滋賀のおすすめ人気ソープランドを探す

エリア検索

ジャンル検索

滋賀県のソープランド一覧

マキシム

雄琴

80分33,000円

高級ソープ

10:00〜24:00

俺の城

雄琴

40分14,000円

大衆ソープ

11:00~24:00

とけい台

雄琴

60分13,000円

大衆ソープ

9:00〜24:00

鎌倉御殿

雄琴

50分21,000円

大衆ソープ

10:00〜24:00

絵里奈

雄琴

90分35,500円

高級ソープ

10:00〜24:00

滋賀ソープランド事情

滋賀ソープの特徴

「滋賀ソープ」にあるソープエリアは、琵琶湖の西岸に位置する「おごと温泉」で有名な「雄琴ソープ」のみとなります。よって、「滋賀ソープ」=「雄琴ソープ」という認識で間違いありません。「滋賀ソープ」には「雄琴ソープ」以外のソープエリアはありません。「滋賀ソープ」における最たる特徴として、「滋賀ソープ」の中心となる「雄琴ソープ」は、東京の「吉原ソープ」と岐阜の「金津園ソープ」と並んで「日本三大ソープ街」として非常に有名です。ではなぜ「雄琴ソープ」が、店舗数の規模として「雄琴ソープ」の2倍以上もあり、同じ関西圏にある「福原ソープ」よりも有名となり、「日本三大ソープ街」に数えられるようになったのでしょうか?その理由は、「雄琴ソープ」が1970年代になって「関東式のソープ体験が楽しめる唯一の関西圏のソープエリア」として全国的に有名になったことが挙げられます。1970年当時の関西エリアのソープランドは、関東式ソープランドと比べて、サービスの質において雲泥の差がありました。当時の関西式ソープランドは、関東式ソープランドよりもサービスがソフトであり、女性におけるテクニックもお世辞にもすばらしいとは言えないものでした。そこで、「雄琴ソープ」は他の関西圏ソープエリアに先駆けて関東式のソープサービスを提供し、そこから人気の火が付いてめでたく「日本三大ソープ街」の一つとして君臨するようになったのであります。

滋賀ソープが関西圏エリアで重要な理由

ソープランドという業種は、風俗業界の中でも特に厳しい規制を受けています。規制の例を挙げれば、例えば、ソープランドの営業ができる地域は法律によって細かく定められており、営業可能エリア以外でのソープランドの営業は違法です。また、ソープランドは法律上新しく建物を建てて新規オープンをすることができず、かつて経営していたソープランド店を新規オープンする予定の店舗が買い取り、少しばかりのリフォームをして開業します。このような厳しい規制に加え、ソープランドは合法か違法かの線引きが難しい「グレーゾーンの風俗業種」であり、「売春防止法」などの深く関係してきますから、ソープ経営するにも経営者は法律に触れないように細心の注意を払わなければなりません。というわけで、こんなにも経営が難しいソープランドは、デリヘルという新興勢力の影響もあって、どんどんお店が少なくなってきました。結果、ソープランドが1店舗もない府県がたくさんあります。例えば、中国地方においては、島根県・鳥取県・岡山県が、ソープランド店が全くない、もしくは1店舗しかないという状況なので、ソープ店がある「広島県」と「山口県」は中国地方において非常に重要なソープエリアとして認識されています。そして、関西地方においては、京都府・大阪府・奈良県にはソープ店が1店舗もありませんので、ソープ店がある「滋賀県」と「兵庫県」は関西地方において非常に重要なソープエリアとして認識されているわけです。また先にも説明したとおり、「雄琴ソープ」が他のソープエリアに先駆けて「関東式ソープサービス」を取り入れることによって、関西圏における最重要ソープエリアとしての地位をいち早く確立しました。その点も、ソープランド業界において「滋賀ソープ」が重要な地位をわずかな期間で築くことに成功したきっかけとなったことは明らかであります。

