福原のおすすめ人気ソープランドを探す

エリア検索

ジャンル検索

兵庫県 福原のソープランド一覧

AZITO V.I.P

福原

120分60,000円

大衆ソープ

8:30~21:30

F-1 CLUB

福原

60分30,000円

高級ソープ

9:00〜22:00

神戸R&B

福原

60分17,000円

大衆ソープ

9:00~23:00

123Q

福原

40分15,000円

大衆ソープ

8:00~23:59

神戸M-Dolls

福原

45分17,000円

大衆ソープ

9:00~24:00

Kobe3040

福原

60分18,000円

大衆ソープ

8:00〜23:30

湯女華

福原

40分12,000円

大衆ソープ

9:00〜24:00

なでし娘

福原

50分15,000円

大衆ソープ

10:00〜24:00前

PROUD

福原

40分15,000円

大衆ソープ

7:00〜24:00前

福原ソープランド事情

兵庫県の「福原」は、関西圏において最大のソープランド街です。大阪と京都にソープランド店は一切ありませんから、兵庫の「福原ソープ」は、滋賀の「金津園ソープ」と並んで関西の最重要ソープエリアであります。また、かつてあった「福原遊郭」は、東京の「新吉原遊郭」と京都の「島原遊郭」と並んで「さんばら」もしくは「三ハラ」と称されるほどに有名でした。「福原ソープ」の歴史を見れば、「福原」は様々な困難を乗り越えて、現在の「巨大ソープエリア」としての確かな地位を築きました。その過程には、福原ソープに襲い掛かる数々の逆境があり、また、その逆境に負けずに努力した関係者の頑張りがあったことは非常に興味深いです。では、福原ソープの現在と過去において説明していきましょう!

福原ソープエリア(風俗街)の特徴

福原のソープ街は…というよりも、福原にはソープだけでなく多種多様の風俗業種が混在する街なので「福原風俗街」と表現した方が適切かもしれません。「福原」には、「デリヘル」「ソープランド」「ピンサロ」「メンズエステ」などの業種が日々熾烈な競争を繰り広げています。特筆すべきは、「福原」は他のどの業種よりも「ソープランド」の店舗数が多いのです! 福原ソープの店舗数は福原デリヘルより多いのです!福原のように「ソープランド」店の数が最も多い風俗エリアは、全国的に見ても非常に稀です。というのも、多くの風俗エリアは「デリヘル」が他の風俗業種より圧倒的多数で店舗数が多いからです。福原の繁華街のメインとなるのは、「柳筋」「桜筋」「楠筋」の3つの通りであり、この3つの通りの一部のエリアにソープ店が集まっています。特に、福原の風俗店は「柳筋」と「桜筋」を中心に密集しています。(別の通り名で表現すれば「西橘通」と「西多聞通」に福原の風俗店が密集しています。)繁華街には多くの飲食店や大きなマンションもありますから、福原のソープ店は普通業種と住宅地の中で共存するかのように営業していることが伺えます。むしろ福原のソープ街は繁華街にあるというより、住宅街がメインの街にあるという感じなので、風俗街独特の異様な雰囲気はあまり感じられないのが特徴的です。

福原ソープランドの歴史

「ソープランド」という風俗業種が法律的にグレーゾーンである以上、どこのソープエリアも様々な困難があり、その困難を努力と頑張りで乗り越えたからこそ、現在の地位を手にしていることは容易に想像できます。特に「福原ソープ」の歴史は波乱万丈であると言えます。「福原ソープ」の歴史は「遊郭」から始まるのですが、特に福原ソープの現代史は困難の連続でした。その困難を乗り越えて福原ソープは現在、関西圏ナンバーワンの規模のソープエリアとして業界に君臨しているのであります。

