吉原のおすすめ人気ソープランドを探す

エリア検索

ジャンル検索

東京都 吉原のソープランド一覧

G-BODY

吉原

50分20,900円

大衆ソープ

10:00~24:00

在籍している女性は「Eカップ以上」のみ!

ありふれた巨乳店では味わえない、真の魅力を当店で御体感くださいませ。素人の女の子がメインなので業界に染まり切っていない初々しいサービスも要注目!

ハピネス東京 吉原店

吉原

50分20,000円

激安ソープ

7:30~24:00

グループ屈指の厳選美女のみ在籍、吉原のソープランド!

2024年4月10日再始動!ハピネスグループの総力を集結!内装、女の子のおもてなし、館内設備、当グループの中でもワンランク上のお時間を過ごせるソープランドでございます!

ヴェルサイユ

吉原

120分80,000円

高級ソープ

9:00~24:00

吉原高級ソープ「ヴェルサイユ」で上質なひとときを

~ 至高のひとときを心よりお楽しみください ~ハイレベルなキャストの採用、清潔感のある店内環境の整備、スタッフの教育に力を入れています。

アリスカフェ

吉原

50分20,900円

大衆ソープ

10:00~24:00

ここまでメイド服に拘ったソープは当店だけ!

容姿はもちろん、ホスピタリティも追求し、お客様に心と身体の癒しを感じていただけるようなサービスを提供することをお約束致します。

NEO TOKYO

吉原

入浴料:120分30,000円

高級ソープ

10:00~24:00

街で出会えないようなSS級美女が大集結の高級店

ルックス・スタイル・サービスの質すべてにこだわったハイレベルな美女が在籍している高級ソープです。

コスパラ

吉原

50分20,900円

大衆ソープ

10:00~24:00

素人×コスプレ×おもてなし

吉原の中でも、「素人」ということに徹底してこだわって採用!コスプレを業界未経験の女の子とお楽しみください!

