雄琴のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

雄琴×ソープ店舗一覧

エリア検索
雄琴
ジャンル検索
指定なし

30分10,000円

10:00~24:00

雄琴

激安ソープ

「風俗遊びでなるべく安くしかも安定した内容で女の子と遊びたい」とお思いの男性諸君は、滋賀県雄琴に新たに誕生した学園系ソープランド【格安ポッキリ学園】をチェックしてみて下さい。雄琴の人気ソープ【お医者さんごっこ】が【雄琴 格安ポッキリ学園】として5月30日にリニューアルオープンを果たした同店は、雄琴でも財布に優しくリーズナブルにエンジョイする事が可能です。

45分17,000円

10:00~24:00

雄琴

大衆ソープ

雄琴のソープ「電車COCO(電車ココ)」の店舗紹介ページです。在籍中の女の子や料金、店長からの直送便・写メ日記・イベント・アクセス方法などをご案内。

70分38,000円

9:00〜23:30

雄琴

高級ソープ

LLWAYS CONTINUES EVOLVING 常に進化し続けるNEWスタイルVIPソープランド日本全国から採用率10%の厳しい審査をパスした性格もルックスもハイクラスな超S級キャストがあなたの心と体を癒します。店内は白を基調とし圧倒的な豪華さ清潔感溢れる綺麗でラグジュアリーな空間です。

60分24,000円

10:00~23:50

雄琴

大衆ソープ

プルプルネクステージに在籍する女の子達は「風俗っぽくない」をひとつのテーマとしています。面接では、いかに素人感のあるルックス・スタイル・キャラクターであるかを吟味して、厳選な審査を行っています。お客様のご来店をお待ちしております。

100分50,000円

10:00~24:00

雄琴

高級ソープ

皇帝別館で、徹底された奉仕精神に感服!厳選された気品溢れる美女によるきめ細やかなサービスが受けられる高級ソープランド「皇帝別館」豪華な調度品もさすが高級店と感じさせるものばかりで美女と憩いの一時を過ごすのにはもってこい最高の空間にて最高のサービスを味わえる名店だぞ!

ダイヤモンドクラブ

50分/15,000円〜

9:00〜24:00(受付8:30~)

雄琴

雄琴メンズ・スパ

45分/総額16,000円~

9:00~24:00

雄琴

鎌倉御殿(雄琴)

50分/21,000円〜

10:00〜24:00

雄琴

雄琴大手町商事

45分/総額19,000円~

10:00~24:00

雄琴

Ace(エース)

50分/19,000円〜

10:00~24:00(受付9:30~23:00)

雄琴

プルプルプレミアム

90分/47,000円〜

11:00〜23:50(受付9:00~23:30)

雄琴

性龍堂

45分/16,000円~

9:00~24:00(受付8:00~)

雄琴

コウテイ

60分/15,000円〜

9:00~24:00(電話受付7:00~)

雄琴

秘書コレクション雄琴店

45分/総額20,000円~

9:00~23:59(受付8:00~23:59)

雄琴

絵里奈(雄琴)

90分/35,500円〜

10:00〜24:00

雄琴

エルフィン

50分/17,000円〜

11:00〜24:00

雄琴

俺の城

40分/13,000円〜

11:00~24:00

雄琴

マキシム(雄琴)

80分/33,000円〜

10:00〜24:00(電話受付9:30~)

雄琴

とけい台

40分/14,000円〜

9:00〜24:00

雄琴

プルプルサードステージ

60分/24,000円~

9:00~23:50(予約受付7:00~23:30)

雄琴

六本木

50分/入浴料5,000円+サービス料〜

12:00〜24:00(予約開始10:30~)

雄琴

雄琴 丸の内商事

50分/5,000円~

10:00〜24:00(受付8:00~)

雄琴

雄琴さくらん

60分/総額24,000円~

10:00~24:00

雄琴

ゴールドクイーン

100分/総額57,000円~

12:00~23:00(受付11:00~)

雄琴

恋人(雄琴)

50分/18,000円〜

11:00〜24:00(最終受付)

雄琴

金瓶梅(きんぺいぱい)(雄琴)

50分/18,000円~

9:00~24:00(電話受付8:00~23:30)