福原遊郭の設置

「福原ソープ」の歴史は古く、明治時代に誕生した「遊郭」から始まります。(各地の有名ソープエリアにかつて「遊郭」があったことはもはや「ソープあるある」と言えます。)1858年に日米修好通商条約が日本とアメリカの間に結ばれて以降、多くの外国人が日本にやってきました。日本各地の開港場には外国人居留地を設置することが決められ、外港があった兵庫県神戸市には神戸居留地が設けられました。やがて、外国人居留地には外国人をもてなすための劇場や遊郭が(必然的に)設置されることとなります。兵庫のとある奉行は、神戸居留地の開設に伴い、旅籠屋(旅籠屋は主に宿泊施設であるがお店によっては女性従業員が性的サービスを提供することもあった)や遊郭の設置を提案し、その上申が認められる形で1868年に「福原遊郭」が誕生しました。開業当時の「福原遊郭」は、神戸居留地と市街地から外れた宇治川の河口付近右岸(現在の神戸駅東側にあたりハーバーランドの周辺)に建てられました。ですが、わずか3年後の1871年には「福原遊郭」は場所を「新福原」に移転しています。というのも、鉄道駅(神戸駅)の用地として指定されていたエリアに「福原遊郭」が含まれていたからです。その後、兵庫県は娼妓(特定のエリアで売春をすることを許可された女性)を1カ所に集めて貸座敷(遊女屋のことで、女性が男性客に性的サービスを行う場を提供する仕事)を営業する集娼制にすることで、「福原遊郭」に多くの貸席や娼妓が集まってくることになります。1897年なると、「福原遊郭」の規模は、100軒以上の貸座敷と900人以上の娼妓が営業するまでに大きくなりました。そして、当時は福原遊郭の隣を流れていた湊川が埋め立てられ、関西でも指折りの繁華街となる湊川「新開地」が誕生したこともあり、「福原遊郭」と「新開地」は相互的に作用しながら共に一大歓楽街としてさらに発展していくことになるのです。昭和5年になると「福原遊郭」の規模は貸座敷が90軒以上、娼妓が1300人以上となり、全国的に見ても「福原遊郭」は有数の花街へと成長します。とある新聞社が行った観光名所の人気アンケートでは、花街部門にて「福原」が堂々の1位に輝いています。第二次世界大戦時に「福原遊郭」は壊滅的被害を受けますが、戦後間もなくして復興します。1955年当時、「福原遊郭」では400人以上の娼妓が働いていたそうです。

福原遊郭の消滅からトルコ風呂の隆盛

1958年の「売春防止法」の施行により、長らく栄華を極めた「福原遊郭」は廃業することとなり、歴史の表舞台から完全に姿を消してしまうこととなります。福原の遊郭で貸座敷業を営んでいた業者たちは、1960年代後半から人気を獲得しつつあった「トルコ風呂(ソープランドの前身)」に次々と鞍替えしていきました。また、営業許可を取らずに営業していた特殊浴場は、独自の風俗業態を確立し「浮世風呂」と言われることもありました。当時の「福原」の風俗エリアの大きな特徴は、「トルコ風呂」だけでなく「ピンサロ」も非常に多かったということです。その後、トルコ風呂はトルコ共和国の抗議によって、「ソープランド」へと名称を変えます。

福原ソープの紆余曲折

1987年に世間においてもソープ業界においても激震が走るような出来事が起こりました。1987年1月17日に、日本で初めて性交渉によりHIVに感染しエイズを発症した女性がいることが厚生省(現在の厚生労働省)によって発表されたのです。しかも、そのエイズ患者は兵庫県神戸市で見つかりました。そして、エイズ感染を疑った多くの人たち(特に神戸市民が多かった)からの電話が、保健所や医療機関に殺到する事態となりました。日本人初の(性交渉による)エイズ患者が神戸で見つかったことから、「神戸はすでにエイズが蔓延しているのではないか」と大パニックになったのです。自治体には検査を求める電話が一日に1,000件以上も押しよせ、検査を受けた人が自殺するケースにまで発展しました。この騒動は「(神戸)エイズパニック」と言われます。では、なぜ「エイズパニック」と言われるほどに大きな騒動になったのでしょう?理由はいくつかあります。まず、その当時の人々はまだ「エイズ」という病気に対して正しい知識を持っていなくて冷静に対応できなかったこと。そして、その当時はエイズに対して有効な薬がなく、エイズは死を伴う不治の病であったと一般的に認識されていたこと。さらに、日本人初の(性交渉による)エイズ患者が見つかったというニュースの数日後に、その患者の死亡のニュースが報道され、さらにパニックが大きくなったこと。そして、この「(神戸)エイズパニック」は、「福原ソープ」に甚大な被害を与えることとなります。というのも、その日本人初の(性交渉による)女性エイズ患者が、数年にわたり売春を行っていたことや、神戸の風俗店で働いていたことがメディアによって報道されたからです。実際に「福原ソープ」は無関係ながらも風評被害を受け、一時的に客数が大きく減少することとなりました。結果、「福原ソープ」はこの危機的状況を打破するべく、ソープランドでの「コンドーム着用」の義務化を決めました。そして「エイズパニック」から数年後の1995年に阪神・淡路大震災が発生します。震源地から近かった「福原」は甚大な被害を受けます。この時に「福原ソープ」もかなりの被害を受けるのですが、ソープランド店の建物は大型のボイラーを使う特殊浴場という性質もあり安全基準が高く、震災後に多くのソープ店が生き残ることができました。この時、福原のソープランド協会は、震災で被害を受けた人々に、ソープ店のサービスルームを入浴施設として提供することに決めたのです。家を失ってお風呂に入れない人々のために、多くのソープ店が協力して助け合ったのです。その光景は、普段決して交わることがない「一般社会」と「風俗業界」が、業種や建前など関係なく手を取り合って助け合った美しいものでした。