信長

吉原

60分10,400円

激安ソープ

11:00~24:00

Academy

吉原

110分16,500円

高級ソープ

9:00〜24:00

大奥

吉原

50分11,000円

激安ソープ

8:00~24:00

秘書室

吉原

120分25,000円

高級ソープ

10:00〜24:00

ルピナス

吉原

120分30,000円

高級ソープ

9:00~24:00

sweet kiss

吉原

40分10,000円

激安ソープ

9:00~24:00

将軍

吉原

120分59,000円

高級ソープ

11:30〜24:00

鹿鳴館

吉原

120分23,000円

高級ソープ

10:00~24:00

白夜

吉原

120分20,000円

高級ソープ

9:00〜24:00

Garter Madam

吉原

60分20,000円

激安ソープ

10:00〜24:00

EXE

吉原

110分25,000円

高級ソープ

11:00~23:00

Club夢Dream

吉原

90分27,500円

大衆ソープ

8:30~24:00

迎賓館

吉原

120分25,000円

高級ソープ

6:00〜24:00

PICASSO

吉原

110分33,000円

高級ソープ

12:00〜24:00

Segretario

吉原

120分25,000円

高級ソープ

9:00〜24:00

Rothenburg

吉原

120分20,000円

高級ソープ

8:00~24:00

CLUB39

吉原

30分9,000円

激安ソープ

7:00〜24:00

聖女

吉原

120分30,000円

高級ソープ

11:00~24:00

Chocolat

吉原

120分25,000円

高級ソープ

10:00〜23:55

Sakura Spa

吉原

80分30,000円

大衆ソープ

8:00〜24:00

阿呍

吉原

60分21,000円

大衆ソープ

6:00〜24:00

台北

吉原

50分14,600円

激安ソープ

9:00〜24:00

ロベルタ

吉原

120分20,000円

高級ソープ

11:00〜24:00

牛若丸

吉原

120分29,000円

高級ソープ

9:00〜24:00

ドルチェ

吉原

50分18,000円

激安ソープ

8:00~24:00

クラブ華

吉原

90分31,800円

大衆ソープ

9:00~24:00

SKY

吉原

100分15,000円

大衆ソープ

9:30〜24:00

オペラ

吉原

120分20,000円

高級ソープ

10:00〜24:00

粋美

吉原

110分25,000円

高級ソープ

11:00~23:00

銀馬車

吉原

90分36,000円

高級ソープ

11:00〜24:00

Kelly Hills

吉原

120分20,000円

高級ソープ

12:00〜24:00

夕月

吉原

110分27,500円

高級ソープ

8:30〜23:00

ティアラ

吉原

120分30,000円

高級ソープ

10:00〜24:00

粋蓮

吉原

120分33,000円

高級ソープ

11:00〜24:00

D-collection

吉原

50分20,000円

大衆ソープ

9:00~24:00

女帝

吉原

120分30,000円

高級ソープ

11:00〜24:00

ルーブル

吉原

120分33,000円

高級ソープ

10:00~24:00

MOMO

吉原

50分18,000円

大衆ソープ

12:00~24:00

Queen Angel

吉原

50分9,000円

激安ソープ

8:00~24:00

恵里亜

吉原

50分12,000円

激安ソープ

9:00〜24:00

club OASIS

吉原

60分21,500円

大衆ソープ

9:00〜24:00

吉原ソープランド事情

「吉原ソープ」は、言わずもがな、日本一のソープエリアです。もともと「風俗の王様」と呼ばれるソープですが、ならば「ソープの王様」は「吉原ソープ」です。ですから、男ならば一度は吉原に行ってソープ体験をすることが、男としての最高の楽しみの一つと言えるでしょう。かつ、「吉原ソープ」は、江戸時代の「吉原遊郭」から数えれば、なんと400年以上もの歴史を誇ります。つまり、「吉原ソープ」で遊ぶことは、快楽を得ると同時に、日本の歴史を知ることでもあるのです!というわけで、歴史を学びに「吉原ソープ」に行きましょう!(こういう風に言えば吉原に行く大義名分ができますね。)冗談抜きで、吉原ソープでは高い「ホスピタリティ」によって「非日常的な快楽体験」を得られること間違いなしです!では今回は、吉原ソープの特徴や歴史を通して、吉原の素晴らしさを存分に説明させて頂きます!

吉原ソープエリア(風俗街)の特徴

「吉原」は言わずと知れた日本最大のソープランド街です。吉原はソープランド店の店舗数が日本最大規模の多さを誇り、名実ともに日本一のソープ街と言い切れます。「吉原」は他の地方エリアのソープ街と比べて、ソープ街の基盤となった遊郭としての歴史が長く、最も伝統と歴史を重んじているソープ街と言えるでしょう。現在の「吉原ソープ街」は、主に東京都台東区千束4丁目のエリアに位置し、「上野」「南千住」「浅草」の3エリアに挟まれる形となっています。そのため、多くの男性客は「吉原ソープ」に行くのに「上野」「南千住」「浅草」の3駅から来店しますので、これら主要3駅には客を送り迎えする黒塗りの送迎車が何台も特定の場所にて停車している光景が日常的に見られます。現在の「吉原」においても、江戸時代の「吉原遊郭」の面影を様々な場所で見ることができ、歴史を感じながらソープ店へと向かうことができます。「吉原ソープ」に行くには「吉原大門」というモニュメントがある場所を目指すのですが、まずは「吉原大門」の目の前に、「見返り柳」という有名スポットがあります。かつて遊郭で遊び終えた男性客が吉原を後にする際に、名残惜しさから後ろを振り返ったことから「見返り柳」の名がつけられました。かつてあった「吉原遊郭」は、入口が一つしかなかったために、全ての男たちは「見返り柳」の前を通って吉原を行き来していたそうです。「見返り柳」からう吉原に向かっていると、「衣紋坂(えもんざか)」というS字にくねくね曲がっている道が現れます。かつての「吉原遊郭」では、このくねくねの「衣紋坂」が遊郭に向かう唯一の道でした。なぜ「衣紋坂」がS字にくねくねしているのかというと、道にカーブを多く作ることで、外から遊郭の中が見えにくいようにする目的があったからだそうです。「衣紋坂」を進んでいけば「吉原大門」のモニュメントが現れ、モニュメントから先が「吉原ソープ」となります。「吉原ソープ」には理路整然とたくさんの店舗が並んでおり、吉原に最初に訪れた方ならば、その店舗数と雰囲気に圧倒されることは間違いないでしょう。

吉原ソープに多くある「喫茶店」とは?

