愛知のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

愛知×ソープ店舗一覧

エリア検索
愛知全て
ジャンル検索
指定なし

アラモード

50分/入浴料8,000円+サービス料〜

10:00〜24:00

大門

ファースト-First-

40分/入浴料6,000円+サービス料〜

10:00〜24:00

大門

F&J(えふあんどじぇい)

40分/入浴料6,000円+サービス料〜

11:00〜24:00

名古屋

インペリアル福岡

50分/入浴料9,000円+サービス料〜

11:00〜24:00

大門

ニュー令女

40分/入浴料5,000円+サービス料〜

11:00〜24:00(予約受付10:00~)

大門

末広(すえひろ)

60分/入浴料9,000円+サービス料〜

10:00〜24:00(電話受付9:30~)

名古屋

ニュー山水(さんすい)

50分/入浴料5,000円+サービス料~

10:00~24:00(受付9:30~23:10)

名古屋

ドマーニ

60分/入泉料8,000円+サービス料〜

10:00〜24:00(当日予約9:30〜)

大門

愛知ソープランド事情

愛知ソープの特徴

愛知県のソープエリアは、大きく分けて二つに分類します。名古屋市中村区の「大門町」を中心とするソープエリアの「大門ソープ」と、「大門町」以外にある名古屋市内のソープ店の「名古屋ソープ」です。規模としては、「大門ソープ」のほうが「名古屋ソープ」よりも大きいです。「大門町」には、かつて「中村遊郭」があり、今の多くのソープ店が大門エリアで営業しているのはその名残りであると言えます。一方で、大門エリアではない「名古屋ソープ」は、離れた場所に点在する形で存在しています。「名古屋ソープ」は主に名古屋市内の「中川区」「中村区」「北区」を中心としてソープ店が存在します。「大門ソープ」は複数のお店が一部のエリアに集まっているので「ソープ街」という一括りとして認識できますが、一方で「名古屋ソープ」はソープ店が群れとして存在していないので(点在しているので)「ソープ街」と呼べる規模ではありません。つまり、愛知のソープ店は、名古屋を中心に広いエリアを「大門」組と「大門以外」の組でカバーしていると言えます。

名古屋ソープの特徴

「名古屋ソープ」は、住宅街の中にありますから、ソープ店だけが密集してソープエリアを形成しているわけではありません。そのため、「名古屋ソープ」の店舗数は少ないです。「名古屋ソープ」は、1回のプレイが60分以内で2万円以下で利用できる「格安店」がメインとなります。「格安店」とは言え、「名古屋ソープ」は20代の若い女性が多く在籍していますから、コスパは高いと言えそうです。ただし、「名古屋ソープ」は格安がゆえにすべてのお店が「コンドーム着用」を必須としています。ですから、NN、NSプレイを希望する男性にとって「名古屋ソープ」はアンマッチになる可能性があります。

大門ソープの特徴

「名古屋ソープ」と「大門ソープ」は二つのエリアとして分けられることが一般的ですが、すべてのソープ店は「名古屋市内」にあります。つまり、「名古屋市中村区大門」にあるソープ店が一般的に「大門ソープ」と呼ばれるのですが、実はソープ店が「名古屋ソープ」にあるか「大門ソープ」にあるかは、明確に区別されていないのが現状です。店舗によっては、大門エリアになくても「大門ソープ」と宣伝していますし、逆に大門エリアにあっても「名古屋ソープ」と宣伝することがあります。この違いは、要するに各ソープ店が「名古屋」と「大門」のどちらの言葉を使えば客が集まりやすいか、を考えてワードを選ぶことで生まれます。「名古屋」と言えば、大都市として知名度があります。「大門」と言えば、古くからソープエリアとして知名度があります。つまり、「名古屋」「大門」どちらの言葉を使用しても集客力が見込めますから、言葉のチョイスはお店が決めるんですよ。そもそも、「名古屋ソープ」も「大門ソープ」も近いところにありますから。一つ「大門」という言葉の重要性を語るならば、大門にはかつて遊郭があったことですね。「大門」という言葉には、風俗の歴史が包含されているからこそ、それを知っている業界関係者は「大門ソープ」という言葉を使いたがるんですね。