福原ソープと他風俗業種の戦い

現在の「福原ソープ」は、岐阜の「金津園ソープ」と並び、関西圏において重要なソープエリアとしての地位を確立しています。とは言え「福原ソープ」は、平たんな道のりを歩いて現在のような関西一のソープエリアの地位を確立できたわけではなく、先に説明した通り、様々な紆余曲折があっての「現在」です。そして、「福原ソープ」の近年の歴史とは、「福原ソープVS他風俗業種」の歴史であると一言で言い表すことができるでしょう。この「福原ソープVS他風俗業種」のよう対立構造は、例えば「吉原ソープ」では見られないことです。「吉原ソープ」の歴史とはあくまでも「吉原ソープ」の発展の歴史であり、「吉原」エリアにてソープランド以外の風俗業種が台頭したことはいまだかつてありません。つまり、「吉原風俗」の歴史とは「ソープ」一択の歴史であるのです。一方で「福原」は様々な他の風俗業種が乱立しやすい地域だったために、「福原ソープ」は近現代においても過酷な競争を強いられたのです。まずは「福原ソープVS福原ピンサロ」の対立が起きます。そもそもソープランドは高級風俗でありますから、安い価格で利用できる風俗業種に客が流れてしまう状況に陥りやすいです。バブルがはじけて不景気に陥った日本では、安価に利用できるピンサロがもてはやされる時代が到来し、結果的に「福原ソープ」においても「福原ピンサロ」に顧客を多く奪われてしまうのです。そして間もなくして立て続けに、「福原ソープVS福原ファッションヘルス」の対立が起きます。(トルコ風呂時代から考えて)昔からある「ソープランド」は、新しい風俗業種である「ファッションヘルス」の台頭によって、「古い風俗」という烙印を押されてしまったのです。人々は目新しいもの(ファッションヘルス)に飛びつき、「福原ソープ」はさらに顧客を逃すことになります。1990年代後半になると「デリヘル」が台頭して、客が来店しなければいけない「店舗型風俗店」は利用しにくいという評価をされ、全国的に多くのソープランドが廃業に追い込まれました。そのような過酷な状況の中、「福原ソープ」は客を取り戻すべく、過去の慣習やシステムを捨て新たなる改革に乗り出します。その改革の一つは「福原ソープ」の低価格化です。「福原ソープ」のコスパを高めることで、「ピンサロ」などの低価格帯の風俗に勝負を挑んだのです。二つ目の改革として「福原ソープ」のサービスの多様化です。「ファッションヘルス」や「デリヘル」は、お店によって独自のコンセプトを打ち出しており、つまりは「オリジナリティ」が高かったわけです。風俗店がオリジナリティを高めることで、風俗ユーザーのニッチなニーズに応えることができ、結果的に「ファン」を獲得できます。一方で、「ソープランド」は歴史が長いこともあり、プレイ内容やサービスが定型的に決まりやすくなり、他店との差別化が難しくなります。結果、どこのソープランドに行ってもサービス内容はほぼ同じとなり、ユーザーはソープに飽きてしまいます。そこで「福原ソープ」の各店舗は、独自のサービスやコンセプトを打ち出して他店と差別化を図ったのです。結果的に、「福原ソープ」に客が再び戻ってくるようになり、「福原ソープ」はかつての勢いを取り戻すのです。「風俗の王様=ソープランド」という概念が廃れないように努力し続ける「福原ソープ」のファンたちは福原ソープから離れることはないでしょう。そして、「福原ソープ」のブランドが揺らぐこともないでしょう。特に関西圏では大阪と京都にソープランド店が1店舗もありませんから、関西のソープユーザーたちにとって「福原ソープ」は非常に重要であることは間違いありません。今後どれだけの危機を迎えようとも、「エイズパニック」や「阪神・淡路大震災」を乗り越えた時のように、「福原ソープ」は協会を中心として全てのソープ店が協力し合って、その時に応じた適切な判断で危機を乗り越えていくことでしょう。そして、今後も「福原ソープ」の歴史は続いていくのです。