「吉原ソープ」のエリアには、「喫茶店」という看板が掲げられたお店が数多く点在します。実は、この「喫茶店」と大々的にうたっているお店は、実は「喫茶店」ではありません。吉原ソープにある「喫茶店」は言ってみれば、ソープ店の案内所であり、男性客にお店や女の子を紹介する場所なのであります。ならば「喫茶店」ではなく普通に「案内所」という看板を立てればいいのですが、それができない事情があります。ご存じの方も多いと思いますが、ソープランドはあらゆる風俗業種の中で「本番行為」ができる唯一の風俗業種です。とは言え、日本では金銭のやりとりをした上での「本番行為」は「売春」と見なされてしまい違法行為に該当します。(そのために、ソープランドではソープ嬢が男性客の入浴介助をしている最中に男女に恋愛感情が芽生えてエッチをしてしまった、という建前を用意して「売春」には当たらない、と解釈しているのですね。納得できるかどうかは別として…)ですから、「本番」ができるソープランドを、「風俗案内所」として男性客に紹介してしまうと、紹介した人は「売春の周旋」「売春勧誘」「売春による利益供与」にあたり、売春防止法に抵触して法律違反にあたる可能性が出てくるわけです。(一方で、本番行為がない「ヘルス」のお店を「風俗案内所」として男性客に紹介したところで、売春防止法には抵触しません。)そこで、吉原ソープでは、「ソープ店案内所」はあくまでも「喫茶店」という立ち位置で、喫茶店のマスターが来店した男性客に、「あそこのソープ店はすごく人気があるらしいよ」的な感じであくまでも世間話として情報を与えるのです。男性客はあくまでも「喫茶店」で得た世間話をもとに来店するだけです。つまり、「喫茶店」での世間話は売春防止法に抵触しない、という解釈なのです。総じて、吉原ソープを違法なものにせずに守り続けるには、絶対的に「建前」がめちゃくちゃ大事になる、ってことなのです。

吉原で楽しめる観光スポット

「吉原」の街並みは、地方のソープ街と比べてもさびれた感じが一切ありません。それは、「吉原」には「歴史」があるからです。「吉原」には歴史を感じられる観光スポットも多くあり、街並みに情緒や重厚さや与えます。例えば、「御朱印集め」を目的とする観光客が多い「吉原神社」をはじめとして、関東大震災でなくなった人たちを弔うために作られた「吉原弁財天本宮」や、遊女たちの吉原遊郭からの逃亡を阻止するためにあった「お歯黒どぶ跡」や、吉原遊郭にて性病や堕胎によって命を失うことになった遊女を投げ込む寺だった「浄閑寺」や、樋口一葉がかつて吉原エリアに住んでいたことで建てられた「一葉記念館」など、数多くの観光スポットが吉原にあるのです。ですから、「吉原」にはソープ客も大変多くくれば、吉原の歴史に触れたくて来る観光客も大変多く、言わば「吉原」は歴史とエロが共存する不思議な街なのです。そんな不思議な魅力に溢れる「吉原」は今日も多くの人を惹きつけて止みません。

吉原ソープランドの歴史

「吉原ソープランド」の歴史は、1617年に江戸幕府公認で日本橋葺屋町(現在の日本橋人形町)に「遊郭」が許可されたことから始まります。ですが、1657年の火事によって日本橋の吉原遊廓が焼失し、また遊郭付近の市街化もあって、吉原遊郭は浅草エリアに移転を命じられることとなります。江戸時代の吉原遊郭は社交場としての役割もあり、数多くの大名や文化人たちが集う場所でもありました。吉原遊郭はそのような立場ある人たちが多く集まるところゆえに、彼らを相手する遊女たちは和歌や茶道などの知識と教養を身に付ける必要がありました。当時は、客が吉原の遊女と寝るには、複数回通う必要がありました。(初対面で客と遊女が寝ることは許されませんでした。)1回目に客が遊女にあって正式な「客」なり、2回目に登楼で裏を返し(今で言う「本指名」ですね。ちなみに吉原用語としても「裏を返す」は現在においてもよく使われる言葉です。)、3回目に客と遊女が馴染みになって(仲良くなって)、それでようやく客は遊女と寝ることができたのです。つまり吉原遊郭の遊女は、男が相手をしてもらうにはかなり敷居が高かった、というわけです。その後、吉原は、吉原大火・関東大震災・東京大空襲によって三度全焼しますが、都度再建され蘇ります。そして、1958年の売春防止法の施行により、吉原は遊郭や売春のような役割を果たすことができなくなり、一時活気がなくなります。その後、吉原の多くの店は連れ込み宿(今で言うラブホテル)を経て、トルコ風呂(1951年に誕生した風俗サービスを受けられる浴場で今のソープランドの原型)に転業して、さらにトルコ風呂から1984年に「ソープランド」へと改称して今に至ります。