雄琴

アラビアンナイト(雄琴)

60分/21,500円〜

11:00〜24:00

雄琴

雄琴ソープランド事情

日本三大ソープ街として有名なのが、東京の「吉原」と岐阜の「金津園」と、そして滋賀の「雄琴」です。「雄琴ソープ」は、全国的に見ても非常に珍しいソープエリアだと言えます。というのも、「雄琴」は古くから温泉地として栄えていたにもかかわらず、1970年代に入ると関東式のソープ体験が楽しめる唯一の関西圏のソープエリアとして全国的に有名になったからです。結果的に、雄琴は「温泉観光地」と「特殊浴場」が共存する珍しいエリアとなったのです。「雄琴」では温泉を楽しんだ後に、素晴らしいソープ体験を楽しむことができます。つまり、「雄琴」は精神的にも肉体的にも疲れを取ることができて、かつ、溜まった性欲も発散することができる「癒しといやらしの楽園」なのでございます。

「雄琴」のエリア特徴

「雄琴」のソープ街は、滋賀県大津市の「おごと温泉」が有名な観光地にあり、琵琶湖の西岸に位置します。「雄琴」という街は他エリアと比べて非常に稀有な存在です。というのも、「雄琴」は「温泉観光地」と「ソープエリア」の異なる2つの顔を持つからです。「雄琴」は最寄りの駅から一般旅館が多いエリアがあり、その隣にはソープランド店が立ち並ぶソープエリアがあるという、誠に珍しい特徴を持ったソープ街なのです。「雄琴ソープ」のお店は温泉施設の数よりも多いので、「雄琴と言えばソープランド」という概念はまだまだ残るものの、近年のイメージアップ活動によって「雄琴」は「温泉観光地」としての立場を取り戻しつつあります。最近では、ソープランド業者と一般観光業者が地域名の「雄琴」の表記を変えて使い分けるようになり、ソープランド業者は漢字表記の「雄琴」を主に使い、一般観光業者はひらがな表記の「おごと」を主に使うことが主流となっています。ちなみに長年漢字表記だった「雄琴駅」は、2008年に「おごと温泉駅」に改名しています。

雄琴ソープ街の特徴

「雄琴」のソープ街は、3つの通りにソープ店が立ち並ぶようにして出来上がっています。その3つの通りの名前は、「シルクロード」「ゴールデンゲート」「川筋通り」です。ソープ店の並びとしては、格安店がエリアの中心に固まるように広がり、その周りを大衆店、高級店が囲むようにして並んでいます。多くのお店には駐車場があるので、その3つの通りを車で移動しながら、そのまま自家用車を店前で停めることができます。「雄琴ソープ」は、一目見て風俗店だと分かるほどに、きらびやかで派手な外観の建物ばかりです。雄琴のソープエリアは、基本的に男性客は車移動が主となります。自家用車で雄琴ソープに来ていなかったとしても、ほとんどの男性客はソープ店から送迎車を出してもらいます。そのため、「雄琴ソープ」一帯では歩いている人をほぼ見かけることはありません。「雄琴」の風俗業種はソープ1択のため、デリヘルやホテヘルがなく、そのためラブホテルもほとんどありません。「雄琴ソープ街」の外観で印象的なのは、ソープランドと自然が共存していることです。雄琴ソープ街には田んぼや畑が多々ありますし、少し目を遠くにすれば琵琶湖が見えます。このように自然の豊かさを感じることができる風俗街という特徴を見ても、「雄琴ソープ」は他エリアと一線を画します。

雄琴ソープランドの歴史

「雄琴」には、古くからの「温泉地」としての歴史と、1970年代から始まった「ソープエリア」としての歴史の二つの歴史があります。「雄琴ソープ」の歴史には、温泉観光業者とソープ業者が一緒になって地域を盛り上げた過去と、温泉観光地としてのブランドを取り戻すべく、温泉観光業者とソープ業者が決別した現在があります。他のソープエリアの歴史は[遊郭→赤線→トルコ風呂→ソープランド]の流れが定型的ですから、その定型的歴史と比べると「雄琴ソープ」の歴史は複雑です。また、雄琴ソープの発展は、ソープ店がない他地域の大阪や京都と深く関わっています。このように「雄琴ソープ」の歴史は様々なことが複雑に絡み合っており、非常に興味深いと言えます。