福原ソープランドのオススメポイント

【メリット①】「福原ソープ」は格安・大衆・中級・高級の4つの価格帯からお店を選べる!

「福原ソープ」は主に4つの価格帯で構成されているので、ソープユーザーは幅広い選択肢から自分に合ったお店を探すことができます。福原ソープの「格安店」はだいたい60分以下で25,000円以下、「大衆店」はだいたい60~80分で4万円以下、「中級店」は90分前後で5万円未満、「高級店」は110~120分で5万円以上です。また、「福原ソープ」には様々なジャンルのお店がありますので、男性客は自分の性癖や好みに合わせてお店を選ぶこともできます。ただし、2輪車などの複数プレイができるソープ店は限定されているので、複数プレイを希望される方は事前に確認をしておく必要があります。

【メリット②】「福原ソープ」は格安店がとっても充実している!

大阪にも京都にもソープランドは1軒もありませんので、関西圏でソープランドを楽しむとなると「兵庫県の福原」か「滋賀県の雄琴」の二択になります。そこで、多くのソープユーザーは「兵庫県の福原」に行くべきか「滋賀県の雄琴」に行くべきか悩むところですが、昔から「雄琴は高級店が充実しており、福原は格安店が充実している」と言われています。その言葉の通り、「福原ソープ」の格安店は全体の約8割を占めるほど店舗数が多いのです!「福原ソープ」の格安店は店舗数が多い分、各ソープ店のコンセプトや個性が違っており、そのお店独自の楽しみ方ができますから飽きることがありません。また、福原の格安ソープ店での30分~45分の最も短いコースならば、1万円台前半という激安料金でサービスを受けることもできます。

【メリット③】「福原ソープ」での午前~午後の利用はいいことがいっぱい!

「福原ソープ」は、格安店・大衆店・中級店を中心に多くのお店が早朝から営業を行っています。そこで皆様にぜひオススメしたいのは、「福原ソープ」を早朝~午後(主に18時まで)に利用することです。なぜならば早い時間帯でのソープ店の利用は、いいことがいっぱいあるからです!まずは、早朝~午後は「福原ソープ」の利用料金が割安になるということ。格安ソープ店ならば、2,000円~3,000円の割引は当たり前で、中にはこの金額以上の割引をするお店も珍しくありません。次に、「福原ソープ」の早朝~午後の利用は、待ち時間がほとんどないということ。通常、18時以降になると福原ソープのどこのお店も混みますから、客が待つことはざらです。特に福原の人気ソープ店になると待ち時間が1時間以上になることもしばしば。ですが、「福原ソープ」の早朝~午後の利用ならば、客が来店してから数分ですぐにサービスを受けることができます。ですから、時間を効率よく使いたい方にとって、早朝~午後の「福原ソープ」は狙い目なのです!同時に、「福原ソープ」を早朝~午後に利用することで、人気嬢の予約も取れやすくなります。特に、日頃夜にフリーで来店している方は、たまには早朝~午後に福原ソープに出向いて人気嬢のすばらしさを味わってみるのもいいでしょう。高い満足感を得られるはずです。そして注目すべきもう一つのメリットがあります。そのメリットとは、「福原ソープ」の早朝~午後(主に午後)の利用で、テクニックレベルの高いソープ嬢と出会える可能性が高まることです。夜のソープ店では、大学生や昼のお仕事をかけもちしている女の子が一気に増えます。一般的に、夜の時間帯だけ働いているソープ嬢は、一日中勤務しているソープ嬢に比べてプレイ時間が非常に短くなるため、必然的にテクニック不足になりやすい傾向にあります。ですが、お昼間に働くソープ嬢は、多くの場合、他の仕事をせずにソープ店一本で働いている女性が多いため、勤務時間が長い分、テクニックが向上しやすい傾向にあるのです。つまり、昼に出勤している女の子ほど、プロのソープ嬢である確率が高い!というわけです。ただし、早朝に出勤しているソープ嬢は、午前中だけ出勤している場合も多々あり、その場合はテクニック不足が懸念されます。とは言え、早朝ソープの嬢は、年上女性や人妻女性の場合も多く経験値がありますから、嬢の全てが全てテクニック不足というわけでもなく、すばらしいエロテクをお持ちの方もいることでしょう。