吉原ソープランドのオススメポイント

【メリット①】吉原は日本一ソープ店の数が多い!

「吉原ソープ」の店舗数は、他エリアを圧倒します。特に「吉原ソープ」は、異なる価格帯のお店のバリエーションが豊富で、格安(激安)店・大衆(中級)店・高級店がバランスよく存在します。一般的にソープランド店の価格帯は、格安(激安)ソープがプレイ時間60分で1万円台~、大衆(中級)ソープがプレイ時間90分~100分で2万円~4万円台、高級ソープがプレイ時間120分で5万~8万円台、と言われています。「吉原ソープ」には、これら3つの価格帯のソープ店が数多くありますから、男性客個人のニーズを見据えた、幅広い選択肢が用意されています。一方で地方に目を向けると、地方のソープ店は多くが価格帯を合わせていることが多いので、吉原ほど価格帯別に店舗ジャンルが多角化しないことがほとんどです。よって、地方のソープは、皆同じようなサービスになりやすく、他店との差別化が図れず、男性客もソープ通いに飽きてしまう傾向にあるのです。ですが、あらゆる価格帯のソープ店が多い吉原では、男性客は常に飽きることなく、いつも新鮮にソープ遊びを楽しむことができます。かつ、吉原エリアにおける各価格帯のソープは、同価格帯の競合店の数が多いので、サービスの質を高めることにおいて妥協を許しません。吉原ではソープ店が、サービスを妥協した時点で敗北が決まると言えるほどに、吉原エリアはソープ戦国地帯なのです!ですから、男性客たちは、吉原ソープで常に価格以上のサービスの質を提供してもらえると言えるのです。

【メリット②】吉原のソープはサービスの質が高い!

先にも少し触れましたが、「吉原ソープ」は日本一多い店舗数を誇りますから、当然のことながら、競争が激化し、結果的にサービスの質が高くなる傾向にあります。「吉原ソープ」は、サービスの質が高いことは当然のことくらいに考えておいていいでしょう。また、他店と差別化して独自の色のサービスを展開しようという、ソープ店が多いことも「吉原ソープ」の特徴の一つです。例えば、コスプレソープ、人妻ソープ、早朝ソープ、ぽっちゃりソープなど、目を引く様々なサービスが「吉原ソープ」にて展開されています。ちなみに、吉原ソープの早朝営業は、どんなに早くても「朝6時~」と決められています。吉原の早朝ソープは、プレイ料金が割安になりお得ですが、実際に早朝ソープを行っているお店はわずかに限られます。

【メリット③】吉原ソープ嬢は容姿・内面・技術のレベルが日本一である!

ソープ業界において「吉原」は絶対的であり、その「吉原」という看板を背負ってソープ業界で働きたいと願う女の子はいっぱいいます。「吉原ナンバーワン」=「日本ナンバーワン」ですから。「吉原ナンバーワン」にあこがれて、吉原ソープの地に降り立つ女の子は後を絶ちません。つまり、「吉原」という名前こそが、次から次へと質の高い女性を集める、というわけです。ですから、吉原のソープ嬢たちは、容姿端麗はもちろんのこと、内面や性格が非常に良く、サービス精神、プロ意識も非常に高いです。そして、高い志を持って、吉原のソープ嬢はテクニックを日々磨いていきますから、必然的に誰もがテクニシャンになれます。吉原ソープ嬢のテクニックレベルが高い理由の一つに「講習」があります。ソープにおける「講習」とは、元ソープ嬢のベテラン講師の女性が、現役ソープ嬢にテクニックやホスピタリティなどを教えるものです。吉原では多くのソープ店が「講習」を重要視しており、場合によっては、講習代を店負担で行っている場合も多々あります。毎月のペースで「講習」を受けることができる環境がある「吉原」だからこそ、女の子の技術レベルは格段に上がっていくわけであり、経済的な余裕がないために講習代を負担できない地方のソープ店では決してマネできません。残念ながら、「吉原」と「地方ソープ」を比べた際、容姿もそうですが、特に女の子のテクニックレベルにおいては、大きな差があると言わざるを得ないでしょう。「吉原」だからこそ、輝く原石のような女性たちが必然的に集まり、数多くの講習によって、ソープ嬢として知識と技術を身に付け、やがて素晴らしいソープ嬢へと成長していくことが約束されている、と言っても過言ではないでしょう。結果、男性客は、業界トップクラスとも言えるソープ嬢のサービスに大きな満足感を得ることができるのです。