雄琴ソープランド店第一号「花影」の誕生

1960年代後半から、ソープランドの前身となる「トルコ風呂」が流行していきました。やがて増えすぎたトルコ風呂を規制するために、法律によって各地域において営業許可地が定められ、トルコ風呂の営業には届け出が必須となりました。そんな中、田守世四郎という一人の男性が現れ、「雄琴ソープ」の歴史を開拓することになります。彼は、「雄琴」がトルコ風呂の営業許可地域であることを知りました。ですが、「雄琴」は温泉地であり、周りには広大な田園地帯が広がるばかり。琵琶湖に沿って伸びる国道と琵琶湖の間には広大な田んぼしかありません。「雄琴のようなアクセスが不便な田舎に風俗店を作ったとしても、客なんて来てくれるはずがない…。」そういう意見が風俗店経営者の中で主流だったのですが、田守世四郎の考えは違いました。「近い未来では、自動車が広く世間に浸透し、人々はそれほど苦労することなく長距離の移動をするようになるだろう。ならば、こんな田舎でもすばらしいトルコ風呂店を作れば男たちは車で押し寄せてくるはずだ」と、彼は考えたのです。こうして、昭和46年に田守世四郎は雄琴ソープランド店の第一号となる「花影」というお店をオープンしたのであります。当時の「花影」は大型店に属し、4階建て全15部屋の建物でした。コンパニオンはすでにトルコ風呂が活況を見せていた東京、川崎、横浜などの関東圏から多く集められ、男性客に質の高いサービスを提供できるよう万全の準備がなされました。オープン初日、「果たしてこんな田園の中にある新参者のソープ店に客は来てくれるのだろうか…」と多くの関係者は心配していました。ですが、蓋を開けてみれば何百人もの客がオープン初日に車で殺到したのです。オープン初日は、開店時間前から多くの車が並び、「花影」は開店時間を繰り上げてオープンすることに。その日だけでも、約200人もの男性客が入浴し、しかも約100人が入浴できずに帰ることに。こうして、雄琴ソープランドの歴史は「第一号店の華々しい開店」によって幕を開けたのであります。

雄琴ソープの繁栄

雄琴ソープ店の第一号である「花影」は連日大盛況で、客が客を呼び、中部地方、中国地方かも人が押し寄せました。同時に、トルコ風呂嬢の間でも「雄琴は稼げる」という情報が広まり、滋賀県内だけでなく関東のほうからも女性が働きにくるようになりました。結果的に、「雄琴ソープ」は客も嬢もみるみる増えていくことになり、爆発的な繁栄時代を迎えます。(ちなみに、雄琴がソープエリアとして活気に満ちていた頃、雄琴は別名「ちろりん村」と呼ばれていたそうです。現在は雄琴地域を「ちろりん村」と呼ぶことは稀だそうです。)「雄琴ソープ」が大成功を収めることができた最たる理由は[関東圏のトルコ風呂方式をいち早く採用したこと]です。当時のトルコ風呂のサービスの質は、「西低東高」と表現できるほどに、関東圏と関西圏ではかなりの差があったようです。当時のトルコ風呂の新しいサービスやテクニックは関東圏で生み出されており、関西圏はかなり出遅れていたのです。関東圏からトルコ風呂嬢を「雄琴ソープ」に多く招いたことで、滋賀県でありながらも「関東流トルコ風呂サービス」が味わえることが大きな勝因となったのです。ちなみに大阪にもトルコ風呂はありましたが、多くのお店は普通のサウナサービスのみといえる状況で、性的サービスがあったとしてもハンドサービスくらい。京都も大阪と同じくトルコ風呂店があったようですが、やはりソフトサービスのみだった模様。兵庫に目を向ければ、現在でもソープエリアとして全国的に有名な「福原」がありますが、当時の福原のトルコ風呂で本番はできたようですが、福原のトルコ風呂嬢はテクニックと呼んでいいほどの技術を持っていなかったそうです。こうして「雄琴ソープ」は、「関東式トルコ風呂サービス」によって関西圏からの男性客をうまく取り込み、ピーク時には雄琴のトルコ風呂店全体で22億円も売り上げるほどにまで成長します。雄琴のトルコ風呂店の数は、昭和47年に8軒しかなかったのが、昭和48年に37軒と急増し(この頃の来客数は月間で11万人)、昭和59年には歴史上最大数の49軒となります。昭和49年には「滋賀県特殊浴場協会」が設立され、雄琴のソープ店全てが協会に所属し、体制が整えられていきます。今でも雄琴の全てのソープ店が協会に所属しており、全店が協会に所属するケースは「雄琴ソープ」だけです。