【メリット④】「福原ソープ」の関西のノリがあなたを元気にする!

「福原ソープ」で働く女性は、土地柄的に関西女性が多いです。というのも、先にも触れた通り、大阪や京都などの関西の主要エリアにはソープ店が1軒もないからです。やはり、あらゆる風俗業種の中で、「ソープランド」は「風俗の王様」と言われるほどに風俗業種のトップに君臨しますから、稼ぎはダントツにいいのです。高い給料に魅せられた女の子たちはソープで働くことを望みますが、大阪や京都ではその希望は叶いませんから、必然的に兵庫の「福原ソープ」に出稼ぎにくるのです。(当然、福原ソープには兵庫県出身の女の子も多いです。)みなさんのイメージ通り、「福原ソープ」には関西印の元気っ子が多いです。関西特有の元気や明るさは、男性客に多大な癒しとパワーを与えてくれることでしょう。

福原ソープ嬢の特徴

神戸出身の方は、「兵庫出身」とは言わずに「神戸出身」と表現することが一般的です。「神戸」はおしゃれな街というイメージが強く、みなさん「神戸出身」と言いたがるんですね。そして「福原」はそんなおしゃれな街「神戸」にあります。ですから、「福原ソープ」では「神戸」のおしゃれな感じを身に付け、スタイリッシュでおしゃれな嬢が多いと言えます。都会的な雰囲気を身に付けている「福原ソープ」嬢のおかげで、「福原ソープ」を利用するお客はソープサービスに「高級感」を感じられて、お値段以上の満足感を得やすいでしょう。また、「新開地」は下町のような雰囲気があり、都会的な「神戸」でありながら、人情味溢れる人が多いと言われます。なので、「福原ソープ」嬢においても優しい女性が多いと言えるので、男性客はご奉仕感溢れるサービスを受けられるとも言えます。関西地区であっても、都会的なゴージャス感と下町のような人情味と関西地区ならではの元気さの3つの要素を合わせ持つ「福原ソープ嬢」は、非常に魅力的な存在なのであります。

福原ソープランドの注意点

福原エリアにも「風俗案内所」がたくさんあります。ですが、神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)が指定する(公認している)案内所は一つだけです。協会が指定する風俗案内所は、信頼出来て質の高いサービスを提供してくれるソープ店のみを紹介してくれますから、なるべくなら協会指定の案内所を利用した方がいいでしょう。それ以外の風俗案内所は個人経営である場合が多く、風俗情報に偏りが見られたり、公平性が保たれなかったりすることがあるでしょう。協会指定の「風俗案内所」は、「柳筋」の入口付近にあり、黄色い看板が目印で「無料案内所1(ONE)」を書かれています。

神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)とは?