愛知ソープランドのオススメポイント(メリット)

「愛知ソープ」には、容姿端麗な女性が多く在籍します。というのも、「愛知ソープ」は歴史のある老舗が多く、お店の名前が有名ですから、自然的に多くの女の子が集まりやすいのです。そして「愛知ソープ」は多くの女の子から厳選しますから、当然のことながら女の子レベルは高くなります。ですから「愛知ソープ」には、スレンダー女性が売りのソープ店、女の子の若さが売りのソープ店、素人っぽさが売りのソープ店が多いのです。また「愛知ソープ」は老舗のお店が多いですから、嬢に対する教育が丁寧に行われます。結果的に、「愛知ソープ嬢」のホスピタリティや接客技術の質は高くなり、男性客の満足度は上がっていくのです。

愛知ソープ嬢の特徴

愛知県民の県民性として、「保守的」な人が多いことが挙げられます。なぜ愛知に「保守的」な人が多いのかと言いますと、その昔、尾張藩が人々に勤倹貯蓄(つまりは勤勉に働いて無駄使いしないこと)を奨励していましたから、その時に出来た習慣や名残りが人々に染みついているというわけです。実は、かの有名な愛知を代表とする大企業の「トヨタ」は銀行から融資を受けないことで有名です。この愛知の県民性の「保守的」であることは、愛知ソープ嬢にはマイナスにも生きてきますし、プラスにも生きてきます。マイナス面としては、愛知ソープ嬢は新規客に対してよそよそしくなってしまうことです。一方プラス面では、愛知ソープ嬢は本指名客に対しては情を持って接してくれることです。「保守的」であることは、新参者や未知なることに対して慎重になってしまうという性質も持ちますが、逆を言えば、慣れ親しんだ人や物に対しては情深く接するようになると言えます。つまり、男性客は愛知ソープ嬢に対して本指名を繰り返すことで、信頼と親近感を得る方がソープサービスをより楽しめると言えます。

愛知ソープランドの注意点

愛知は関西や関東では見られないような独特の風俗文化が育っています。例えば、ピンサロでは愛知のことを「キャンパブ」と言います。また、ヘルスやキャンパブなどでは、多くのお店が「入場料」という料金を客から徴収する仕組みがあります。愛知風俗における「入場料」とは、客がサービスを利用する・利用しないにかかわらず、客が風俗店に入っただけで発生するお金なのです。この「入場料」という料金は、関西や関東の風俗では一般的に見られない文化ですから、一部では愛知風俗の悪しき伝統だという声もあります。一説によれば、「入場料」とは客がサービスを受けずに写真見学だけして帰るのを防ぐ目的で始めたそうです。まぁ、とにかく「愛知風俗」は全国的に見てもかなり独特なルールや文化があるってわけです。同様に「愛知ソープ」 においても注意が必要です。愛知のソープ店によっては、「入場料」と取るお店もありますし、客が写真見学だけして帰ることを禁止しているお店もあります。特に、関東圏や関西圏から遊びに来た男性客が「愛知ソープ」を利用する時は気を付けてください。遠くから来た男性客が何も知らずに「愛知ソープ」を利用すると、予想外の出費をしてしまう可能性があります。「愛知ソープ」では、「入場料が必要なのか」と「お気に入りの女の子がいなかった時に、サービスを利用せずに出費することなくお店を出ることは可能か」の二項目を事前に調べておいた方が安心です。

愛知ソープランドの楽しみ方

愛知ソープの魅力は、愛知が立地的に関東と関西の境に位置することから、愛知独特のソープ文化が育っている、ということです。愛知ソープは、関東にも関西にもどちらにも偏っていませんから、新しくてオリジナルのソープサービスを楽しみたい方に最もおススメできると言えます。ただし逆に言えば、愛知ソープが独特であることは、関東圏や関西圏の方からしたら馴染みのないサービスやルールがあるとも言えますから、目的の愛知ソープ店に行く際はあらかじめお店のルール等を確認していくことをお勧めします。でないと、男性客は「当てが外れた」と思うことが愛知ソープにて出てくるかもしれません。