歓楽温泉(雄琴)と一般温泉(おごと)の差別化

「雄琴ソープ」には、稼げることを期待して県外からもベテランのソープ嬢が集まってきます。関東式とも言える高いソープテクニックを有するソープ嬢たちが雄琴に多く集まることで、彼女たちは切磋琢磨の競争を繰り広げ、いつしか雄琴独自のソープテクニックも生まれていきました。このように雄琴ソープ独自にサービスの質が高まっていったことが、日本三大ソープの一つとしての地位を確立することに繋がったのでしょう。かつ、関西圏のソープランド業界が地方自治体による厳しい規制により、次々とソープ業者が雄琴に参入していったことも、「雄琴ソープ」の大発展に一役買っています。例えば、1971年に京都府がトルコ風呂を禁止し、しばらくして1990年に大阪では「国際花と緑の博覧会」をきっかけにソープランド店が一斉に摘発され、今や大阪にソープランドは1軒もありません。つまり、時代とともに関西圏の主要地域でソープ業界が生き残ることができなくなったために、「雄琴ソープ」は必然的に今まで以上に存在感を放つようになったわけです。「雄琴ソープ」が全国的に有名になっていけばいくほど、当然のことながら、もともと滋賀県の温泉地であった「雄琴」は「風俗街」としてのイメージが強くついてしまうことになります。ここで忘れていけないのは、温泉地「雄琴」で一般旅館を営む非風俗業の方たちです。昔は「雄琴ソープ」を利用する際に、ついでに一般旅館に宿泊する方も多くいたのですが、近年では「雄琴ソープ」だけを利用して車で日帰りする客が増加し、一般旅館の利用客が減少傾向にありました。さらにバブル崩壊後は、一般旅館の団体客も減少し、結果的に多くの一般旅館が廃業することとなりました。かつ、1980年代~1990年代の旅行ガイドブックには、温泉地としての「雄琴温泉」が項目から外されることも多々あり、「雄琴温泉」が温泉地としての評価を真っ当にされなくなっていきました。つまり「雄琴温泉」は、温泉地としての「機能」が失われ、徐々に温泉地としての「評価」も失っていったのです。そこで生き残った一般旅館の経営者たちは、「雄琴青経塾」という団体を立ち上げ「雄琴温泉」のイメージ回復、つまりは「ソープランドのイメージからの脱却」に尽力します。一般旅館の経営者たちは、建物の改装、接客サービスの質の向上、屋号(旅館名・ホテル名)の変更に取り組み、「雄琴=ソープ街」というイメージの脱却を図ります。2008年には、駅名改称の署名運動の末、JR線「雄琴駅」から「おごと温泉駅」に駅名が変更されました。現在では、「雄琴温泉」におけるイメージ回復の努力が実を結び、「おごと温泉」は年間60万人が利用するほどの温泉地となり、温泉地としてのブランドを取り戻りつつあります。2010年には、おごと温泉地の一般宿泊客が平成元年以降で過去最高の約45万人を記録しています。このような流れもあり今では、漢字表記の「雄琴」は歓楽温泉地(ソープランドエリア)として、ひらがな表記の「おごと」は一般温泉地として、使い分けられることが一般的となっているようです。

雄琴ソープランドのオススメポイント

【メリット①】日本一クリーンで健全な運営を行う「雄琴ソープ」は安心安全!