【メリット④】吉原の「歴史」と「格式」が生み出す絶対的ホスピタリティ!

吉原ソープにて、たびたび話題にのぼるのが「ホスピタリティ」という言葉です。特に、吉原ではソープ嬢における「ホスピタリティ」の有無が、サービスの質の高低を決める基準となる場合が多々あります。もしかしたら、地方のソープエリアでは、あまり「ホスピタリティ」という言葉を耳にする機会がないかもしれません。では、「ホスピタリティ」とは一体何なのでしょうか?「ホスピタリティ」という言葉は高級ホテルなど、格式高い場所で使われることが多いです。「ホスピタリティ」は「サービス」や「接客」という言葉と若干ニュアンスが異なります。一般的に、「ホスピタリティ」とは「おもてなし」とか「思いやり」とか「歓待」という言葉に置き換えられます。具体的に言えば、「サービス」や「接客」という言葉は、いつなんどきであっても一定レベル以上のサービスの質を客に提供できるかが争点になることが多いです。つまり、「サービス」や「接客」は、平均点以上の質のサービスが提供できた時点で目標を達成できることが多く、おおむね、お店と従業員はマニュアル通りに行動すれば行動を達成できる、と言えます。一方で、「ホスピタリティ」はそれぞれ性格やタイプの違う客個々に対して最大限満足してもらえるよう、サービスを提供する側がいかに「おもてなし」できるかが争点になります。つまり、「ホスピタリティ」とは、客個々に合わせて、いかに「感動体験」を客に提供できるかが重要であり、客を感動させるための方法や手段は、客個人やTPOによって異なってくるわけです。ですから、「ホスピタリティ」はマニュアルだけで決して達成できない接客技術である、と言えます。「吉原ソープ」では、「サービス」という言葉以上に、「ホスピタリティ」という言葉が盛んに使われるのは(「ホスピタリティ」が重要視されるのは)、性格や性癖が異なる男性客全てに対して、高い満足感を与えたいと考えるソープ店やソープ嬢が多いからです。では、なぜ「吉原」には「ホスピタリティ」を重視するソープ店やソープ嬢が多いのでしょう?それは端的に言って「吉原」だからです。「吉原ソープ」は他のソープエリアに比べてもっとも「歴史」が長く「格式」が高く、かつ、日本一のソープ街として広く認識されています。つまり、「吉原」という言葉だけで、男性客たちの期待値を必然的に高めるのです。期待値が高まり過ぎた男性客たちを満足させるためには、マニュアルレベルの「サービス」や「接客」では到底対応できるわけがありません。ですから、「ホスピタリティ」という概念を持って「感動体験」を客に提供できることを、ソープ業界の絶対的王者である「吉原ソープ」は求められるのです。「吉原ソープ」が提供する 「ホスピタリティ」によって、あらゆる男性客は格別なソープ体験を得ることができるでしょう。

【メリット⑤】吉原ソープでは絶対的な非日常の空間を体験できる!

