池袋のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!
池袋風俗|イケヌキ

池袋×ソープ店舗一覧

エリア検索
池袋
ジャンル検索
指定なし

50分15,000円

6:00〜ラスト

池袋

大衆ソープ

「あなた。ごめんなさい…」池袋のソープといったら桃李(トウリ)!女の子の写メ日記や動画情報、池袋のソープでお店をお探しの場合は是非桃李(トウリ)へお越し下さい!

クラブハートDX

50分/18,000円~

6:30~24:00

池袋

ミス千姫

50分/16,500円〜

9:00〜24:00

池袋

GOLD

20分/12,000円〜

6:00〜24:00

池袋

クラブシフォン

30分/総額10,000円~

9:00〜24:00

池袋

バイオレンス

50分/総額14,500円~

6:30~24:00

池袋

クラブハート

50分/総額14,500円〜

6:30〜24:00

池袋

ひとづまヘブンクラブ

40分/12,000円~

10:00~24:00

池袋

池袋千姫

50分/17,500円〜

8:00〜24:00

池袋

CLUB MAX

40分/12,000円~

6:00~24:00

池袋

池袋夢幻

60分/17,500円〜

7:00〜24:00

池袋

若葉

50分/12,000円〜

10:00〜24:00

池袋

池袋優雅

80分/23,000円~

9:00〜24:00

池袋

池袋ソープランド事情

池袋エリアは、都内で最も風俗店が多い街で、「池袋風俗」は別名「風俗百貨店」と表現されることもあるほどです。池袋には、デリヘル・ホテヘル店をはじめとし、店舗型ヘルス、ソープランド、ピンサロ、SM店、ストリップ劇場、メンズエステ、出会い系カフェ、などなど様々な風俗業種が集います。池袋は、都内一多種多様な風俗業種が集まる街ですから、つまりは、日本一多種多様な風俗業種が集まる街とも言えます。「池袋ソープ」は、都内に限って言えば、吉原ソープに次いで2番目に規模が大きいです。「吉原」は台東区千束にあり、アクセスの便が少し不便なので、都心に近いエリアでソープランドを利用するとなれば、選択肢として必然的に「池袋」が最有力候補となります。今回は、都心エリアにおいてナンバーワンのソープエリアである「池袋」についてご紹介していきます。

池袋風俗街の成り立ち

「池袋」という地名は、1900年代前半まで、池袋エリアにまるで袋のような形の池(通称「袋池」)があったことから来ているそうです。(←諸説あり)もちろん、現在の「池袋」は土地開発が進み、「袋のような池」なんて跡形もなく消えていますが。大昔の池袋は、全体的に湿地帯が広がり、広大な田んぼが広がっていました。大昔の池袋は、繁華街で言えば、隣の大塚のほうが規模が大きかったとのこと。「池袋」の発展は、1903年の駅の開設によって幕を開けます。池袋駅ができ、さらに大正から昭和にかけて、東上鉄道(現・東武東上本線)や武蔵野鉄道(現・西武池袋線)が池袋駅に乗り入れ、さらに都市開発が進み、多くの人が池袋エリアに集まるようになりました。戦後になると、池袋エリアには多くの闇市ができ、その闇市で働く労働者が泊まるための宿が多くできます。しかしながら、戦後に日本が経済的に立ち直ってくると、当然のことながら闇市の必要性はなくなり、闇市で働く労働者の数も極端に減ることとなります。すると、労働者のために建てられた宿がどんどん空くこととなり、結果的に労働者の宿は「連れ込み宿」(今で言うラブホテルのようなもの。男女が性的行為を行うための簡易的な宿)に衣替えしたのです。当時の「連れ込み宿」が起点となり、池袋は風俗街を形成していくこととなりました。さらに年月を経て、JR山手線・埼京線・西武池袋線・東武東上線・東京メトロ線の乗り入れる「池袋」では、都内からもお隣からの埼玉からも、少し足を延ばして北関東からも、多くの男女が集まってくるようになり、現在のような多種多様な風俗店が集まる繁華街へと成長を遂げたのです。

池袋風俗街の現在

現在、「池袋」の風俗街は、「東口エリア」と「西口エリア」に点在している状況です。池袋の「東口エリア」も「西口エリア」も、ラブホテルが多いので派遣型風俗店を利用しやすい環境と言えます。池袋の「東口エリア」は、北側に風俗店が集中しており、ヘルスはもちろんのこと、キャバクラやストリップ劇場があります。特にピンサロは「東口エリア」に集中します。当然、ソープランドも「東口エリア」に数軒あります。池袋の「西口エリア」の風俗業種は多種多様で、キャバクラ、セクキャバ、デリヘル、ピンサロ、メンズエステなどのお店が立ち並びます。西口エリアの北側に行けば、ソープランドが数軒あります。ちなみに、北口には数多くのラブホテルが立ち並んでおり、およそ9割の利用客が風俗利用が目的だそうです。池袋風俗は、都内最大の風俗街ということもあり、それに比例して無料案内所の数も都内一です。

