサービスをお客様にご堪能頂く為に長めのコース設定となっております。落ち着いた雰囲気の中でゆったりとした夢の時間をお過ごし下さいませ。

60分15,000円

9:00〜24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

札幌ソープランド『ニューヨーカー』は、淫らな日常をリアルにお届け・最高の時間をお約束・低価格でも最高の女性キャスト!低価格で癒される至極のバスタイムを是非一度ご堪能スタッフ全員で考え抜いてお客様に満足して帰って頂きたい!!!また御来店して頂きたい!!!その気持ち一心です。札幌ソープランド『ニューヨーカー』はまだまだ不慣れ・満足に到達してない部分が沢山あります!ぜひお客様からの御指導お願い致します。

50分12,500円

7:00〜24:00

すすきの・札幌

大衆ソープ

満足度200%の癒しは『病院』にある!お客様に最高の癒しを提供し続けてきたすすきのソープランド『病院』が装いも新たにリニューアルオープンいたしました。

70分24,000円

8:30~24:00

すすきの・札幌

高級ソープ

すすきのソープランド『タッチVIP』は「癒し」と「くつろぎ」のソープランド。当店ではお客様に最高のおもてなしと癒しをご提供する為、様々な女性が在籍しております。また、ご予定の女の子が受付終了になってしまった場合でもキャンセル待ちのお電話を承っております。ご指名の無いフリーでお考えのお客様でもご希望のお時間でお待ちする事が可能です。すすきのソープランド『タッチVIP』で至福の時をお過ごし下さい。

ナース天国

50分/15,000円〜

9:00〜24:00

すすきの・札幌

60分/21,000円~

11:00~24:00( 最終受付23:00)

旭川

Club瑠璃蝶

50分/15,500円〜

9:00〜24:00

すすきの・札幌

六條

60分/16,000円〜

6:00〜24:00

すすきの・札幌

ラ・メイド

40分/総額12,500円〜

9:00〜24:00

すすきの・札幌

エルカル

70分/24,000円〜

9:00〜24:00

すすきの・札幌

クリスタル

50分/総額15,000円〜

8:30〜24:00(年中無休)

すすきの・札幌

AAA+

40分/10,000円~

7:00~24:00

すすきの・札幌

21世紀

50分/15,000円〜

10:00〜24:00

小樽

花火-hanabi-

60分/総額16,500円〜

9:00〜24:00

すすきの・札幌

VIP SOAP MIKADO

50分/総額15,500円〜

8:00〜24:00

すすきの・札幌

PLAY BOY(プレイボーイ)

40分/12,000円〜

9:00~24:00

すすきの・札幌

北海道ソープランド事情

北海道ソープがあるエリアの特徴

「北海道ソープ」があるエリアは、「札幌市すすきの」「函館市松風町」「小樽市色内」「旭川市旭町」「釧路市栄町」の5つのエリアです。「札幌すすきのソープ」は、「日本三大歓楽街」の一つである「すすきの」にありますから、全国的に有名であり、道内・道外から多くのソープ客が訪れます。一方で、函館・小樽・旭川・釧路の4つのソープエリアは、「すすきの」に比べて規模は小さく、地域密着型と言えます。北海道は非常に広い面積ですから、ソープエリアが複数あったとしても、各ソープエリアは非常に離れていますから、男性客の需要度は高いと言えます。「北海道ソープ」を歴史的に見た時、「北海道ソープ」は「明治時代から北海道開拓が始まったこと」と「大勢を集める港町が複数あったこと」と「貿易港して多くの外国人を集めたこと」の3つのきっかけで生まれ発展していきました。広大な土地を持つ北海道だからこそ、各ソープエリアが異なるきっかけで誕生し今に至っていることは、非常に興味深いと言えます。

「札幌すすきのソープ」の特徴

「北海道ソープ」と言えば、真っ先に「札幌すすきの」のソープを思いつくでしょう。というのも、「札幌すすきの」には「北海道ソープ」のお店のほとんどが一斉に集まっているからです。それも当然、「札幌すすきの」の歓楽街は「新宿歌舞伎町」と「福岡中州」と並び、「日本三大歓楽街」の一つとして広く認識されており、東京ドーム3個分の広さに約4,000軒のお店が密集しています。また、「札幌すすきの」は別名「アジア最北の歓楽街」や「東京以北で最大の歓楽街」とも言われています。(ちなみに「すすきの」は行政上の正式な地名ではありませんから、「すすきの」という言葉は地図に載っていません。観光協会によると、「すすきの」は[南北は南3条、4条の間、東西は西2丁目~西6丁目]の範囲であると明言しています。)「札幌すすきの」の歓楽街では、飲食店、バー、居酒屋、ラーメン店、風俗店など多種多様な業種のお店がビル一棟の中にたくさん入っているケースが一般的です。例えば、「札幌すすきの」のソープランド店は、飲食店や居酒屋などの普通業種のお店と共存するかのように、同じ場所で営業しています。あるビルでは1階が飲食店、2階が焼き肉店、3階がソープランド店、というような光景が日常茶飯事で見られます。つまり、「札幌すすきのソープ」は飲食店などの普通のお店と一緒に日常に溶け込んで、風俗業を営んでいるわけです。「札幌すすきの」における風俗店は、当然のことながら「デリヘル・ホテヘル」の店舗数が最も多いのですが、店舗型ヘルスやソープランド店の店舗数もそれなりに多く充実しています。「札幌すすきのソープ」の最大の特徴は、何といっても「コンビニソープ」と言われるほどにプレイ料金が安いことです。「札幌すすきのソープ」の多くは、プレイ時間が40分~70分と基本として、プレイ料金が1万円台です。つまり、2万円もあれば「札幌すすきのソープ」は十分に楽しめるというわけです。