先に説明した、高い「ホスピタリティ」によって、男性客は「吉原ソープ」にて、普段絶対に味わうことができない「非日常的な体験」を得ることができます。「非日常的な体験」とは何も嬢とのプレイにおいて得られるものではなく、男性客が「吉原」という地に降り立った時から「非日常的体験」はすでに始まっています。先に説明した通り、男性客は「吉原ソープ」の最寄り駅から吉原に行く道中で、吉原の歴史を堪能できる場所や観光スポットに出会うことができます。つまりは、ソープ店に向かう道で吉原遊郭の名残りに触れられることがすでに「非日常的体験」です。そして、吉原のソープ店に入る瞬間においても「非日常的体験」を強く感じることができます。吉原の歴史を感じる格安~大衆ソープの建物や、吉原ソープのゴージャスさが存分に反映された高級ソープの建物や、丁寧親切なボーイさんたちの接客などなど。男性客はソープ店に入った時からまさに「風俗の王様」の気分に浸りながら、ソープ嬢との対面の時を待つのです。そして最終的に男性客は、ソープ嬢の高い「ホスピタリティ」によって最高の「非日常的体験」を得るのです。つまりは、「吉原」とは最初から最後までずっと「非日常的体験」が得られる特別な場所なのです。(そして私たち男性客は、吉原での「非日常的体験」を通して、精神をリフレッシュして、翌日からまた普段の「日常」に戻っていくのです。)吉原で得られる「非日常的体験」は、他のソープエリアでは決して得ることができない、特別で格式高きものなのです。

吉原ソープランドの注意点

【注意点①】吉原では店によって表示が異なる「支払い総合計金額」に注意しよう!

地方のソープランド店は、プレイ料金が総額表示されていることが多いので「明朗会計」だと言えますが、吉原のソープ店はお店によっては総額表示でないことがあり、プレイ料金が少し複雑化して分かりにくいことがあります。ソープランドは、もともと男性客がお風呂を利用するための支払い料金である「入浴料」と、男性客がソープ嬢からサービスを受けるための支払い料金である「サービス料」があります。つまり、ソープランドにおける「合計支払額」とは、「入浴料」と「サービス料」を合算したものになります。吉原エリアのソープ店は主に、格安店~大衆店の一部が「支払い総額表示」であり、大衆店の一部~高級店が「入浴料のみの表示」であり、金額表示が二極化します。ですから、吉原ソープ店にて「入浴料*****円」とだけ書いてあれば、別途サービス料がかかりますのでご注意ください。吉原ソープ店にて「総額利用料*****円」と書いてあれば、記載金額以上の支払いはありません。(指名料やオプション料は別途かかります。)加えて、お店によって、ゴム着かNS・NNが可能かはホームページや店頭で明らかにしていませんので、その点について確認したい方は直接お店に電話して問い合わせてください。

【注意点②】吉原では客引き(ポン引き)に絶対についていかないようにしよう!

「吉原」で客引き(ポン引き)する人についていくと、高い確率で最悪な(違法な)風俗店に誘導されるでしょう。そもそも「吉原」では(都内全域では)、客引き(ポン引き)行為が禁止されています。ですから、「吉原」では客引きに付いていくべきではありません。みなさんが理解しておくべきは、「吉原」にて健全な営業をしているソープランドのほとんどは、何かしらの団体に所属していて、運営方針においての「共通ルール」に即して足並みをそろえている、ということです。つまり、健全な吉原ソープ店であれば、自分勝手でルール違反となる行動はしないのです。吉原における「何かしらの団体」とは、例えば、「全日本特殊浴場協会」や「浅草特殊浴場防犯健全組合」や「東京防犯健全協力会」などが挙げられます。健全なソープ店ならば、これらの団体に所属していることが多く、多くのソープ店が団体のルールに沿って営業を心がけます。ですから、吉原で禁止されている客引き(ポン引き)を行うところは、そういう団体に所属している可能性が低く、悪質な風俗店である可能性が高いです。昨今の吉原では、ソープ店が反社会勢力と関わることもNGとなっており、一昔前に比べて、吉原ソープ全体が非常にクリーンで清廉な営業を目指しているのです。

【注意点③】業界の暗黙ルールである「吉原年齢」を理解しておこう!