通常、全国のソープランドではエリアごとに「特殊浴場協会」という団体があり、そのエリアのほとんどのソープ店が協会に所属します。「特殊浴場協会」は、主にソープランド業界における「法律的問題」「地域的問題」「反社会勢力との断絶」などに対応する団体で、管轄の地域にあるソープ店が健全に営業することを目的として日々活動しています。つまり、「特殊浴場協会」に所属しているソープ店ほど、客は安心・安全に利用できるってことなんですね。「福原ソープ」の管轄は、「神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)」であります。「神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)」は、警察に対しての店舗の対応、風営法の順守、建築法の順守、衛生面での指導、反社会勢力の排除、薬物の排除、などにおいて、店舗に厳しく指導します。「福原ソープランドの歴史」の項目でも説明しましたが、「(神戸)エイズパニック」時の「コンドーム使用の義務化」も、阪神・淡路大震災時の「お風呂場の提供」も、「神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)」が決断して実行できたことなのです。つまり、「神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)」は、あらゆる福原ソープのお店をまとめながら動かすことのできる力を持つ団体なのです。男性客のみなさまは、どこのソープ店で遊ぶかお悩みでしたら、ソープ店が「神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)」に所属しているかどうか、で判断することも一つの基準となるでしょう。「神戸特殊浴場協会(神戸SB協会)」に所属しているお店ならば、確実に安心して遊べると太鼓判を押せます。

福原ソープランドのアクセス

「福原ソープ」は、4つの駅(新開地駅・湊川駅・高速神戸駅・神戸駅)に囲まれるように位置しており、かつ、どの駅からも徒歩圏内なので非常にアクセスしやすいです。阪神電気鉄道・阪急電鉄「新開地駅」と「高速神戸駅」から「柳筋」「桜筋」の入口までは徒歩で5分、神戸市営地下鉄西神・山手線「湊川公園駅」からは徒歩7分、JR線「神戸駅」からは徒歩10分です。「桜筋」に近い「新開地駅」の場合、行き方は[駅の東改札を出て→改札の後ろ手に向かって→メトロこうべ新開地3番の出口から出て地上へ→商店街のアーケードを抜けて左に曲がり→約70m進むと「桜筋」の入口に到着]です。「柳筋」に近い「高速神戸駅」の場合、行き方は[西改札口から出て→メトロこうべを新開地タウンに向かって歩く→左手に卓球場が見える→約50m進むと右手にあるメトロこうべの1番出口から地上へ→前方に「柳筋」の入口]です。「福原ソープ」から北西に位置する「湊川公園駅」の場合、行き方は[東改札口に出て→右手をまっすぐ進む→突き当りを右に進む→東出口4番から地上へ→喫茶店「ai ai」まで行き喫茶店の角を右に(※喫茶店の角を曲がらずに直進すると「柳筋」に到着)→「桜筋」に到着]です。JR神戸駅は他の最寄り駅に比べて福原ソープまでの距離が最も遠いですが、JR線ということで利用頻度が高い方も多いでしょう。「柳筋」の入口に最も近い「神戸駅」の場合、[高速神戸駅西改札まで進んでさらにメトロこうべを目指す→左手に卓球場が見える→約50m進むと右手にあるメトロこうべの1番出口から地上へ→前方に「柳筋」の入口]です。車で「福原ソープ」を目指す場合、柳筋と桜筋は一方通行ですので気を付けてください。また、駐車場を完備していないソープ店もありますので、事前にコインパーキングの場所を確認しておきましょう。

福原ソープランドの楽しみ方

「福原ソープ」には、関西エリア全域から容姿・内面において質の高い女性が集まってきます。さらに、格安料金で遊べるお店が多くあります。「福原ソープ」の一番の魅力は、「格安料金でありながら質の高い女の子と遊べる」ことでありますから、男性客のみなさまはぜひともそのコスパの高さに高い満足感を得て頂きたいです。また、「福原」は観光地として有名な「神戸」にありますから、ソープ遊びのついでに「神戸」の街を観光するのもいいでしょう。ソープ街がある「柳筋」「桜筋」「楠筋」の3つの通りには飲食店も数多くあるので、ソープ遊びに「グルメ」を取り入れてもいいでしょう。ソープ遊びが終われば、少し歩けば「神戸」の港町に行くことができます。夜景が素晴らしい「神戸ハーバーランド」も、ランドマークとして有名な「神戸ポートタワー」も、メリケンパーク周辺が見どころの「神戸港」も、「福原ソープ」からとっても近いです!ソープ遊びと観光が一度に出来てしまう「福原」は、我々男たちに次から次へと楽しみを途切れることなく与え続けてくれるはずです。