「函館ソープ」の特徴

「函館」は北海道の南部に位置するエリアで、道内では札幌市・旭川市に次ぐ第3位の人口を有します。「函館」は毎年500万人近くの観光者が訪れる観光都市であり、観光産業が市の柱となっています。函館の観光スポットと言えば、「はこだて明治館」「金森赤レンガ倉庫」「函館山ロープウェイ」「函館公園」「五稜郭タワー」などがあります。また函館にある「金森赤レンガ倉庫」「トラピスチヌ修道院」「旧函館区公会堂」「函館ハリストス正教会」などの西洋文化を強く反映しているスポットは、函館港が日本国内初となる対外貿易港として開港したからです。1854年の日米和親条約により、江戸幕府は「函館」と「下田」の開港を決定し、結果的に多くの外国人が「函館」にやってくるようになったのです。当初、函館に外国人居留地を作る計画がありましたが、計画がとん挫して市内の特定のエリアに限定せず外国人が済むようになったため、街の至る所に西洋文化が織り込まれ異国情緒豊かな景色を作り上げることとなったのです。そんな異国文化が漂う函館には、実は江戸時代に「遊郭」がありました。もともと18世紀後半の「函館」は、漁業エリアとしても海運流通の拠点でもありましたから、人々が多く集まることもあり、売春ができるお茶屋や宿が多くありました。そんな中、函館港が開港し、アメリカの貿易事務官が居留する外国人の世話をする日本女性たちにしてもらうことを奉行所に依頼し、その結果外国人対象の遊郭の設置が認められたのであります。ですから、函館ソープの歴史の始まりは「函館遊郭」であると言え、遊郭がなくなった後も、トルコ風呂からソープランドの流れを経て現在の「函館ソープ」を確立したのであります。

「小樽ソープ」の特徴

「小樽市」は北海度の中部に位置する市で、古くから港湾都市として発展してきました。「小樽市」は毎年観光客が700万人以上訪れる人気の観光都市であり、「小樽運河」「北一硝子」「おたる水族館」「小樽オルゴール堂」などの観光スポットがあります。また、「小樽」は「寿司の街」としても広く知られており、小樽市内には実に100店舗以上もの寿司店があります。「小樽ソープ」の歴史を振り返ると、小樽にも遊郭がありました。「小樽」は北海道屈指の漁場であり、多くの漁師や商人を癒す遊女の存在が必要となったわけです。江戸時代の「小樽」には当初、居酒屋や旅籠(宿屋)などが増えていき、それに比例して飯盛り女(男性客に性的サービスを提供する女性従業員)が増えていきました。やがて、性的サービスの提供を全面に打ち出した「遊女小屋」が小樽エリアに増えていくのであります。しかしながら、戦後に公娼制度が廃止されると同時に遊郭は消滅し、遊郭があった付近は赤線・青線という売春エリアに姿を変えます。その度、1956年の売春防止法によって赤線・青線エリアも姿を消し、やがて性風俗店という形で(トルコ風呂店から始まり)ソープランド店ができていくのです。つまり、「小樽ソープ」は港町にありがちな王道の歴史を通って現在に至った、というわけです。

「旭川ソープ」の特徴

「旭川市」は、北海道の中部のやや北よりに位置しており、札幌市に次いで北海道第二位の人口を誇る市であります。「旭川市」はエリア的に北海道の中枢にありますから道内物流の拠点となっており、道内において重要な経済・産業・文化の中心都市です。「旭川市」は観光地としても有名であり、「旭山動物園」「上野ファーム」「嵐山展望台」「神居古潭」などの有名観光スポットがあります。「旭川ソープ」の歴史をたどれば、やはり「遊郭」であります。旭川では、永山屯田兵村・東旭川屯田兵村の建設のために働く労働者を癒すために、自然的に私娼(個人的に売春をする女性)が集まってきました。そこで風紀を乱さないために、明治30年に「曙遊郭」が設置されました。明治33年には、旭川エリアに多くの貸座敷が存在していたようで、特に「青柳楼」という貸座敷は三階建ての立派な建物だったそうです。その後、旭川エリアに新しい遊郭の「中島遊郭」も建てられました。そして、旭川エリアも戦後に[赤線・青線→トルコ風呂→ソープランド]という流れを経て、現在の「旭川ソープ」に至ります。