池袋ソープランドの特徴

池袋のソープランドの多くは、池袋の西口エリアに集中しています。池袋西口には、ソープランド以外にも、ファッションヘルス、ピンサロ、セクキャバなどの店舗型風俗店が多く立ち並んでいます。「池袋ソープ」は、大手の風俗グループが運営するソープ店が過半数を占めており、大手風俗グループに属さない個人経営のソープ店が残りを占めています。ですから、「池袋ソープ」は、大手風俗グループの影響力が非常に強く、池袋ソープのカラー=大手風俗グループのカラー、と言ってもいいかもしれません。ただし、池袋エリアでは、個人経営のソープ店も、大手グループに負けじと独自のカラーを出して集客を頑張っています。ですから、「池袋ソープ」は店舗数の割にバリエーションの豊富さを認識できるでしょう。また、「池袋ソープ」におけるプレイ料金の相場は、60分1万円~3万円なので、「吉原ソープ」で言えば金額的に「激安・格安店」と同じくらいと言えます。ちなみに、「池袋ソープ」は、入浴料とサービス料を分けることなく、総額料金として表示しているお店が多いので、明朗会計で安心して遊べることが特徴です。基本的に「池袋ソープ」のサービスは「ゴム着」です。ただし、口コミを見てみると、中には「NN」「NS」ができたというお声も散見されます。もしも「池袋ソープ」でNN・NSを希望する方は、どのソープ店が(どの女の子が)NN・NSが可能なのか、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

池袋ソープランドのオススメポイント

【メリット①】「池袋ソープ」は全国的に見ても「格安」レベルだ!

「池袋ソープ」は全国的に見ても、格安並の料金でソープ体験ができる、と言えます。分かりやすく説明するために、「池袋ソープ」と「吉原ソープ」を比較してみましょう。一般的に「吉原ソープ」で「格安」とされているお店は、プレイ料金の相場が「1万~3万円台」であり、「池袋ソープ」の相場も「1万~3万円台」です。つまり、「吉原ソープ」の「格安店」並の料金で、「池袋ソープ」を利用できる、というわけです。また「吉原ソープ」だけでなく、地方のソープ店と比較しても、「池袋ソープ」の格安ぶりは目立つほどの特徴だと言えるでしょう。地方のソープでは、ソープ店自体の数が少ないのでソープ自体の希少価値が高いですから、地方であってもお店側は強気の価格設定が可能です。ですから、地方のソープ店の多くは、プレイ料金を池袋と同様の価格帯、もしくは、それ以上の価格帯に設定しています。そのため、「池袋」という都心の地価を考えると、「池袋ソープ」がいかに格安なのか分かるでしょう。

【メリット②】「池袋ソープ」はどんな男性も大満足できるほど「利便性」が高い!

先ほど申し上げた通り、「池袋ソープ」は、大手風俗グループ系列のお店が幅を利かせています。「池袋ソープ」全体を見ても、大手風俗グループ系列のお店は半数以上を占めているほどに、「池袋」では大手グループの影響力が強いのです。もちろん、「池袋ソープ」には個人経営のお店も複数あり、「大手風俗グループ」VS「個人経営」という構図がどうしても生まれてしまいます。力関係を考えた時に、どうしても弱くなってしまう「個人経営」のソープ店は、「大手風俗グループ」との競争に負けないよう、集客力を高めるべく「サービスの差別化」を行います。結果、池袋の「個人経営」のソープ店は、独自サービスを打ち出し、サービスの質を高め、価格帯も良心的になる傾向にあります。そのような「個人経営」のソープ店のサービス努力に影響され、「大手風俗グループ」もサービスの質と価格面において改善を図ります。つまり、「池袋ソープ」では、「大手風俗グループ」VS「個人経営」という対立構造が、ソープユーザーの著しい利便性に繋がる、というわけです。

【メリット③】「池袋エリア」はライバルが多いのでサービスの質が高くなる!