雄琴ソープの特徴

「雄琴ソープ」が主に3つの通り(「シルクロード」「ゴールデンゲート」「川筋通り」)にソープ店が並ぶようにして構成されています。「雄琴ソープ」のお店は、格安店がエリアの中心に固まるように広がり、その周りを大衆店、高級店が囲むようにして並んでいます。「雄琴」の風俗業種はソープ1択のため、デリヘルやホテヘルがなく、そのためラブホテルもほとんどありません。雄琴温泉の周辺はソープ以外の風俗店がありませんから、まるでソープランドという業種を主張するかのように、「雄琴ソープ」はきらびやかで派手な外観の建物ばかりです。ですが、「雄琴ソープ」のお店の周辺を見渡せば、のどかな自然の風景が広がります。「雄琴ソープ」の周りには、田んぼや畑が多いですし、遠くに目をやればかの有名な「琵琶湖」があります。「雄琴ソープ」において、特筆すべき注意点が一つあります。先に、『「おごと温泉」で有名な「雄琴ソープ」』と紹介しましたが、温泉観光地として使われる「雄琴」は「おごと」とひらがな表記で、ソープランド街として使われる「雄琴」は「雄琴」と漢字表記で、表記によってしっかりと使い分けているのであります。そのため、温泉利用者もソープユーザーも「おごと温泉」は温泉観光地として、「雄琴温泉」はソープランド街として、という認識が重要です。ちなみに長年漢字表記だった「雄琴駅」は、2008年に「おごと温泉駅」に改名しています。

滋賀ソープの歴史

「雄琴ソープ」は「温泉観光地」と「ソープエリア」の異なる2つの顔を持ちますから、その点を考えますと、非常に稀有な存在であると言えます。もともと「温泉地」と「ソープランド」は、「男性客が裸になって癒しを得る」ことにおいて共通していますので、「温泉入浴サービス」と「ソープサービス」は紐づけしやすいのであります。よって、全国的に温泉街にソープランド街があることはあまり珍しいことだとは言えません。では、なぜ「雄琴ソープ」が他の温泉街にあるソープランド街と比べて、非常に稀有な存在だと言えるのでしょう?その理由は、「雄琴ソープ」が、ソープランド業者と温泉観光業者が一緒になって「雄琴温泉」を盛り上げてきた過去があるからです。(つまり、雄琴温泉ではソープランド業者と温泉観光業者が協力し合って地域を盛り上げてきた、ということです。)もともと「滋賀ソープ」は、風俗店が何もない田園地帯に目を付けた人がトルコ風呂店として「花影」というお店をオープンさせたことがきっかけです。「花影」のコンパニオンはすでにトルコ風呂が活況を見せていた東京、川崎、横浜などの関東圏から多く集められ、関西圏のどのソープエリアよりも先駆けて「滋賀ソープ」では「関東式ソープサービス」の提供がなされました。結果的に「花影」は連日大盛況となり、田園地帯にあったにもかかわらず「滋賀ソープ」は全国的に有名になるのであります。当時のトルコ風呂の新しいサービスやテクニックは関東圏で生み出されており、関西圏はかなり出遅れていたため、関東式ソープサービスを提供する「滋賀ソープ」は爆発的な人気を獲得するのであります。もちろん、「滋賀ソープ」を目当てに多くの客が雄琴温泉地に集まり、自然的に「雄琴温泉」にある宿や温泉施設は潤っていきます。結果的に、雄琴温泉地のソープ業者と観光業者は表裏一体とも言える運営で活況を見せていきます。しかしながら、「滋賀ソープ」のこの爆発的な人気は、温泉観光地としての「雄琴温泉」というブランドの質を徐々に低下させる結果となります。「雄琴ソープ」が全国的に有名になっていけばいくほど、当然のことながら、もともと温泉地であった「雄琴温泉」の街は「風俗街」としてのイメージが強くついてしまうことになったのです。それに拍車をかけて、自動車の時代が到来し道路は整備され、「滋賀ソープ」を目的に訪れた多くの客は日帰りするようになり、雄琴温泉の宿泊施設に宿泊することもなくなっていきました。つまり、今までソープ客の宿泊を期待していた雄琴温泉の観光業者は、徐々にソープ客からそっぽを向かれるようになってしまったわけです。「やはり、温泉観光地は温泉観光を目的とする純粋な客を呼ばなければ、やがて雄琴温泉街は潰れてしまう!」そんな危機感を持った雄琴温泉の観光業者は、ソープ業者と決別し、純粋な温泉地としての「雄琴温泉」の復興へと舵を切るのです。そういうわけで、自治体は「雄琴温泉」の表記から「おごと温泉」の表記に変え、ソープ街としての「雄琴温泉」、温泉観光地としての「おごと温泉」と明確に区別するようになったのです。結果、2010年には、おごと温泉地の一般宿泊客が平成元年以降で過去最高の約45万人を記録し、「おごと温泉」は見事に温泉地としての権威を高めることに成功しました。一方で、ソープ街としての「雄琴温泉」はいまだに「日本三大ソープ街」の一つとして君臨し続けています。

滋賀ソープランドのオススメポイント(メリット)

【メリット①】「滋賀ソープ」は4つの価格帯のお店がバランスよく存在している!