「雄琴」のソープ業界は、一言で言えば「絶対的にクリーン」であります。というのも「雄琴ソープ」は、1974年に創立した「滋賀県特殊浴場協会(雄琴ソープ協会)」という団体が単独で活動をしており、雄琴エリアのすべてのソープ店がこの協会に所属しているのです。一昔前ならば、一般的にソープ業界は反社会勢力との繋がりがあったことは事実です。ですが、「雄琴ソープ」は反社会勢力が入り込むすきがないほどに、全てのソープ店が協会を中心に団結して営業をしているのです。(「雄琴ソープ」の歴史が比較的浅かったことや立地的に田舎であったことも、ソープ店以外のよそ者を入り込ませない一因となったでしょう。)つまり、「雄琴」はどのソープエリアよりも絶対的にクリーンで安心・安全と言えるわけです。ですから、みなさまは安心して「雄琴ソープ」を利用してくださって結構なのです!「雄琴ソープ」は店舗数がそれほど多いとも言えず、また、アクセスもそれほどいいとも言えないにもかかわらず、いまだに日本三大ソープエリアとして君臨するのは、紛れもなく「クリーン・安心・安全」な「雄琴ソープ」が多くの男性客から絶対的信頼を得ているからなのです!

【メリット②】雄琴ソープ店は1軒1軒の規模(キャパ)が大きい!

「雄琴ソープ」は繁華街ではなく少し離れた温泉地に位置していることもあり、ソープ店1軒1軒の規模が大きいです。ソープ店が広い駐車場を完備していることはごくごく当たり前であり、かつ建物も大きいです。ですから、ソープ利用客はゆったりとした気分で「雄琴ソープ」を楽しむことができます。

【メリット③】雄琴ソープ店はお店選びの選択肢が広い!

「雄琴ソープ」のソープ店は5つの価格帯のお店があるので、ソープユーザーは幅広い選択肢から自分に合ったお店を探すことができます。雄琴ソープの「激安店」はだいたい60分以下で2万円以下、「格安店」はだいたい60分以下で3万円以下、「大衆店」はだいたい60~70分で4万円以下、「中級店」は90分前後で5万円未満、「高級店」は100分前後で5万円以上です。また、「雄琴ソープ」には様々なコンセプトのお店がありますので、男性客が自分の性癖や好みに合わせてお店を選ぶこともできます。

【メリット④】「雄琴ソープ」は「福原ソープ」よりも高級店が強い!

関西圏でソープランドを楽しむとなると、大阪にも京都にもソープランドはありませんので、「兵庫県の福原」か「滋賀県の雄琴」の二択になります。そこで、「兵庫県の福原」に行くべきか「滋賀県の雄琴」に行くべきか悩むところですが、昔から「雄琴は高級店が充実しており、福原は中級店(大衆店)が充実している」と言われています。確かに、雄琴ソープには、日本三大ソープ店に数えられる高級店がありますし、他の高級店でも高い人気を誇っています。雄琴の高級店は、女性の容姿レベルの高さを売りにしているので、雄琴ソープで美女と出会うことは難しくないのです!一方で「福原ソープ」は女性の質というよりはプレイのハードさに定評がありますから、どちらか言うとハードプレイを好む男性に「福原ソープ」は向いていると言えます。ですから、もしも関西圏で高級ソープを利用されたい方ならば、必然的に「雄琴ソープ」が最有力候補になることでしょう。(ちなみに、雄琴ソープで高級店が多い通りは「川筋通り」です。)

【メリット⑤】「雄琴」は観光と温泉とソープ体験が一度に楽しめる夢のような場所だ!

(そもそもですが)「雄琴」は、ソープエリアとしてよりも温泉地としての歴史の方が圧倒的に長いのです。雄琴の近くには日本三大霊園の一つである「比叡山延暦寺」があります。そして、「雄琴温泉」は「比叡山延暦寺」を建てて天台宗を開いた最澄によって開かれた温泉であると伝えられていますから、およそ1,200年もの歴史があるのです。近年「おごと温泉」はかつての温泉地としての地位を取り戻すために様々な取り組みをし、見事2006年に「地域ブランド」として認定されました。とは言え、現在もしっかり「雄琴ソープ」は残っています。となると、「おごと温泉」を満喫した後、「雄琴ソープ」も満喫できるという「観光風俗」を雄琴では楽しむことができるのです!(逆もしかり)こんなに楽しいことはあるでしょうか!?現在の雄琴の観光は、サービスの質が上がったり、旅館やホテルの建物が改装されてきれいになったり、ブランド牛である「近江牛」を提供する「認定近江牛指定店」が増えたりと、楽しいことやうれしいことが満載です。そして、雄琴温泉地には「雄琴ソープ」があります。温泉観光とソープ体験を一日で一度に体験できるなんて、他のソープエリアではなかなか実現できることではありません。いまや「雄琴ソープ」は温泉とソープ体験がセットなのです。ぜひともみなさま、「癒し」と「いやらしい」の二つが共存する「温泉×ソープ」の雄琴にお出かけくださいませ!(ちなみに、おごと温泉は高いアルカリ性の泉質で、入浴後にすぐに肌がスベスベになっていることを実感できる、いわゆる「美肌の湯」だそうです。)