「池袋ソープ」は、「大手風俗グループ」VS「個人経営」という対立構図があるだけではありません。先に説明したように、池袋エリアには、デリヘル・ホテヘルや店舗型風俗店(ファッションヘルス・ピンサロ)など、ソープランド以外の業種が、非常に多く密集しています。ですから、池袋エリアにおいて、「ソープランド」VS「他風俗業種」という対立構図も必然的に生まれます。特に、「池袋ソープ」は店舗数が最も多い派遣型風俗店(デリヘル・ホテヘル)の利用客を奪おうと必死で頑張ります。結果的に、「池袋ソープ」の多くは、デリヘル・ホテヘルのプレイ料金と別途ホテル代を合わせた「総合支払い額」よりも安いプレイ料金に設定しているのです。池袋エリアには日本一多いと言えるほどにあらゆる風俗店が集まりますから、過酷な競争によって、サービスの質が高まり、価格が抑えられる傾向にあるのです。

【メリット④】「池袋」の周りから質の高い女の子が多く流れ込んでくる!

例えば、「吉原ソープ」には、日本最大のソープ街としての「吉原」という看板がありますから、その看板に魅了されて数多くの女の子が吉原に集まってきます。結果的に、「吉原ソープ」の女の子のレベルは高くなります。同様に、「池袋ソープ」には、「都内最大の風俗エリア」=「日本最大の風俗エリア」という看板がありますから、その看板に惹きつけられて多くの女の子が池袋に集まってきます。結果的に、「池袋ソープ」には若くて質の高い女の子が多く在籍するのです。女性求人向けの風俗情報サイトを見ても、「池袋を制すものが風俗を制す」と強い口調で書かれており、多くのやる気に満ちた女性が池袋エリアにて業界ナンバーワンを目指すべく、池袋風俗(池袋ソープ)に集まると思われます。「池袋」という都内最大の風俗エリアで働くことは、決して生半可な気持ちでできることではない、という思いから、池袋ソープで働く女性自身も頑張って経験を積んでテクニックを高めて、質の高いソープ嬢へと成長することが期待されます。池袋ではそのような質の高い職人気質溢れる嬢に巡り会える可能性が十分にあります。

池袋ソープランドの注意点

【注意点①】悪質なキャッチに注意しよう!

「池袋」には、多種多様な風俗業種がたくさん集まりますから、風俗店が多い分、「キャッチ」も多いです。基本的に「キャッチ」には付いていくべきではありません。どんなにおいしい話を「キャッチ」が持ち掛けてきても、みなさんは無視して自分が選択したソープ店に迷わず行きましょう。特に、JR池袋駅の西口周辺は、ぼったくり詐欺を行う「キャッチ」が多い、という情報があります。

【注意点②】池袋のソープはあくまでも「格安~大衆」クラスであると理解しておこう!

池袋には、いわゆる「高級ソープ」店はなく、ほとんどのソープ店が「格安~大衆店」に位置付けられます。基本的に「格安~大衆店」は、プレイ料金が安い分、時間が60分(場合によっては60分以内)と短いです。ソープ店において、プレイ時間が60分以内となると、一般的にマットプレイなしのベッドプレイのみ、となります。万が一、マットプレイを希望する方は、プレイ時間が長いコースを選びましょう。ただし、事前にお店や嬢に相談することで、60分もしくは60分以内のコースであっても、マットプレイができることもあるでしょう。かつ、池袋ソープは、吉原に多くあるような「高級店」をイメージして利用すると、期待外れに思うこともあるでしょう。あくまでも、「池袋ソープ」は「大衆店」並みであって、高級店ではないので、その点の認識は間違えないようにしましょうね。

池袋ソープランドのアクセス

「池袋」のソープ店は、JR池袋駅の東口エリアと西口エリアに点在すると書きましたが、この表現はあくまでも東と西に分けた場合です。地図上では、池袋ソープすべてのお店は、JR池袋駅の北側に位置しています。ですから、「池袋ソープ」に向かうには、駅の北口を出た方がアクセスに都合がいいことが多々あります。たとえ、駅の東口であっても西口であっても、「池袋ソープ」に行くには北方面に向かいます。ですから、とりあえず池袋ソープは「北」に行く!ってことで理解しておいてください。

池袋ソープランドの楽しみ方

池袋エリアは、全国的に見ても、ソープランドは非常にコスパがいいと言えます。池袋でデリヘルやホテヘルを利用した際に、「(デリヘル・ホテヘルの)プレイ料金とホテル代を合算した金額が、池袋ソープを利用するより高かった!」なんてケースも多々出てくるでしょう。コスパ重視で池袋の風俗店の利用を考える方は、デリヘル・ホテヘルの利用を決断する前に、ソープランドも選択肢に入れて相対的に検討しましょう。池袋ソープは、「こんなに安いのにこんなにも質のいい女の子にこんなにも素晴らしいサービスしてもらった!」という高い満足感を得られることが、最大のメリットなのですから。

おすすめ風俗店情報

  • 池袋風俗|イケヌキ