「滋賀ソープ」は、温泉地でありながら、繁華街にあるソープエリアと謙遜ないほどに様々な「価格帯」のソープ店が揃っています。「滋賀ソープ」はプレイ料金が1万円台~2万円台前半の「格安店」とメインとして、2万円台後半~3万円台後半の「大衆店」、4万円台の「中級店」、5万円台の「高級店」が、バランスよく存在しています。特に、「滋賀ソープ」の「高級店」は以前から評判が良く、俗に「雄琴は高級店が充実しており、福原は中級店(大衆店)が充実している」と言われています。ですから、関西圏で高級ソープを利用したいならば、「滋賀ソープ」が最有力候補となるのです。

【メリット②】「滋賀ソープ」は店舗もプレイルームも規模が比較的大きい!

繁華街にあるソープ店は店舗数は多いかもしれませんが、他の風俗店や飲食店が多くありますから、多くのお店でゴタゴタしていることが一般的ですよね。一方で、地方のソープエリアにあるお店は、各店舗が有する敷地面積が大きいので、建物とプレイルームの規模が比較的大きいことがメリットとなります。もちろん「滋賀ソープ」においても、各店舗は雄大な敷地面積を有していますから、当たり前のようにゆったりとした空間をソープユーザーに提供できます。ですから、「滋賀ソープ」でソープユーザーは、豪華で大きな待合室でゆったりと過ごせるでしょう。また、女の子とのプレイを楽しむ部屋も当然のように広々としていますから、少々のアクロバティックなプレイも可能でしょうし、ゆったりと心落ち着いて臨める洗体プレイやマットプレイも可能でしょう。やはり、ソープランドにおいて「窮屈さ」は、男性客も快感を阻害する要因となりますから。

【メリット③】「滋賀ソープ」の全店は協会に所属しているから安心して利用できる!

「滋賀ソープ」の全店は、「滋賀県特殊浴場協会(雄琴ソープ協会)」という協会に所属しているため、ソープユーザーは滋賀の全てのソープ店で安心して遊ぶことができます。一昔前までは、確かに全国的に見てソープランドの経営には、反社会勢力が絡んでいたことは紛れもない事実です。ですが、コンプライアンスが叫ばれている昨今、ソープランドを経営するにしても「法令順守」は必須となってきています。特に、ソープランドという風俗業種自体、法律スレスレのグレーゾーン上にある商売ですから、反社会勢力と関係することで自らの身を危うくすることを希望しません。そこで、ソープランドが法令を遵守して安心・安全な経営をするために、全国の各エリアには「特殊浴場協会」が存在しているのです。「特殊浴場協会」は、ソープランド店が違法なことをせず、健全な営業をするためのルール作りや方針を決めます。そして、「特殊浴場協会」は正しき道をあらゆる店舗に明示して健全営業に導くのです。現在では、全国的に見てほとんどのソープ店が「特殊浴場協会」に所属しています。ただし、一部のソープ店はいまだに「特殊浴場協会」に所属していないことも多々あり、全てが全てコンプライアンス的に安心・安全である、とは言い難いのが実情です。そんな中、「滋賀ソープ」の素晴らしいところは、すべての「滋賀ソープ」のお店が「滋賀県特殊浴場協会(雄琴ソープ協会)」に所属しているのです。該当エリアのすべてのソープ店が協会に所属していることは、全国的に見てもなかなかないことなので、「滋賀ソープ」は非常に稀であると言えます。そのため、「滋賀ソープ」の全ての店舗は、絶対的に安心・安全に利用できる、と自信を持ってソープユーザーに勧めることができます!

滋賀ソープランドの楽しみ方

滋賀県は、昔と変わらず「滋賀ソープ」はいまだに元気がありますし、一方で、「おごと温泉」は新たに顧客を多く獲得し、以前のような有名温泉地として再び脚光を浴びつつあります。(2010年には、おごと温泉地の一般宿泊客が平成元年以降で過去最高の約45万人を記録しています。)ですから、今だからこそ、「温泉観光」と「ソープランド遊び」の両方を兼ね備えた旅行プランが、滋賀県の雄琴エリアで可能となる、と言えます。昼間におごと温泉に入って温泉街を観光し、夜に雄琴ソープで甘く気持ちいい時間を過ごし、再びおごと温泉街に戻ってきて宿に一泊。温泉で「いやし」をもらい、ソープで「いやらしい」をもらう。そんな素晴らしい一日が今の滋賀の「雄琴」では約束されています。そういうわけで、みなさま、ぜひ滋賀の雄琴(おごと)温泉へ行きましょう!