風俗業界において、女の子の年齢のサバ読みはごく当たり前に行われています。特に「吉原ソープ」では女の子の年齢におけるサバ読みの程度が大きいので注意してください。実は、古くから「吉原ソープ」ならではの「吉原年齢」という考えがあります。「吉原年齢」とは、いわゆる女の子の年齢のサバ読みです。一般的に「吉原年齢」とは、実年齢「20歳~22歳」→「20歳表記」、実年齢「23歳~25歳」→「21歳表記」、実年齢「26歳~29歳」→「22歳表記」、実年齢「30歳~34歳」→「23歳表記」、実年齢「35歳以上」→「24歳表記」、というような考えです。ですから、吉原ソープの多くのお店では、女の子の紹介ページにて(表記上)25歳以上のソープ嬢を見かけることはまずありません。私の知っているソープ嬢は、30歳にもかかわらず21歳の表記ですから、「吉原年齢」はお店によっても異なると言えるでしょう。つまり「吉原ソープ」は、古くから「吉原年齢」という考えが根本にありますから、女の子の年齢を大きくサバ読むのは当たり前なのです。ですから、男性客が「吉原ソープ」で遊ぶ際は、「吉原年齢」があることを前提に女の子を選びましょう。たとえ、女の子の年齢が表記と大きく異なっていても、男性客は怒ったりしないように!年齢のサバ読みは吉原では当たり前なのですから。

【注意点④】マットプレイをしたいなら「大衆(中級)」以上のソープ店を選ぼう!

吉原ソープ店全てで「マットプレイ」ができるとは限りませんので注意してください。吉原ソープでは一般的に、「激安店」のほとんどのお店はマットプレイがなく、ベッドプレイのサービスのみを提供しています。「大衆(中級)店」においても、一部、マットプレイのサービスを提供していないお店があります。ですから、「マットプレイ」を希望する男性客は、マットプレイのサービスを提供している「大衆(中級)店」か「高級店」を選択しましょう。また、マットプレイのサービスを提供している「大衆(中級)店」・「高級店」であっても、女の子によってマットプレイの得意・不得意がありますから、お店の男性スタッフからマットプレイが得意な嬢を教えてもらうべきです。

吉原ソープランドのアクセス

「吉原ソープ」があるのは、地図で言うと「東京都台東区千束4丁目」あたりです。最寄り駅としては、東京メトロ日比谷線の「三ノ輪駅」や「入谷駅」、JRと東京メトロの「南千住駅」の三つが挙げられます。ですが、「三ノ輪駅」も「南千住駅」も、徒歩で吉原まで行くには30分前後とそこそこ時間を要します。ですから、通常吉原のソープランド店は送迎車を出していますので、事前にお店に電話して送迎車で迎えに来てもらうのがいいでしょう。送迎車が迎えに来る場所は、「南千住駅」「上野駅」「浅草駅」が多いようです。送迎車の場合、同時間帯に他の客がいると乗り合わせになることもあります。他客との乗り合わせを避けたい方は、最寄駅からタクシーか徒歩で吉原ソープに向かいましょう。吉原ソープは三ノ輪駅と浅草を結ぶ「土手通り(都道306号線)」に中間地点に位置します。徒歩で来店される方は、この土手通りを「吉原大門」を目印に歩いていきましょう。

吉原ソープランドの楽しみ方

「吉原ソープ」の一番の楽しみ方は、長い歴史によって確立された、吉原ソープ嬢たちの「ホスピタリティ」と「テクニック」を味わうことです。吉原の「ホスピタリティ」、つまりは「おもてなし精神」は、他のソープエリアの追随を許しません。「吉原ソープ」の「ホスピタリティ」こそ、ソープ業界において最上級レベルであると言い切れます。女の子の接客技術だけでなく、男性スタッフの接客技術、歴史ある建物、豪華な建物、大きな待合室、いたせりつくせりの対応、などなど全てにおいて「吉原ソープ」の「ホスピタリティ」は日本一なのです。その日本一の「ホスピタリティ」によって、すべての男性客はまさに王様気分でソーププレイを楽しむことができるでしょう。今まで一度も吉原ソープに行ったことがない方は、一度でいいから吉原ソープで唯一無二の時間を楽しんでみてください。絶対的に「非日常的時間」を得られますから。また、「吉原ソープ」では嬢の「テクニック」も楽しんでください。とくに、吉原ソープの「マットプレイ」のレベルは突き抜けて高いです。かつ、「吉原ソープ」の女の子の質は非常に高いですから、「ホスピタリティ」「テクニック」「女の子」の3つの面において、吉原ソープは最高レベルである、と断言できます。「吉原ソープ」の楽しみ方とは、最上級レベルのおもてなしを心行くまで堪能することです。