雄琴ソープ嬢の特徴

滋賀県の県民性として、「開放的で気さくな性格」の人が多いことが挙げられます。そのため、男性客は雄琴ソープ嬢とフレンドリーな時間を過ごせて、比較的短時間で親密な関係を築くことができると言えるでしょう。また、地域性を見ると、雄琴にはソープ店がない近隣の京都や大阪の女性も出稼ぎに来ていますから、男性客は関西圏の女性と多く出会えることでしょう。京都の女性と言えば、ある調査で男性が考える「恋人として付き合ってみたいと思う出身都道府県」の1位に選ばれるほどに男性が好きなのです。京都の女性は気遣いができる方が多いと言われていますから、雄琴ソープの京都女性も同様に気遣いと優しさに溢れたサービスを男性客に提供してくれるでしょう。一方で、大阪の女性と言えば、明るくて話上手な方が多いです。雄琴ソープの大阪女性も同様に、上手な会話術で場を盛り上げて男性客を楽しませてくれるでしょう。大阪女性は行動的でエネルギッシュなところもありますから、男性客が予想もしないような大それたスケベテクニックを披露してくれることもあるかもしれませんね。(個人的推測ではありますが、雄琴ソープ嬢の多くは、肌がスベスベであると予想されます。というのも、雄琴ソープ嬢は「美肌の湯」として名高いおごと温泉に入浴する頻度が高いと私は考えるからです。嬢のスベスベの肌を触れば、男性客は高い興奮を覚えること間違いなし!)

雄琴ソープランドの注意点

【注意点①】女性の容姿にこだわるならせめて3万円以上の価格帯のお店を選ぼう!

「雄琴ソープ」は全国に求人を出していますから、全国から若い女性が集まります。雄琴は地方と言うこともあり、女性の出稼ぎ率も高く、女性コンパニオンの入れ替わりが激しいことも特徴的です。一方で、雄琴ソープ店に長く在籍する女性は本当に長く、中には50代や60代の熟女女性も少なくないそうです。ちなみに雄琴ソープの最高齢女性は70歳を超えています。(すごい!)そして男性客が心得ておくべきことは、(雄琴ソープ店勤務のとある男性によると)若い女性が好きならばせめて「3万円以上」の価格帯を選ぶべきである、ということです。(雄琴ソープで「3万円以上」となると「大衆店」以上のクラスとなります。)やはり雄琴の激安店や格安店になると、熟女女性が接客することは珍しくないそうです。ならば「ちゃんとお店のスタッフに確認したりホームページを確認したりして、そのソープ店に熟女女性がいるかいないか確認すればいいのではないか?」と思う男性もいることでしょう。しかしながら、ソープには女性年齢においてソープ独自の文化というものがあります。その代表例の最たるものが、吉原ソープにおける「吉原年齢」です。一般的な「吉原年齢」とは、女性の年齢に対して「3年に1度年を取る」と計算して表記するものです。例えば、実年齢21~23歳の女性は吉原年齢で「21歳」と表記され、実年齢24歳~26歳の女性は吉原年齢で「22歳」と表記されるのです。つまり、吉原ではソープ嬢は3年に一度しか年を取らないのです。この「吉原年齢」は詐欺でも騙しでもなく、一つの「文化」や「慣習」として関係者や客に認識されていますから、さほど問題にはならないのです。この「吉原年齢」のような慣習が、他のソープエリアでも当たり前のように存在しており、もちろん「雄琴ソープ」においても文化や慣習としての年齢詐称はあるのです。ですから、たとえ嬢の年齢表記が明らかに疑わしくとも男性客は実年齢をお店や女の子に問いただすことをすべきではないのです。なぜならばソープの年齢表記はあくまでも古くからの文化・慣習ですから。というわけで、雄琴ソープで若くてそれなりに容姿レベルが高い女性と遊びたいならば、それなりのお金は必要だ、ってことなんですね。

【注意点②】「雄琴ソープ」はゴム着用が基本だ!