「釧路ソープ」の特徴

「釧路市」は北海道東部の太平洋沿岸にある市です。「釧路市」は「釧路港」を持ちながら、食品工場、製紙工場、医薬品工場、発電所なども有する臨海工業都市であります。「釧路」の観光では、大自然を満喫できる観光スポットが人気で、例えば「釧路湿原」「釧路市湿原展望台」「湿原アクティビティ」「阿寒湖」などがあります。「釧路風俗」の歴史をたどれば、釧路の米町エリアに遊郭があったようです。もともと、釧路の米町エリアに明治時代半ばから貸座敷がいくつも乱立するようになり、やがて遊郭としてまとまることになりました。釧路エリアも戦後に[赤線・青線→トルコ風呂→ソープランド]という流れを経て、現在の「釧路ソープ」に至ったと考えていいでしょう。とは言え、釧路の遊郭があった米町エリアは、当時の跡はほとんど残っておらず住宅が並ぶだけあり、現在の「釧路ソープ」は釧路市栄町エリアを中心としています。

北海道ソープランドのオススメポイント(メリット)

【メリット①】「北海道ソープ」は格安ソープがメインなのでとっても経済的だ!

「北海道ソープ」は、プレイ料金が1万円台~2万円台前半の「格安店」がメインとなりますから、非常にお財布にやさしいです。まずは「すすきのソープ」ですが、多くのお店がプレイ時間を40分~70分と基本としており、プレイ料金が1万円台です。どんなに高い「すすきのソープ」のお店でも、プレイ料金が3万円を超えることはまずありません。「函館ソープ」「小樽ソープ」については、プレイ時間が60分でプレイ料金が2万円以下という高コスパぶりです。「旭川ソープ」「釧路ソープ」については、プレイ時間が60分でプレイ料金が2万円台前半です。つまり、「北海道ソープ」は25,000円もあれば、ほとんどのお店でしっかりと遊ぶことができるというわけです。ではなぜ「北海道ソープ」はこれほどまでに安いのでしょう?実は「北海道ソープ」はその格安ぶりから、別名「コンビニソープ」と言われています。何を隠そう、格安ソープの発祥は実は「札幌すすきの」なのです。ですから北海道全域のソープ店が「格安化」の波にのまれ現状に至るのです。また、「北海道ソープ」に限らず北海道全体においてあらゆる風俗業種は数年前から価格破壊を起こしていることも、コンビニソープの現象を作った要因であります。

【メリット②】「北海道ソープ」には素人系ソープ嬢~職人系ソープ嬢まで幅広く在籍している!

「北海道ソープ」には、土地柄的に素人系ソープ嬢~職人系ソープ嬢までのタイプが揃っています。「北海道ソープ」の素人系ソープ嬢の多くは地元女性であり、風俗業界に慣れていない方が多いですから、男性客は必然的に「素人系プレイ」や「恋人系プレイ」を楽しむことができます。一方で、「北海道」は観光地としての側面が多大にありますから、道外以外の女性が「出稼ぎ」で「北海道ソープ」にやってくるわけです。出稼ぎ嬢の多くは、道外の他県でソープ経験を積んでいますから、「北海道ソープ」では職人系嬢(ベテラン嬢)として活躍します。つまり、北海道ソープには、その土地の魅力から様々なタイプの魅力的な嬢が集まりやすい傾向にあり、男性客はそんな魅力的な嬢と出会うことができる、と言えるわけです。「北海道」という地域ブランドが質の高い女性を集めるのですね。

【メリット③】「北海道ソープ」は観光旅行のついでに利用できる!(楽しさ倍増!)

「北海道ソープ」は、「札幌すすきの」「函館」「小樽」「旭川」「釧路」の5つの主要観光エリアに存在します。ですから、「観光」ついでのソープ遊びが可能なのです。特に「札幌すすきの」は、繁華街の中に溶け込む形でソープ店が存在していますから、なにも繁華街で遊んでその後別のエリアに移動する必要がありません。北海道ソープは、観光旅行とついでに夜にソープ遊びを行うことでその魅力を倍増させます。

北海道ソープランドの楽しみ方

「北海道ソープ」では、主に女の子の「素人っぽさ」を楽しんでください。きっと充実したソープタイムを過ごせるはずです。というのも「北海道ソープ」は格安店が多いからです。ソープにおける「格安店」は、一般的にソープ嬢に対する講習や教育にあまりお金をかける余裕がありません。必然的に「格安店」は女の子の素材で勝負することが多くなります。それはイコール、風俗に染まっていない「ピュアな女の子」の反応を男性客は楽しむことができるということです。ぜひとも「北海道ソープ」で素人系ソープ嬢のリアルな反応やプレイを楽しんでください!きっとハマること間違いありません。やはりプレイ料金が高くなるのに比例して、お店は女の子に講習を受けさせることが可能となりますので、もしもテクニックあるソープ嬢を好む男性ならば、プレイ料金が2万円台後半の「大衆店」クラスのお店を選ぶといいでしょう。