宮城のおすすめ人気ソープランドを探す

エリア検索

ジャンル検索

宮城のソープランド

宮城県のソープランド一覧

ラブコレクション

仙台・国分町

入浴料40分6,000円

大衆ソープ

6:00~24:00

オールジャンルの美女が揃ったカジュアルソープ

仙台の老舗ソープ店『ラブコレクション』!長年に渡り営業を続けていることが、安心と信頼と実績の証!素人系や清楚系、綺麗なお姉さん系から可愛い系まで、オールジャンルを取りそろえているから、好みの女の子が見つかるはず!

ホットヘブン

仙台・国分町

50分/入浴料3,000円+サービス料〜

6:10〜23:59

プレジデント倶楽部(仙台)

仙台・国分町

50分/入浴料5,500円+サービス料〜

9:00〜24:00

MAXIM(マキシム)

仙台・国分町

80分/入浴料11,000円+サービス料〜

7:00〜24:00

PLAYBOY(プレイボーイ)

仙台・国分町

45分/入浴料8000円+サービス料〜

7:00〜24:00

マリンブルーグループ 千姫

仙台・国分町

40分/入浴料5,000円+サービス料~

6:00~24:00

宮城ソープランド事情

宮城ソープエリア(風俗街)の特徴

「宮城ソープ」があるエリアは、「仙台市国分町」エリア(特に国分町2丁目あたり)です。「仙台市国分町」は東北地方随一の歓楽街です。国分町エリアには、「ソープランド」「店舗型風俗店」「デリヘル」など多くの風俗店が乱立しており、また、国分町エリアの隣街の「立町」にはラブホテル街がありますからデリヘルの利用エリアとしても機能しています。また、風俗だけでなく、国分町エリアには飲食店も数多くあり、仙台名物の「牛タン」を楽しめれば、生牡蠣、うに、ホヤなどの楽しめ、さらには居酒屋も多くあります。つまり、「国分町」は風俗遊びもできれば、グルメもしっかりと味わうことができる最高の風俗グルメエリアなのであります。

宮城ソープランドの歴史

「宮城ソープ」の歴史を語るとしたら、江戸時代にまで遡るべきでしょう。現在の「宮城ソープ」の中心となる「仙台市国分町」は、城下に伸びていた奥州街道の両端に置かれていました。奥州街道は多くの人が通行し、時に付近の宿に多くの人が泊まり、自然的に「国分町」には宿場が増えていきました。当時の宿場には、女性従業員が通常の接客サービスを超えて、男性客に性的サービスを提供する場合もありました。(性的サービスを提供する女性従業員を飯盛り女と言いました。)つまり、「国分町」には江戸時代からすでに女性が男性に性的サービスを提供する基盤が出来上がっていたというわけです。そして、明治維新後に仙台城に官軍が入城し、その官軍が遊郭の建設を指示しました。軍隊が都市に駐留した時、男性兵士を癒す、または軍の秩序を維持するためにも、遊郭が設置される必要があるのです。当時「軍都」であった仙台の遊郭は非常に栄えました。しかしながら昭和時代に入って第二次世界大戦がはじまり、仙台も空襲の被害を受けてしまいます。特に軍都であった「国分町」は軍事拠点でありましたから、集中的に空襲の被害を受けてしまいました。戦後、日本は高度経済成長期に入り、国分町も同様に発展していきどんどん繁華街化していきます。結果、1960年代に入ると、国分町エリアは最盛期と言えるまでに大きく発展しました。1970年代以降になると、国分町エリアは、多くの飲食店や風俗店が立ち並ぶ歓楽街になりました。国分町にはトルコ風呂店がブームに乗って乱立するようになり、やがてそれらのお店がソープランド店に変わり、今の「宮城ソープ」に至ります。

宮城ソープランドのオススメポイント(メリット)

「宮城ソープ」の本拠地となる仙台市の「国分町」は、東北エリア最大の繁華街として広く認識されていますから、「国分町」という名前自体に集客力があります。ですから、「国分町ソープ」にもソープで働きたい女性はもちろんのこと、お客さんも集まりやすくなります。ソープ嬢が重要視することは、「ソープ店が集客力を持っているか」と「そのエリア自体が集客力を持っているか」です。ソープ嬢が多く集まればお客さんも多く集まり、逆に、お客さんが多く集まればソープ嬢も多く集まるというように、相乗的な効果を生み出すのです。よって繁華街として有名な「国分町」は、県内からも県外からもソープ嬢が多く集まり、結果的に「ソープ嬢の質が高くなる」ことが期待されます。ソープ嬢の質が高くなれば、必然的に「ソープサービスの質が高くなる」ことが期待されます。この点が「宮城ソープ」のメリットだと言えます。また、「宮城ソープ」のメリットとして忘れていけないのは「格安店が多い」ことです。「宮城ソープ」の格安店は、プレイ時間が40分~50分で、2万円以下で遊べます。つまり、「宮城ソープ」では女性の質が高くてプレイ料金も安くて、という高コスパが期待できるのであります。

宮城ソープランドの注意点

「宮城ソープ」は一般的に「NS」「NN」ができないと言われています。たまに口コミサイトを見てみると、「嬢に直接NS、NNを交渉するとできた!」なんて口コミが散見されますが、嬢への直接交渉はリスクが高すぎます。なぜならば、男性客の「NS」「NN」の直接交渉が万が一お店側にバレると、「プレイの途中中断」や「出禁」に発展する可能性があるからです。ですから、「宮城ソープ」はゴム着用であることを基本として、ルールから逸脱するようなことはするべきではないでしょう。

宮城ソープランドの楽しみ方

「宮城」には大自然の観光スポットが多くあります。例えば、仙台市の「定禅寺通」や「秋保大滝」、松島町の「松島」、蔵王町の「お釜」、大崎市の「鳴子峡」、大河原町の「白石川堤一目千本桜」などなど、実にたくさんの観光スポットがあります。これらの宮城の観光スポットをまわる旅行の一つに、夜の楽しみとして「宮城ソープ」を組み込むと非常にすばらしい一日にことは間違いありません。県外から来られる方はぜひとも「観光×風俗」の旅プランを計画した上で宮城に訪れてみてください!