「雄琴ソープ」では、ゴム着用が基本となりますから、「NS」や「NN」を希望する男性には向いていないと言えます。たまにソープ店では、お店の基本方針がゴム着用であっても、嬢との交渉次第では「NS」や「NN」が可能なケースも少なくありません。ですが、「雄琴ソープ」は嬢との「NS」や「NN」の交渉も難しいです。というのも、全ての雄琴ソープ店は「滋賀県特殊浴場協会(雄琴ソープ協会)」に所属していて、皆一様に足並みを揃えているからです。協会に所属するソープ店は、基本的に協会が決めた基本方針に従う必要があります。ですから、「雄琴ソープ」の全てのお店が「ゴム着」であることを考えると、「ゴム着」は協会の全体方針であると思われます。となると、雄琴ソープではお店も嬢も「NS」や「NN」というルールの逸脱をすることは考えにくいです。男性客は雄琴ソープで「NS」や「NN」ができることを期待しないでおいた方がいいでしょう。※たまに「雄琴ソープ」で「NN」や「NS」ができた!なんて口コミを見ますが、信憑性はあまりありませんから、信用しない方が無難です。男性客はその口コミを信じて女の子に執拗に「NN」や「NS」を迫ると、出禁になる恐れがありますから。

【注意点③】「雄琴ソープ」は無料案内所が少ない!

「雄琴ソープ」は無料案内所がほんと少ないです。あっても一つくらいのもんです。ですから、男性客は無料案内所で雄琴ソープの情報を集めることは苦労することと心得ておきましょう。そもそも、雄琴ソープを利用する男性客の多くは、事前にネットで情報を集めてお店をあらかじめ決めた上で現地に向かいますから、無料相談所を利用する必要がないのです。また、先に説明したとおり、「雄琴ソープ」の全てのお店は協会に所属しているので、「滋賀県特殊浴場協会(雄琴ソープ協会)」は全てのソープ店の情報を把握し管理しています。ですから、協会のホームページにて、すべての雄琴ソープ店の情報を男性客は事前に仕入れることができます。「雄琴ソープ」に行く時はあらかじめ行きたいお店を決めておきましょう!

雄琴ソープランドのアクセス

「雄琴ソープ」の最寄駅は、京阪石山坂本線「坂本駅」、JR湖西線「比叡山坂本駅」、JR湖西線「おごと温泉駅」の3つあります。これら3つの最寄駅から「雄琴ソープ」までは、車で5分~10分ほどかかるので、徒歩では少し遠いと感じるでしょう。最寄り駅から各ソープ店が無料の送迎車を出していますので、最寄駅に着いたらお店に電話して迎えに来てもらう方がいいです。もちろん「雄琴ソープ」の各店舗は駐車場を持っていますから、目的店舗まで自家用車で行くこともできます。

雄琴ソープランドの楽しみ方

「雄琴ソープ」の楽しみ方は、やはり「温泉旅行」と「ソープ体験」をセットで楽しむことです。他のソープエリアを見ても、温泉地とソープランドが同じエリアに存在するとこなんてありません!「雄琴」だからこそ、温泉を楽しみ、そしてソープも楽しめるのです。「おごと温泉」には日帰り温泉施設もありますから、宿泊する必要なく温泉を当日に楽しむことができます。ソープで遊んだ後に温泉に入ってもいいでしょうし、温泉に入って体をきれいにした後にソープに行ってもいいでしょう。男性のみなさまは、雄琴にてぜひとも温泉とソープの融合した浴場(欲情)観光を楽しんでください!また、雄琴のソープ店には丁寧に接してくれるスタッフが多くいます。時に彼らはいろいろな内緒話を教えてくれることもあるそうですから、雄琴ソープならではの楽しい(面白い)話が聞けるかもしれませんよ。