大分のおすすめ人気ソープランドを探す

8月29日更新
845件のお店を掲載中!

大分×ソープ店舗一覧

エリア検索
大分全て
ジャンル検索
指定なし

45分16,000円

9:00~24:00

別府

大衆ソープ

別府市ソープランド「バニーコレクション 別府店」。別府市のバニーコレクション 別府店は、どの女の子も店長が自信を持って紹介しておりますのでご安心ください!皆様の御来店心よりお待ちしております。ご予約の際は「0977-76-8602」までお願いします。

アトリエMOMO

50分/16,000円〜

11:00〜24:00

別府

キャッツアイ

50分/総額16,000円〜

10:00〜ラスト

別府

SUPERMAX Stage2(スーパーマック…

40分/15,000円〜

11:00〜ラスト

別府

レクサス

50分/総額17,000円〜

12:00〜23:50

別府

PLATINUM

40分/総額12,000円~

11:00~24:00

別府

aqua(アクア)

30分/12,000円〜

12:00〜22:00(土曜~ 23:00)

別府

Mooニング娘

40分/総額12,000円〜

10:00〜24:00

別府

おねだり本店大分

40分/17,000円~

6:00~24:00

別府

An Angel

50分/17,000円〜

12:00〜24:00

別府

PINK HOUSE(ピンクハウス)(別府)

30分/11,000円〜

11:00〜ラスト

別府

commit(コミット)

60分/13,500円~

10:00~24:00

別府

スーパーMAX

40分/15,000円~

11:00~ラスト

別府

別府Excellent(エクセレント)

50分/17,000円〜

11:00~24:00

別府

THE 5ZILLA(ゴジラ)

50分/16,000円~

12:00~23:50

別府

Super MAX Stage1(スーパーマッ…

40分/15,000円〜

11:00〜ラスト

別府

大分ソープランド事情

大分風俗の特徴

大分県は、全国的に知名度が高い「別府温泉」や「湯布院温泉」など、非常に多くの温泉地を有する県です。大分県の県庁所在地は「大分市」であり、特に大分県内有数の繁華街として有名なエリアは「都町」となります。「都町」の繁華街は、「大分県大分市都町」にあり、飲食店も多ければ、もちろん風俗店も多いです。「都町」で栄えている風俗業種は、「デリヘル」と「ピンサロ」です。そして、大分県内で最も栄えている繁華街ならば、当然のごとく「ソープランド店」があると思いきや、「都町」の繁華街にソープランド店は1軒もありません。(店舗型ヘルス店も「都町」にはありません。)おそらくは、「都町」は多くの人々が集まる場所であり、また、病院や学校などの公的施設も多数あるでしょうから、条例的に考えて店舗型風俗店が営業できる余地はないのでしょう。ただ、大分県が九州エリアの中で指折りの風俗エリアとして認識されていることは事実です。というのも、大分県内のとある市(大分市以外)に、多数のソープランド店が店を構えているからです。大分県内唯一のソープエリアとは、実は別府温泉で有名な「別府市」なのであります。

大分県内唯一のソープエリアは「別府」

「別府」は、大分県内でソープ店がある唯一のエリアです。「別府ソープ」は、大分県別府市元町にある「竹瓦温泉」と大分県別府市楠町にある「寿温泉」の二つの温泉地域を中心にソープ街を形成しております。ですから、「大分風俗」と聞けば「都町」か「別府」のどちらか、という選択になります。そして、大分にてソープ遊びをしたいならば必然的に「別府」になるのです。「別府ソープ」の本拠地である、「竹瓦温泉」と「寿温泉」は共に「別府駅」が最寄り駅となり、両地域が非常に近くにあります。ですから、「竹瓦温泉」と「寿温泉」の両温泉間のアクセスは非常に近いと言えます。まとめますと、大分にて風俗を楽しむ際、デリヘル・ピンサロを利用したい方は大分市内の「都町」、ソープランドを利用したい方は別府市内の「竹瓦温泉」と「寿温泉」に行くべきである、というわけです。

大分ソープランドの歴史

「大分ソープ」の歴史は、現在のソープエリアを築いている「別府ソープ」だけの歴史だと思いきや、実はそうではありません。「大分ソープ」の歴史は、現在の大分県内最大の繁華街である「都町」と、現在のソープエリアである「別府」の、両風俗エリアが相互的に作用しながら作られたものです。そもそも、江戸時代には「都町」にも小規模な「遊郭」はありました。(そして、別府エリアにも比較的な大きな規模の遊郭の「浜脇遊郭」がありました。)大分県は「別府湾」でたくさんの海の幸が獲れますから、多くの市で栄えていました。町が栄えると当たり前の人が多く集まりますから、ごく自然的に「貸座敷」や「遊女」たちが増えていきます。結果、大分市内では小規模な遊郭が出来ていったのです。この後の「大分ソープ」の歴史について詳しく語りたいところですが、実は「大分ソープ」の歴史について詳細には分からないのが本音です。おそらくは、大分県内有数の繁華街である「都町」がソープエリアとならなかったのは、「人が多く集まる場所だったから」でしょう。ソープの歴史において、人が多く集まる中心的な街に風俗店が密集すると、景観を損ねたり風紀を乱したりするという理由から、多くの風俗店は人が集まりにくい場所へと移動を余儀なくされることが多々あります。おそらくは、ソープエリアの街として「都町」が発展することをよく思わなかった自治体は、温泉街である「別府」のソープランドの機能を移そうと考えたのでしょう。結果、「別府」が大分県におけるソープエリアとして機能することになったと思われます。

大分ソープランドの注意点

「大分ソープ」の注意点として、(先ほどから申し上げている通り)大分市内に「ソープランド」のお店は存在しない、ということです。ですから、ソープランド利用を目的に繁華街の「都町」に行くべきではありません。大分にてソープランドを利用するならば「別府市」にアクセスしなければなりません。もし勘違いして大分市内の「都町」に行った場合、「都町」から「別府」に移動するとかなりの時間を要します。大分県の風俗は、都町では「ピンサロ」と「デリヘル」、別府では「ソープランド」というようにきっちりと風俗業種の住みわけができています。ですから、自分が利用したい風俗業種によって、訪れるエリアを確定しましょう。大分では、風俗業種によって「都町」と「別府」と二分されてしまうことが非常に不便だと言えます。

大分ソープランドの楽しみ方

「大分ソープ」を楽しむならば、別府市内の「竹瓦温泉」や「寿温泉」に行きましょう。大分市内では温泉を楽しむことができませんが、「竹瓦温泉」や「寿温泉」では温泉を楽しむことができれば、ソープ遊びも楽しむことができます。ソープランドだけでなく、大分風俗全体を楽しむのであれば、2日間以上の風俗旅行を計画し、「都町」で大分デリヘル・ピンサロを楽しみ、別日で「別府ソープ」を楽しむ、ってのもアリですね!つまり、大分で風俗を楽しむならば計画的に、ってことですね。